« November 2006 | Main | January 2007 »

大沢山温泉~雪国へ

30日から1泊2日で新潟の温泉 大沢山温泉へ行ってきました。

今回訪れたのは1年半前の青森旅行の帰り道に泊まった宿で、今回2回目。また泊まりたい、と思わせる宿なので再びの訪問となりました。前回はGWで山々に少し雪が残る程度だったのだけど、今回は完全な雪国に変貌。

Img_11641

数年前から全くスキーに行くことがなくなった私たち夫婦にとっては、一面の雪景色はかなり新鮮。

そもそも新潟には1泊2日で行くものか??と言う疑問も残るのだけど、我が家にとっては当たり前のように1泊圏内。片道6時間かかりました。ちなみに2日間での走行距離、約1000キロ。

ここの温泉、囲炉裏Img_11101 があったりあちこちに「ご自由にどうぞ」果物、焼き芋、アイスクリームなどあり。また社長が夕食の席に八海山を持って乱入してきたり、といろいろ名物があり。でもなんといってもお風呂が気持ち良し。

半露天への廊下はこんなふう。

Img_11311

木のぬくもりなど随所に感じられる作りです。

近々旅行ブログも更新する予定なので、そちらをまたご覧ください。

では年越しをするとしよう。

初雪

今朝、ちらちらと降っていましたね~~。

名古屋にて今年初めての雪です。思えば昨年は、12月に大雪×2回に見舞われ、社宅で雪かき。そして私たちアホ夫婦2人でせっせと雪だるまを作っていました。

いやいや、あの雪はおかしかった。名古屋であんなに雪が降るはずがないのだ。しかも12月に2回も。なんにしても、たまに降る雪だからこそ、交通機関が乱れようと、スベってこけようともるんるん気分。残念ながら今年はまだそんな気分なし。

でも実は明日1泊で新潟まで行ってきます。先ほど旅館に問い合わせたら、昨日1日で40センチぐらい積もったとのこと。さて、たどり着けるのか、私たち。るんるん気分も吹っ飛びそうや。

旅館の人はスタッドレスはいているなら問題ないって言っていた。慣れない雪道は慎重にしなければ・・・。

やっと書き上げた

年賀状のことです。本日重い重い腰を上げ、午前中からプリントアウトし、住所を書き、投函してきました。

今年は全く年賀状を書く気持ちになれず、ずっと白紙のまま放置。受付が始まったな~っと思っている間に1日着の締め切りが過ぎ・・・デザインもまだ考えていない、でもやらなきゃ、あ~~めんどうだと思っていた。がけっぷちまで追い詰められてやっと書き上げた。

表も裏もプリンター任せでは味気ない、せめて住所だけは手書きし続けようとずっと思っていたのだけど、さすがに今年追い詰められ、宛名もプリントしてしまうか、という誘惑に駆られました。が、宛名をちゃんと入力するのもめんどうだったので、やっぱり手書きにしました。

デザインは全て夫まかせ。今年は9種類ほど作りました。

各ご家庭、皆様のイメージにあわせて選びお送りしますので、お手元に届いた暁には楽しんでください。

初作品

今年のクリスマスプレゼントは卓上手織機です。

「咲きおり」というもの。

なぜか私は小さい頃から「織り物」が好き。小学校の時は編み物クラブが人気な中、なぜか織り物クラブに入り、クリスマスプレゼントにはオモチャの機織り機をリクエストし、高校の家庭科のダンボール手織りでは嬉々として取り組み・・・・という経歴?がある。

