« January 2007 | Main | March 2007 »

いただきもの

土曜日に実家の親に取りに来いと言われて、夫と取りに行ってきた。

玄関入ったところの下駄箱の上にどんっ!と大きな鉢が1つ。

奥の両親の部屋に入っていくとそこには特大と大の鉢が1つずつ。

大量の花が届いたからと言われてただけで、モノが何か聞いていなかったが、このことか。

Nec_0416

←コレ。

・・・胡蝶蘭じゃん!

胡蝶蘭と言えば、何かのお祝いの時に送る定番じゃないか。そんなゴージャスな花がなぜにこんなにも家中にあるんだ!?

母の体調が少し良くなったお祝いか?それとも父よ、密かに本でも出版してたか?なんだ、なんだ?

答えは全てNO。

姉の会社の新事務所開設に伴い、事務所にお祝いとして届いた80鉢のうちの3鉢らしい。

80鉢って・・・。

ほぉ~ん、さすが。やることが派手ですなぁ。

というわけで遠慮なく特大、ではなく、置く場所などを考えて、遠慮気味に大をいただいてきた。

が、持って帰ってくるのが大変だった。助手席の足元に初めは置いたのだけど角を曲がるたびに倒れてしまいそうで、後部座席から私はヒヤヒヤ。仕方ないので助手席に私が移動し、足で花を挟んで慎重に運んできたのでした。

姉よ、よくコレを名駅から3つも運んできたな・・・。

胡蝶蘭が出始めた時は確か、ひと花1000円と言われていた。

あの時よりも安くなっているとはいえ・・・

Nec_0415_1

うーん、30花はありますなぁ。。。

世間に多いもの~マスクとネクタイ

さて、街に出ると数日前から急に増えだしたマスク人間。

明らかに急増。そういえば花粉情報も数日前から名古屋では「やや多い」になっていた。比例してる。

そんな人たちにまぎれて私もマスクウーマン。

花粉症気味ではあるけれども、それよりも数日前に引いた風邪が悪化の私。なのでほぼノーメイク&マスクにて外出中。

日本では特にこの時期、花粉症のために普通に見られるマスク姿。小学校の給食当番ではマスクスタイルがひとつの服装だったからマスクは見慣れている。だからマスクは生活に密着していて親しみあるグッズ。でも海外では

「かなり重篤な感染症を持つ人がつけるもの」

という認識がマスクに対してあるそうで、マスク姿の日本人を見るとギョッとするとか。。。

今回の私のマスク姿は、風邪を人にうつさないためと、弱った身体に別の病気の素を取り込まないためと、保湿が主な目的。完全防御、シャットアウトは無理だけど、私風邪だから近づくと危険、って見た目で周りの人に注意を促すこともできるかな。(そういえば昨日のガッテン!でくしゃみは瞬間的に時速100キロ出るとかって言ってたわ。)

と街を歩きつつ思っていたら私の前を歩いていたおっさんがマスクをしたままくしゃみ5連発。

しんどそう。。この人は花粉症だ、気の毒に。。。

と思うよりも先に、

マスクの中に花粉入ってきてるじゃん!マスク意味ないやんか!!

と思ってしまった。

さて次は帰りの地下鉄にて。

夫と夕食を済ませ、地下鉄に乗り込んだところ、いつもなら座れるのになぜかスーツ姿のサラリーマンばかりぎゅうぎゅうに座っている。似たようなスーツの色ばかりで、車内が何だか暗い雰囲気。

仕方がないから立って暇つぶしに、お得意のヒューマンウォッチング。

そして気づいてしまった。男性陣のネクタイ模様。

ストライプをしている人がほとんど。偶然なのか分からないのだけど、一列にずらりと並んだ6人中5人がストライプ。そしてみんな右上から左下に流れるストライプ。笑えるぐらいみんなおんなじ模様。

へ~~、ネクタイ業界では決まってるのか!?ストライプの向きは。

夫いわく

「右肩上がりでいいんじゃないの?」

そういうもんかいねぇ。とふと見た夫のネクタイもストライプだった。しかも右肩上がりだった。ほ~~ん、そういうもんなんだ。

世の中の人たち、みんな似たような格好になるモンなんだねぇ。

三高から三低、そして三手へ

女性が結婚する相手に求めることが変化してきたらしい。

というのをテレビで見た。

バブル全盛、トレンディードラマ花盛り時代は結婚相手に「三高」を求めてた、らしい。(残念ながらその時代についてはよく分かりません。)

ちなみに「三高」とは

「高」学歴

「高」収入

「高」身長

のことを言うそうです。高学歴と高身長はともかく、高収入であれば結婚してからの生活、そこまでキリキリしなくてもいいかな、とは正直思います。

そして不景気に入り基準は「三低」へ。

三低?

