« February 2004 | Main | April 2004 »

栽培日記《6日目》 3月21日

昨日、双葉が見当たらない、みんな1つ葉のように見える、と書きました。

前言撤回。


やっぱり双葉ありました。
殻を脱いだばかりでまだくっついているものが多いようです。でもよくよく見るとうっすら分かれ目が見えました。それに双葉になっている葉っぱも結構あるし。
↓わかりにくいけど、中心の葉っぱは双葉になってます。

watergarden0321-1.jpg

そして、昨日明るいほうへ曲がってしまっていたのでぐるりと回転させて向きを変えておいたのに、今日また見ると今日の明るい方向へまた曲がってしまっていました。だからまたぐるりと回すことに。1日1日の成長が早いので、植物の動きがすごくわかりやすいです。
今日は端っこのほうの様子を撮って見ました。


watergarden0321-2.jpg

ペンギンは今日は遠巻きに見ています。

watergarden0321.jpg

何か嫌な事でもあったのでしょうか・・??

栽培日記《5日目》 3月20日

さらに伸びてきました。
タネの殻を乗せて伸びています。
双葉が出てくると思っていたのですが、よくよく見るとみんな一つ葉のように見えます。
でも、中には双葉もあるので、そのうちに割れるのかしら・・・??

根っこもずんずん下へ伸びています。ガラス越しに見ると不思議な感じがします。

気がついたら、窓のほうへ、明るいほうへ向かって伸びていました。
若干斜め気味になっていたので、ぐるりと向きを変えてみました。まっすぐになるかな。

watergarden0320.jpg

今日はペンギンも一緒にポーズを決めてみました。


watergarden0320-1.jpg

凛々しく見えるのは気のせいでしょうか・・・?

栽培日記《4日目》 3月19日

ぐんぐん伸びています。

帰ってきてから見たら、なんとなく全体が緑色になってきてました。
「もやし」から「芽」へ変わってきました。すごいなぁ。

watergarden0319-1.jpg


番人も健在です。

watergarden0319.jpg


頼もしい。

栽培日記《3日目》 3月18日

なんとな~く、緑色になってきました。
すごいなあ、成長するってことは!!


watergarden0318-2.jpg

横からも撮ってみました。
ちょっとわかりにくいけど、根が伸びてきています。


watergarden0318-1.jpg

そして、相変わらず見守っています。
だいぶこの植物ペンギンセットに慣れてきました。


watergarden0318.jpg


熱心です。

栽培日記《2日目》 3月17日

昨日種を蒔いて水で湿らせたばかりなのに、しかも朝は何も変化なかったのに、仕事が終わって家に帰ってきたらなんと、

発芽


してました。

びっくり!
だって、説明書には発芽までに7~14日って書いてあったんだもん。


確かに昨日は暖かかった。
ニュースでは、明日にも東京は桜が開花します、なんていってるぐらい。
だから、締め切った部屋では温室状態だったんでしょうね。


・・・にしても、早すぎちゃうか!?
とびっくりしてます。


その様子はこちら。↓
ちょっとわかりにくいけど、確かに芽が出ています。

watergarden0317-1.jpg

そして別の角度からもう1枚。


watergarden0317.jpg


ちゃんとペンギンが見守っています。

栽培日記《1日目》 3月16日

今日、雑貨屋さんで一目惚れして買ってしまいました。
その名も

WATER GARDEN

つまりは、グリーンを育てましょうというセットなんですけどね。
雑貨屋さんの店頭においてあったんです。ちょっと芽が出たものが。
基本的にそういう実物の展示即売!?に弱いんですが、今回も例に漏れず買ってしまいました。

そんな生育セットって最近増えてますよね。
でもそんなにたくさんある中から、これを選んだのには、白い小さな粒々の上に種が蒔かれていて、そこから芽が出ていた不思議な様子に心惹かれてしまったからです。

では、ちょっと紹介。

WATER GARDEN


◇セット内容
・麦飯石(茶色の粒)・・・水を浄化する作用があります。粘土を高温で焼いたもので性質は半永久的に変わりません。
・ビスコパール(白い粒)・・・水と同じ成分で作られた人工培土です。吸水性にすぐれて土に埋めても自然に分解します。
・種