最近また「織りたいなぁ」と思っていたときに出会ってしまった卓上手織機。衝動買いをしたい欲求を頑張って抑え、夫に

「織り物がしたい」

「機織り機がほしい」

と耳打ちを数回。というわけで、クリスマスプレゼントとして手に入れました。早速試し織り。あっという間に完成。

Nec_0406

・・・・。えーっとこれはなんでしょうか。

ちょっとした花瓶敷きか。

説明書どおりにとりあえず作ってみたのですが、ゆるかったりきつかったり。これから思いっきり上達できそうなスタートですわ。

深く考えず、無心になって取り組めるところが私の性格にあっているのかも。

精進します。

閉ざされた空間にて

仕事帰りにケンカに遭遇してしまった。バスの中で。

なにがどういう経緯でそうなってしまったのか、全く分からないが、気が付いたら怒鳴り散らしている若者と顔面血だらけのおじさんがいた。どちらから漂ってくるか分からないが酒臭い。バスの中に点々と血の跡。二人の間で何が起きた?

帰宅時間のバスの中。お互い知っている人もいないそんな中でどうすればいいのか、皆ただただ動けず見守るだけ。年配の男性ただ一人止めに入り、運転手さんの連絡でバスの応援の人が駆けつけ、一部始終を目撃していた数人のお客さんと当事者2人を残して、あとの人たちは後続のバスに乗り込んだ。皆黙りこくっている。私もその中の一人。その後どうなったのか。。。

常に毅然としていたいと思う。落ち着いていたいと思う。堂々としていたいと思う。だけど、突然の出来事に全く対処できない自分がいた。騒然としていたら、もしかしたら身体が動いたかもしれない、が、沈黙の中では全く動けなかった。

怖かった。

クリスマス会

昨日我が家にて開催されましたクリスマス会。

社宅友達がいらっしゃいました。夫婦、ご家族総勢12名。我が家初の最大人数。一時は定員オーバーで床が抜けてしまうのでは・・・と危ぶまれたのですが、とりあえずセーフ。

お食事持ち寄り+ピザ+ケーキなどなどで盛り上がりました。

我が家はチキン丸焼きを作成。他にはsmilyさん作エビチリ、ゆうさん作揚げ春巻き、E先生作焼きそば、Mりん作なす素揚げ煮浸しです。机がたりないのでアウトドア机を引っ張り出し対応。でも思っていたよりもぎゅうぎゅうと言う状態でもなく、ばたばたもせず良かったのでは。

そしてケーキはE先生にわざわざハーブスまで取りにいっていただいた24センチ1ホールのストロベリーケーキ!!人数分に切っても、大きい!恐るべしハーブス。いくら別腹とはいえ、ちょっと苦しかった・・。でもおいしかった♪

そして締めはプレゼント交換。1家族2000円と予算を決め、皆で交換。プレゼント交換、何年ぶり?な状態だったけど、でも久々にやってとても楽しかった。

少しずつ引越しなどで場所が離れていきますが、家族ぐるみ、今後もよろしく。また来年やりましょ。どちらかのご新居で!?

というわけで本日はクリスマスイブです。楽しいクリスマスをお送りくださいな。

よじ登るサンタ

この時期、あちこちでイルミネーションがきらきらきら・・・。

年々気合入れるお宅が多いようで。見ている分には楽しくてよし。

さて、車から見たところ、今年の傾向としては、あちこちにサンタが登場してます。特にベランダからヒモを垂らしてサンタがよじ登っている、というものが多いようです。けっこうあちこちで見るのだけど。

煙突のない家では、サンタは煙突から入ってくるのではなく、ベランダからこっそり入ってくるものなのか?煙突のある地域のイルミネーションでは、やっぱり煙突にサンタを座らせるのだろうか・・・?ちょっとした疑問です。

しかし・・・なぜここまでクリスマスなのか、日本人!