高いから低いへ変わったってのは知っていたけど、さてその中身はなんだ?と改めて問われると、はて・・・?

ネットで調べてみたら、

「低」姿勢、「低」リスク、「低」依存

を表すようです。

「低」姿勢・・・レディファースト

「低」リスク・・・公務員や資格を持つなどリスクの低い職業に就いている

「低」依存・・・互いに束縛せず相手を尊重する生活をする

ふ~ん。

結婚したら「互いに束縛せず」に生活するのはかなり難しいと思うのだが・・・。

そしてなんと最近ではこの「三低」に加えて「三手」が付け加わったそうで。

三手??

またわけわかんない「三」を作り出したな。

さてこの「三手」ですが、

「手」伝う

「手」を取り合う

「手」をつなぐ

だそうです。

???

なんなんでしょ。

「手」伝う・・・家事をする

「手」を取り合う・・・相手を理解し協力し合う

「手」をつなぐ・・・愛情表現をする

一人の家庭ではないんだから、「手」伝う、「手」を取り合うのは当たり前のことっちゃ当たり前か。しかし結婚してからだとなかなか「手」をつなぐ、というのがおろそかになるのかも。

子どものいる家庭では、小さい子を真ん中に挟んで、お父さんと子ども、子どもとお母さんが手をつないでいる光景をよく見る。でもこの前ちょっとはっとしたのが、子ども-お父さん-お母さん-子どもっていうふうに真ん中でお父さんとお母さんが手をつないでいた光景を見た時。

あ~~、こういうのアリだな、って思った。

ちなみに子どものいない私たち夫婦。最近「手」をつないで街中歩いていない。あ、人ごみ嫌いだから、街中に二人で出て行ってないか。仕方ない。

ま、それはさておき。

この「三高」「三低」「三手」のことを夫に話してみた。

「なんでそこまで言いたい放題なんだ!」

確かにごもっとも。

男バージョン、オレが作っちゃると言ってできたものが「3K」。

3K?

働きたくない職場?

ではないらしい。

「きれい」「かわいい」「気立てがいい」

と即興でぬかした。

「きれい」と「かわいい」は、かぶっていると指摘すると、

では、と

「かわいい」「気立てがいい」「きれい好き」

とさらに言いよった!

う~ん、どうよ、これは。。。私には当てはまらないぞ。

自分の夫、彼氏、友人などでお試しくだされ。

巨木巡り第3弾

うほほ。渋い、老夫婦っぽいと周りから言われつつも着々と進んでいる我が家の今年のプロジェクト。巨木巡り。

今回も行ってきてしまいました、岐阜県揖斐川町。

新宮塚のムクノキ

です。

詳しい場所が分からなかったから、見当をつけて走っていたのだけど、なかなか見つからない。

ありゃ~、ないわぁ

と思った瞬間、ほわっと現れたのでした。

畑の真ん中に。

Img_19802

周りにあるのは、畑と人家と山。のどかな風景です。

不審がられた犬に吠えられました・・・。

そして足元には

Img_19542

春。

オオイヌノフグリです。

とてもかわいい花だから、コレを見ると

あ~~春だぁ。。。ぽかぽか。

って思うのに、、、なんでこんな名前が・・・。

(分からない方はフグリを調べてみましょ。)

今日明日と少し荒れそうですが、今年はこのまま春入りか???

