« April 2005 | Main | July 2005 »

車旅

GWに旅行へ行ってきました。

今年2月ごろから、ひそかに

「今年のGWはどこに行こうか」

と考えていました。で、考えた結果、行きたいと思ったのが「九州」。
何年も前に一度阿蘇山へ行ったことがあるんですけど、見事なくもり&雨で全く何も見えず・・・・。かなり悔しい思いをしたんです。なので、よし、今度こそ!!と言う気持ちがあったんですね。それから2月に新しくプラドを購入したこともあり、車で遠くまで旅行したいと思っていたんです。
(去年までは親のイプサムを借り、名古屋から福島、名古屋から高知など旅をしていました。)
せっかく旅するんだから、車で九州の最南端を目指すか、と早速「るるぶ九州」「ドライブ九州」などの情報誌を購入。目立つところに置いておいた所、相方が

「九州よりも東北のほうがいい温泉あるよ」

と一言。それで行き先が九州から東北へ変更されたのでした。となると行くからには、目指すは本州最北端!!
なんでこうも極端なんでしょう。当然車で。せっかく買ったプラドを走らせてあげなきゃ!!と思ったのでした。

名古屋を夜11時に出発し、東名→首都高→東北道と走り、秋田にて1泊、2日目に下北半島の最北端大間崎まで行き、再び初日とは別の秋田にて1泊、3日目は弘前公園で満開の桜の花見をした後、花巻や平泉に寄りつつ仙台で1泊、4日目には磐越道から新潟へ抜け、北陸道から関越道に入り塩沢石打で1泊。5日目には野沢温泉と安曇野に寄り、長野道→中央道を通って名古屋へ戻ってきました。名古屋から大間崎まで1200キロ、5日間の旅で2600キロ走ったのでした。
さすがにぐったり・・・。


池田温泉

Y夫妻といったキャンプの帰り、4人とも二日酔いで頭がぼ~~としているので、温泉好きの4人で近くの風呂を探していってきました。それが

池田温泉

実際に入ったのは本館のほうです。脱衣所はあまり大きくなく、町の温泉って感じ。内風呂と露天風呂(屋根つきとそうでないもの二つ)があり、ずっと露天しかも屋根のないほうに昼の12時から紫外線を浴びまくりながら入っていました。

びっくりしたのがその湯質。ぬるぬるなんです。無色透明なんだけど入るとぬるっぬるっとして、それが本当に温泉らしい!!お湯はぬるめでずっと入っていられる温度。気持ちよかったです。
内湯はなんとなくカルキ臭を感じたけど、ま、このお湯だから許してつかわす、といった感じ。

日によって男湯女湯が入れ替わるんでしょうか?
男湯には滑り台があったそうです。ちょっと滑ってみたい・・・。

連れて行かれてしまった・・・

先月の話ですが・・・

私たち夫婦には仲良くお付き合いさせていただいている夫婦が結構います。先日その仲良し夫婦の中の1組で、夫の同僚Y夫妻とキャンプへ行ってきました。
なんで、こんなキャンプが催されたのかと言うと、直接知り合いの夫同士が決めたのではなく、夫を介して知り合った妻同士が意気投合し決めてしまったんですね。人のことを言えた立場ではないんですけど、Y夫妻のN奥様がかなりの焼酎好き。ちなみに私もすっかり焼酎好きになってしまっており、何回かN奥様と2人で焼酎を飲みに行ったりごはんを食べに行ったりしていました。で、そのときに出た話が、お互いの家で4人で飲んでも帰らなきゃいけないし、どこかに花見に行ったりしても誰かが運転しなきゃいけないから、その人はお酒が飲めずに気の毒だ、と言う内容。1年ほど前Y夫妻の家に遊びに行った時、私たち夫婦はN奥様につられてガンガン飲んでしまい、地下鉄でどうやって家までたどり着いたのか。。と言うほどふらふらになってしまったのでした。
そんなことがあったので、

じゃぁ、4人でどこかに泊まりに行って思う存分飲もう!

せっかくいい季節になったんだから花見がてらバーベキューでもする?

じゃあ、なんちゃってキャンプに行こう!!

というわけで今回のキャンプが開催されたのでした。名古屋から1時間で行ける岐阜のキャンプ場のコテージを予約。今回は

「飲む」

という前提で行ったので、Y夫妻もうちもしっかり焼酎を持っていったのでした。
が!!Y夫妻のほうが上手だった・・・・。焼酎の一升瓶を持ってきていたのでした。。。。いやな予感???

最初はおとなしくビールを飲んでいたのですが、N奥様の持込のワインを飲み始めたころから、、、あれ?酔ってきた?ってちょっとあやしくなり、一升瓶の焼酎は4人とも当たり前のようにロックでガンガン飲み・・・で、外のテーブルの片付けをしてコテージに入り、眠いから横になったところまではなんとなく覚えていて、次にある記憶がトイレの便器で、さらに次の記憶が朝布団で寝ているという。

ああ、やってしまった・・・。
学生以来です、ここまでやらかしてしまったのは。


しばらくは酒は飲むまい!!と心に決めたはずだったんですがねぇ。喉元過ぎればなんとやら・・・です。

ちなみにY夫妻の持ってきた一升瓶は空になっていました。
で、その焼酎の名前は

魔界への誘い

奥様2人、見事に魔界へ連れて行かれてしまったのでした。

« April 2005 | Main | July 2005 »