« October 2005 | Main | December 2005 »

USJとUFJ

結婚記念日にユニバーサルスタジオに行ってきました、と言う話はもう書きました。
その感想は主にこっちに譲るとして・・・


ほんとによく間違える「USJ」と「UFJ」
片や「Universal Studios Japan」の遊園地で、もう片方は「United Financial of Japan」の銀行。
全然違う二つなのに簡単に間違ってしまう。

「この前、友達とUJに行った」
と言おうものなら速攻で
「お金下ろしに?」
とつっこまれる。

「今UJ行ってきた」
と言おうものなら
「は???」
と鼻で笑われる。

き、厳しい。と言うわけで人の間違いには容赦なくツッコミを入れるため、自分の時には決して間違えないぞ!!と思うのだけど、、、なかなか間違えないようにするのは難しい。

「この前、初めてU・・・・・・・・・SJに行ってきた!」
と言えた時はなかなか地味に達成感がある。それに「U・・・・」と言い始めると聞いている相手も


《くるぞくるぞ、「USJ」か「UFJ」かどっちだ??》


とわくわくしているのが伝わってくるのでさらに緊張する。
今回ちゃんと知人に「USJに行った」とまともに報告できたのでよかったよかった。


と思って家に帰ってきたら、夫が慎重に
「今日会社で、『結婚記念日にU・・・F・Jに行った』って言ったんだけど」
と言い始めたので
「給料入ったしね~」と冷たく突っ込んでみた。
やっぱりひどい妻だ。
そしたら、案の定、会社でも用心しぃしぃ言ったつもりが、やっぱり

「U・・・・・・FJ」

と口走ってしまったとか。本番に弱いのぉ。

結婚記念日に。

夫と大阪のユニバーサルスタジオ(USJ)に行ってきた。
恥ずかしながら、初。

しかも前日の夜に
『よし、明日USJに行こう』
と言う話になり、当然日帰りで、と言うことに。行きは名神を走るため、京都を通る。秋の観光ラッシュを警戒して渋滞前にそのあたりを抜けようと言うことになり、朝6時半に家を出発。
うーん、なかなかお馬鹿な話だ。

でも例年この時期に所用で毎年京都を車で訪れていて、その経験上、京都方面へ行くなら早く出るに限るのはお互い分かっているので、どちらも文句1つ言わず・・・。ちなみに毎年京都へ行くときは朝7時ごろには既に京都洛中のマクドにて朝マックをしていたりする。

今回はいつもよりもスタートが若干遅かったので、やっぱり高速が混雑気味。
京都東はそうでもなかったけど、大阪方面からの京都南インター出口が既に高速上で渋滞。やっぱり判断に誤りはなかったなぁ、とにんまり。
その他では大阪の環状線で一瞬渋滞があった以外はほとんど渋滞もなく、無事到着。

中ではあまり長い待ち時間があるものには並ばず・・・という基本方針だったためか、どれに行っても
「う~ん、まぁ、こんなものか」
で終わってしまった。
雰囲気は非日常な感じで楽しんだのだけど、やはり建物の向こうに橋が普通に見えるなどの現実世界が感じられてしまうので、一流になりきれない中途半端な部分を感じてしまったのだけど・・・。狭い日本だから仕方ないか・・・!?

帰りは南回りの名阪国道で奈良、三重を通り帰ってきました。この道は一般国道なのに皆さん、高速並のスピードを出されるので怖いですわ。。。


今回の道路の感想。
大阪の都市高速は比較的素直に合流離脱があるから、道さえ頭に入れておけば走りやすいんだろうなぁ。
というのも名古屋高速は左から合流があるのはもちろん、普通に入り口は右から合流なんてのもあり、初めて走ったときにはかなりびびったもんだ。

くしゃみ

風邪のくしゃみと書いてふと思った。

人によってくしゃみの仕方って全然違うなぁ、と。
文字にして書けば、普通は

「はくしょん」

とか

「はっくしょ~ん」

ちなみに私はオーソドックスかつ豪快に
「ぶぇっくしょい」

しかし特に女性で多いのが
「はっくちゅ」
とか
「はっっ・・・ぐへっ」
とか
「は(すぅ~)っぅぐっ」
とかいう聞いていて「えっ、それくしゃみだったの?」と言うようなものがある。何でも恥ずかしいお年頃の中学生ぐらいって、くしゃみするのも恥ずかしくて、無理して出そうになるくしゃみを抑えこんで、咳だかくしゃみだかわけのわかんない音になっていたこともあったけど、でもそんなくしゃみ、くしゃみしてもすっきりしないんだな。
と言うことで高校生ぐらいから普通に出るに任せたくしゃみをするようになった。それは今でも変わんない。