3連休総括

この3連休。

1日目。

夕方から40分かけて覚王山まで歩いた。覚王山で食事をしようとしたのだけど、お目当てのレストラン、なくなってた・・・。ショック!家への帰り道にあるとんかつのお店へ行った。箸で切れるとんかつ!久々に食べた肉料理!コレがかなりおいしかった。

結局歩いて帰宅。1時間以上歩いたか。

2日目。

日本語の教室へ自転車で。自転車でだいたい45分。お尻が痛くなってきた頃に到着。教室終了後、自転車にて50分かけて戻る。

ケツイタイ・・・・。

午後は夫が食パン作り。朝はパン派の我が家なのだけど、なんと今年に入ってからまだ1回しか食パンを買っていない。すばらしいぞ、夫よ。

夜は夫がにんにく味噌鍋を本を見ながら作る。全ておまかせ。

ウーン、人に作ってもらうご飯はおいしい。・・・にしても、この鍋は絶品。生姜が効いててホカホカと温まる。食べ過ぎてそのまま熟睡モード突入。

夜中・・・虫の夢を見ていたらしい夫に、顔をハタカレタ・・・気がする。いてぇ。。。

3日目。

巨木巡りドライブへ。本日は岐阜県の揖斐川町へ。

相変わらず、木の大きさに感動し、バードウォッチングもし、しこたま写真も撮って、近場の温泉へGO!

しかし目的地まであと数キロと迫りながら、冬季通行止めのためたどり着けず。やや近い温泉に変更。ひとっ風呂浴びて帰宅。半日ドライブの予定が、しっかり1日ドライブになってしまった。

というわけで連休終了。

今回は2人してしっかり休日。積極的に外へ出た3日間だったか。

そしてまだ、お尻が痛い。

バス停の高級車

名古屋駅までバスで出た。

名古屋駅前のバス停に人を待っている車が停まっていて、バスがいくらクラクションを鳴らしても、動く気配がない。仕方がないからバスは車の前をふさぐ形で斜めに停車。運転手さんが「降りにくくてすみません」と乗客に謝っていた。

バスを降りてから、さて、どんな車だ、その迷惑なヤツは!とちょっと見てみると、黒のピカピカ光る高級車っぽく見える車。ちょうど迎えに来た女性が助手席に乗り込むところだった。全く横柄だなぁ、と思ったのだけど、なんかその車の後部ドアが変。

茶色いフワフワとしたものがドアにくっついて垂れ下がっている。

???

・・・なんだ、あれ?

もう一度よく見てみると、それはどうやら毛皮。マフラーなのか、コートなのか詳しくは分からないけど、女性が後部座席に脱いで放り込んだ時に、はみ出たままらしい。しかも後輪に擦っている?

場所は名駅前のバス停。「大名古屋ビルヂング」に向かう横断歩道で人もたくさん見ている。視線集中。車は出たくてもバスがまだ停まっているから出られない。でも誰も教えてあげない。あのまま走り始めたら、あの毛皮が擦れて汚れて使い物にならなくなるって分かっているけど。

バスが動かないのに痺れを切らしたのか、信号が青になり人が横断歩道を渡り始めているのにバックしてから、走って行ってしまった。ファーがひらひら~~っとたなびいてタイヤに擦った状態で。

あ~あ、行っちゃったよ。

でも残念ながら、教えてあげようという気持ちにはならなかったな。だって人に迷惑かけてたから。迷惑かけていたから、自分に跳ね返ってきたんでしょ、って思っちゃった。

“上質な”とか“洗練された”とか“大人の”なんてコピーがつきそうな黒のBMWだったのだけど、あのままどこまで茶色のファーをひらひらさせて走っていったのかな。

“笑いの取れる”とか“格好悪い”というコピーの似合う車になっていた。

ぷち旅

豊橋まで友人を訪ねて行ってきました。

最近はひょいひょいと車で出かけてしまうことが多いので、30分以上の電車でのお出かけはずいぶん久しぶり。見慣れぬ景色ばかりだったので、なかなか新鮮。乗客も少なく、ゴトン、ゴトンという車輪の音を聞いて心地良し。本も読んでゆったりとしたぷち旅。

電車で出かけるのも、たまにはいいものだな。

友人宅では豊橋名産を使ったお昼ごはんをご馳走になり、久々に会って静かにおしゃべりの花を咲かせてきました。

しかし、豊橋・・・。

昔小さい頃、父に連れられて潮見坂から浜松のほうに向かって砂浜を延々と歩いた時に、豊橋からバスに乗ったと思うのですが、ちゃんと駅に降り立ったのは今回が初めて。

豊橋駅まで迎えに来てもらい、バスを待っている少しの間、駅前をぶらっとしたのですが・・・。住んでいる人には申し訳ないのだけど、「何もない街」という印象。街は街なのだけれどイメージしていた駅前とはちょっと違っていた。よくよく考えてみると、今まで自分の暮らしていたところは都会が多かったので、地方都市というのは経験がない。何もないわけではないのだけれど、空きビルが多かったり歩いている人があまりいなかったり。。。少し寂しい。