思い立ったが吉日

昨日、仕事から帰るときにふと、

「よし、今夜はピザを食べよう」

と思ってしまった。

なので、家の近くのスーパーでピザの具になりそうな材料を買い、そして家に帰ってから、こねこねと生地作りをはじめてしまった。

その日は帰り際、化粧品を買ったりしていたので、家に帰りついたのが既に8時過ぎ。そしてそこから生地を作り始め、発酵させたり成形したり、具を作ったりとしはじめてしまった。途中夫から帰るコールがあり、ピザを発酵させている途中だと報告。電話の向こうから、おいおい、うちの妻はいったい何を始めたんだ?という雰囲気がありありと伝わってくるのだけど、そんなことは知ったこっちゃナイ。作ると決めたのだから私は作るのだ。

と言うわけで全て出来上がったのが10時過ぎ。

カルボナーラ風のと鶏照り焼き風の2種類ができあがってしまった。

出来具合いは、かなり良し。オイシイゾ、コリャ。

ちょっとくせになりそう。

今年の漢字

今年を表す漢字は「命」だそうです。

毎年毎年、この発表を聞いて、

「年末やな~」

と思うのだけど、その季節がまたやって来たってことね。

「命」、か。

漠然とした印象を受けるだけに、深い。数年前になんとかってお笑い二人組みが

「命」

って一時期やっていたけど、それとは全然違う。重いな。

今までので記憶に残っているのは「震」と「戦」か。

「震」は阪神大震災の年。「戦」は同時多発テロの年。なかなか明るい話題での漢字がなかなか出てこない。明るい話題はあるはずなんだけど、どうしても記憶に残るのは暗く重く負の話題。

そんなわけで勝手に我が家の(私の)今年の漢字を即席で考えてみた。

「湯」・・そんなに今年は温泉に入ってない。

「旅」・・うーん、そこまでしてないか。

「脱」・・確かに社宅は脱出したが。

「変」・・変化ある一年ではあったけど、ぴんとこない。

「痛」・・いろいろと悩まされた。ここ1ヶ月は寝違いに。

よくわかんなくなってきたので「新」にします。

引越しして新しい土地に移動し、いろいろと新しく、気持ちも新たに再出発ということで。

こういうの考えるのは本当に苦手じゃ。

バッティングセンター

先週末、次の予定までにスポッと時間が空いてしまったので、数年ぶりにバッティングセンターへ夫と二人行ってきた。

学生の頃、京都の北白川バッティングセンター、通称北バチにて何度かやったことあるが、最近は・・思い出せない。

そして日頃の無運動状態からのいきなりのスイング。

翌日(翌々日?)の筋肉痛を予感しつつも打席へ。

超スローボールをパカンパカンと打ってきました。

12球×2回やったのだけど、2回目途中から腕が、持たなくなりました。あ、ダメだ。

でもずいぶん久々にボールを打ち、ちょっとすっきり。

20数年後の心配

昨日の忘年会の余韻(=二日酔い)を少し引きずりつつ、本日また忘年会。本日は運転手のため午後ティーのみ。素面です。

今日の集いは夫の手品つながり、計3組。

10年のつき合いになるのか。皆それぞれ結婚し、うち以外は子どもが生まれ、よいパパママしてる。10年前に比べれば、かなり老けた・・・私も含めて。でもみんな性格それぞれ違うけれども、いい形でつながり続けてるな~と妻として見ております。

さてさて、妻同伴の集いの際には手品話は抜き、と夫同士で多分打ち合わせをしているのでしょうが、ところどころ出てくる。怪しげな棒とか、、、、むにゃむにゃ。それもたまのことですからいいと思いますが。

間もなく2歳になろうかと言う男の子と2ヶ月になったばかりの男の子がいたのだけど、やっぱりお子様がいると、どうしても視線が子どもに向けられる。ホントにかわいいね~~。

2ヶ月になった子はまだまだ、たまーに微笑んでくれる。何考えてるんだろうなぁ。。でも首もまだ据わっていないから残念ながら、私の守備範囲外。あと10ヶ月待ちましょう。

間もなく2歳になる子は完全に守備範囲内。微妙にまだ意思の疎通ができないお年頃だけど、見ていて飽きない。かわいらしい。そして、この年にして既に、、、女の子好き、と見た。

私が手を伸ばせば、遠慮することなく抱っこしてもらいに来て、いつまでもにこにことしてる。夫が手を伸ばすと、う~ん・・・仕方ないな、って感じで来て、はい、終了!とさっさと降りてしまう。ちゃんと見分けてるぞ。

将来なかなかの男前になりそうな予感。いったい何人の女性がこの子に泣かされてしまうんでしょう・・・??