ちなみに男の人は結構大胆なくしゃみが多い、と思う。
おいおい、つば出まくってるやろ!!と突っ込みたくなるような人もいるし、やけに耳の奥まで響いてくるちょっと迷惑気味なものもあるし、
「はいっ、これがくしゃみの見本です」
と思わず笑ってしまいたくなるような絵に描いたようなくしゃみをする人もいる。なかなか面白い。


でも、今のところ

「ぶぇっくしょ~い、え~い、ちくしょうめ!」

という人には出会ってない。


連鎖

前回のブログで

「夫が風邪を引いた」
「冷静に観察すると面白い」

と書いた。


そしたら私も風邪を引いてしまった・・・・!!
バチが当たってしまったらしい・・・。
久々に風邪らしい風邪、風邪っぽい風邪を引いてる。
くしゃみも出る。


うぬぬ。


そして夫は良くなってきてる気がする。
リス科は人間の風邪がうつりやすいと聞いたことがあるので、こまちに風邪を引かせないように気をつけよう。
あ、でもさっき抱っこしてなぜなぜしてすっかり癒されていたんだった・・。しまった。

風邪

夫が風邪を引いた。

数日前からどうも体調を崩していたようだけど、今日になって本格的に風邪っぽい症状が出ている。


自分が体調悪いときはどうやって変化しているのかなんて冷静に見れないけど、やっぱり人の場合は冷静に観察できてしまう。

お、鼻水が出てきた。
次はくしゃみか!?
のどが痛くなったらしい。
そのうち声変わりするのか?

なんて見てしまう。

う~ん、相変わらずひどい妻だ。

働く理由

私は普段アルバイトをしている。
結婚もしているので回りからは「パート?」って言われるけど、時給で働いているし、やっぱ「パート」って響きってちょっと年齢層高めのイメージ。だから気持ちの上でちょっとした抵抗を見せてる。

ふつうにフルタイムに近い状態で働いているんだけど、夫の収入もあるし
「そこまで働かなくても」
とたまに言われる。

確かに。

夫の収入だけでも十分生活できる。しかも激安な社宅暮らし。だからたまに
「ダブルインカムだからお金貯まるでしょ~」
と言われるんだけど、なにがなにが。
全然貯まりましぇん・・・。悲しい。

やっぱ人間、それなりの収入があるとそれなりに出て行く生活をしてしまうもんなんだなぁ。

友人の共働き家庭の話だけど、そこは2人とも正社員、もちろんボーナスあり、かつ、社宅住まいの企業に勤めているにも関わらず、どうやら貯蓄額が我が家よりも少ない。

なんで!?

と尋ねたら、二人の大好きなワインとチーズにお金をつぎ込んでいるとの返事。
もったいない、と思いつつも、でもそんな生活できるの、羨ましいと思ったことがあった。


さて、我が家もなかなかお金がたまらない。
どこに消えて行ってるのか?
私の稼いだお金はほぼ間違いなく、旅行に消えて行っております。
最初は
「どうしてうちはお金がたまらないんだろうな~」
って思っていたんだけど、自覚した。

「旅行に行くためにせっせとバイトしているんだ!!」

さて、今年の年末年始は。。。


アオバト。。?

先日実家に行ったときのこと。
母に

「ちょっと、あれなんだと思う?」

と見せられたもの。
これです。

aobato

見たことのない鳥。しかも何かにやられたらしく、右肩に深い傷が見える。
鳩のように見えるけど、全体的に抹茶色。くちばしはなんとなく、うっすらと青く・・・見える。
目は。。。真っ黒ではないけど、かなり近い色かも。


いったい何にやられたんだろうか・・・。ネコなら、なぶり殺してしまうまでやってしまうとは思うけど。。。、

母が言うには、前日の夕方、家の前の側溝に逃げ込んでいたらしい。その時はかなり元気がなく、溜まっている水にぷかぷかと浮いてる状態だったとか。次の日に実家の庭の松の木の一番下にちょこんと座っていたらしい。その時は足を立たせることができていなかったそうで。そして、今は松の木の真ん中あたりまで登ってきて止まっている。少しずつ元気になっているようだし、一応見たところ安全そうな場所に避難している。
このままではかわいそうだとは思うんだけど、保護することもできず。


こういう場合はやっぱり自然に任せて見守っていたほうがいいのだろうか・・・?

« October 2005 | Main | December 2005 »