新幹線も停まる駅だから、という先入観があったからかもう少し華やかさを期待していた。ああ、こういうものなのか、と軽くカルチャーショック。

冬キャンプ

我が家の2007年キャンプ、既に始まっています。

先日岐阜県の「保古の湖キャンプグラウンド」へ夫婦二人、行ってまいりました。さすがのこの時期、テントを張るような元気も体力も気力もないのでキャビン泊。といっても6畳1間の小屋だけど。

我が家が冬にキャンプをする理由。

それは燻製をつくらねばならないから。燻製はやっぱり良く乾く冬にするのがいいし、温度管理も夏よりはしやすい、と思う。

というわけでキャンプへGO!!

こんなキャンプ場です。Img_18491

夏に来たら気持ちよさそうなのだけど、到着したら霰が降ってきて、夫のテンション下がりまくり。ありゃりゃ。そして、当然ながら我が家二人のみの貸切。・・だわな、そりゃ。

あまりにも寒いので速攻で火起こし、焼酎を飲んで温まる。

今夜のメニューはスペアリブの燻製とダッチオーブンで作るキャベツとベーコンのスープ。

燻製は夫担当。

始めはこんな状態。Img_18471

一生懸命温度計と時計とを睨みつつ完成。

Img_18691

うまいっっ!

いつもは魚介だから今回初めて肉の燻製をやった。うまくできるか心配だったけど、そんなに量は食べれないけど、おいしい!

夜は背中と腰にカイロを貼り寝袋にて就寝。意外にこれが寝れた。

朝は外は雪が積もっていた。

Img_18741 Img_18751_1

急用のため山を早く降りなければならなかったのが残念。

帰り道はキラキラと路面も凍り、なかなかの景色でした。

Img_18841

我が家が料理を作りますので、暖かくなったらどなたかキャンプにおつき合いください♪

靴下1足

今朝、靴下を履こうと引き出しを開けてみた。

履きたかったのは黒色。そしてそこにあったのは同じ長さ、同じデザインの色違い、黒と紺の片足ずつ。

???

どこ行った?

夫靴下とちょっと似ているから、間違えてそっちに入れてしまったか?

と夫引き出しをのぞいてみるが、ナイナイナイ。どこいったんだ??

なので、全く違う靴下を履いて出勤。

帰宅してから洗濯をした。

さあ、干そう、と思って洗濯機から出てきた靴下。黒と紺が片足ずつ。

!!!

私、昨日一日中色違いで履いていたらしい。そしてその足で仕事もしていたらしい。幸いデニムを履いていたので誰も気づかなかったようなのだけど。。。。

洗濯物から直履きしたのが敗因・・・?

最近、コレを取ろうと思っている隣のモノを手にすることが多いのですが。。。我ながらショック!!

念入り

地下鉄で私の正面に座った彼女。おもむろに大きい鏡を取り出し、マスカラ開始。まずはビューラーでべろん、とまつ毛を持ち上げ、同時にまぶたもめくれ上がる。

う、、目が怖い。。。

それから下地を念入りに塗り始める。鏡とにらめっこ。

正面から見てる私。かなり怖い。だって、目を見開いてやっているから、見たくない白眼とかが丸見え。。。ひょ~~~。

続きまして、マスカラ本体登場。これまた念入りに、かなり念入りに塗りまくり。

そして、相変わらず正面に座る私。。。ううう、怖いよ~~、目が、目が怖いのよ~~~!!

見たくないけど、思わず見てしまうのよ。

3駅分念入りにマスカラをして、終了。どうやら彼女にとっては地下鉄は化粧の最後の仕上げの場ということらしい。

が、やっぱり家でやってくれい。それかいっそのことすっぴんでいいじゃん。ファンデーションを取り出すのでさえ抵抗がある。でもパタパタとするだけだから、まだ、ましなほうだと思うのだが、マスカラは人前でやるもんじゃないと思うわ。目ぇ剥いてやるから怖いもん、見てるほうは本当に。

« January 2007 | Main | March 2007 »