◇育て方
1.麦飯石を器に入れます。
2.ビスコパールを入れます。二層にし平らにします。このとき麦飯石と混ざらないようにしてください。
3.水を200cc用意し、2回に分けて円を描くように注ぎます。
4.ビスコパールに水が行きわたったら種をまきます。種は集中しないように均一にまきます。
5.発芽するまでは表面を乾かさないようにします。
6.芽が出はじめたら、水は容器の3分の2程度であげてください。


◇緑を育てるために気をつけること
・直射日光は避けましょう。容器内の水が急激に温度上昇し、植物にダメージを与えます。
・植物の根は呼吸をしています。根全体を水に浸してしまうと根腐れがおきます。
・15℃以下になると発芽しにくいです。


以上、説明書に書いてあったことを私の覚書としても書いておきました。

この説明書を読みつつセットしたんですが、

2.ビスコパールを入れます。二層にし平らにします。このとき麦飯石と混ざらないようにしてください。


の部分がどうにもわからなかったんです。
二層にするって・・・・どうするんだ?
間に何か別のものを挟めば、層になってることがわかるんだけど・・・麦飯石と混ざらないように、って書いてあるから混ぜちゃいけないし・・・。と悩み、結局2回に分けて入れました。1回目を入れたときに平らにして、それから2回目を入れて平らにして。なんとなく2層になったかな、という気分です。

パラパラと種をまいてセット完了。
とりあえずこんな表面になりました。


                                                                                    watergarden0316.jpg


置いてあるのはミニ水槽の前。身長8センチほどのペンギンが見守っています。


watergarden0316-1.jpg

あ、ちなみに育つはずのものはクローバーです。発芽は7~14日だそうです。


どうなることやら・・・。

ニセモノかホンモノかどっち??

京都に行ってきました。
大学の時、子どもたちをキャンプに連れて行くキャンプリーダーをしていたのですが、そこで一緒にやっていた友達がついに結婚したんです。(「早く落ち着きたい~、結婚したい~」が口癖だった。ちなみに男性。)
その子は学生の時「自転車で○○走破!!」ということをよくやってたんですが、その中で一番印象に残っているのが

南米大陸自転車でほぼ縦断


すごい人です。

そんな彼の結婚式は

「北山ル・アンジェ教会」http://www.anges-kyoto.com/home.html


というところでありました。


いい結婚式でした。二人らしい温かい雰囲気の結婚式。
私が今まで数多く出た結婚式の中で、印象に残った結婚式の部、第3位に入賞です。
印象に残った結婚式なんです。

今回は何が印象に残ったのかというと、牧師さん。
今までどちらかというと、いかにも式場に雇われているという感じの牧師さんが多かったんで、かなり衝撃的でした。

何が衝撃的だったのかというと、

・日本人かどうか判断に迷うところの濃い顔、でもきれいな日本語を話す。
 かと思えば日本語よりも流暢な英語をしゃべる。んん?
・声にハリがあって抑揚もある
・顔の表情がむちゃくちゃ豊か
・新郎新婦の顔をしっかりと覗き込んで(目力でやられそう!)語りかけるところなどなど・・・。

でもこういうスタイルが新鮮に感じたので、隣に座ってた友達と

「あの牧師さん、いい味出してるよね!」

なんて、こそこそと話をしていたんです。

でも、前の列に座っているこれまた一緒にキャンプリーダーをしていた友達が、しきりに首をかしげているのです。
ちなみにその人の職業:牧師。

「どうしたん?」

ってひそひそと尋ねたら

「いやなぁ、あれ本当の牧師かわからんくってな・・・。なんか違う気がする

なんていいだしたんです。


え~~~~!!


そんなことを言われたら気になって仕方がない!!
それからあとは牧師さんチェックをしてしまいました。
確かにショーのような結婚式なんです。
それから教会式にはつきものの賛美歌やら聖書の一節の朗読がない。
で、30分ちょうどにしっかり終わったんです。


それを見て先ほどの、友達の牧師。

「あれはにせもんや」なんていうんです。。
理由は上に書いたとおり・・・。いったいどっちなんだか・・・。
でも、話しかけ方にぐっと来たのも事実。う~む。


で名古屋に帰ってきてからも、どうも気になるので教会のHPから調べてみました。
そこでわかったこと、

スティーブ・フォックス牧師

もと、ゴダイゴのメンバーで、ガンダーラやら999やらビューティフルネームなど、数々の名曲を歌っていたそうなんです。うわ、びっくりやん。

« February 2004 | Main | April 2004 »