お姉さんは心配です。

酔っ払い

日本語学習者&ボランティアの人を含めて忘年会。

ひさびさに本物の酔っ払いを見た!

人の名前を間違える、水だと言って酒を飲む、寝る・・・

ま、わが身を振り返ればそんな時期もあった。数年以内に確実にあったので、とやかくは言うまい。

でも調子に乗って私も少し、飲みすぎた。

が、自分よりも飲んでいる人の姿を見ると、少なくとも一緒にいる間はしっかりしようと思う。よくわかんないが、酔っ払いの哲学とも言えるものか???

ま、いいや。今夜は気持ちよく焼酎をロックにていただきました。

駅からがんばって歩き、少し、おぇぇっな気分の私。

そんな私の隣でプリンを酔い覚ましに食べる夫。どうよ、これ。

ま、酔っ払ってるから良くわかんない。

いいとしよう。

DM

DMが来た。神社から。

今年のGW旅行で立ち寄った大宰府天満宮から。

その時厄除けをしてもらった。住所名前などが必要だから書いた。その情報を基にやってきたのだろうけど。

新春祈願申込書とか天満宮の案内などが入ってる。

完全に営業じゃない・・・か?

こういうものなのか?と疑問が残る。

みやげもの

北国で購入してきたもの。

まずは今大人気のこのお菓子、「じゃがポックル

Nec_0399

姉と友人からおいしいと聞いていたもの。

到着した新千歳空港で1箱購入し、旅行の間に味を確かめておいた。じゃがいもの味がしっかりしておいしい♪

さて、お次は北海道銘菓「わかさいも

Nec_0400

一見スイートポテトなのだけど、芋は使わず、豆で作ってある。そして芋の繊維に見立てて細切り昆布が入っている。確かに。食べると繊維っぽく昆布が出てくる。

ほのかにしょうゆ味。甘すぎず、なかなか良い。

続きまして、地ビール「鬼伝説

Nec_0401

「わかさいも」のメーカーが作っている地ビール。

青がピルスナー(一般的な黄色いビール)、赤がエール(イギリスの黒い醤油っぽいビール)。登別にて購入。持って帰ってくるの、ちょっと重かった。

似た系統で「羆(ヒグマ)ガラナ」と「白熊ガラナ

Nec_0402

残念ながら、まだ飲んでいない。でも、瓶に入ったガラナは現地で飲んできた。うーん、コーラ?でもべとべと感がない。

どんなものかしらね。羆と白熊、何が違うのか、楽しみ。

さて、最後に登場、「ハスカップハイチュウ」「男爵いもバターキャラメル」、そして「ジンギスカンキャラメル

Nec_0398

◎ハスカップハイチュウ・・・ハスカップの実物を見たことがないから、ブルーベリーハイチュウだといわれてもきっとわからない。

◎男爵いもバターキャラメル・・・ほのかにバターとじゃがいもの風味。悪くない。

◎ジンギスカンキャラメル・・・ノーコメント、としたいところだけど、この凄さは人に伝えなければ!という妙な使命感。

売り場に「北海道一まずいお土産」と書いてあっただけのことはある。まずいっ!夫と1粒ずつ食べ、「うぇぇっ」と。後味が最悪。肉汁っぽさが最悪。そして、その後しばらく、あまりのまずさに

「ジンギスカンキャラメル」

「肉」

と聞いただけで

おぇ

となってしまった。最悪・・・。なぜジンギスカンをキャラメルにしようとしたのか、、、ナゾ。

« November 2006 | Main | January 2007 »