« July 2007 | Main | September 2007 »

人間ドッグで体調不良

1年に一度の人間ドッグ、、といってもこの3年ぐらい受けていなかったので久々に行ってきました。

バリュウムを飲まなければならないので前夜早々に食事を済まし準備OK。でもこの暑さ、水分を取らなければくたばってしまう!なので時々水をゴクリ。氷をパクリ。

そして朝。あまりの空腹にふらっふらになりながらも検診へ向かう。三十路もいつしか越えているので婦人科のマンモグラフィーも申し込んでおいた。聞く人聞く人みんなに

「あれは痛いよ~」

「ありえんぐらいぺっちゃんこにされるんだよ」

と言われ、恐怖ばかりが膨らむ。そして一番最初にそっちへ回された。待っている間、扉の向こうから

「痛いですね。頑張ってください」

との声が聞こえる。あ--、やっぱり痛いんだ・・・。

そして検査室に通される。

「ハイ、じゃこの上に載せて下さい」

よいしょ。

「手はココに置いてください」

ハイ。

「では広げますよ。動かないで!そのまま!!」

!?!?!?!?

「ハイ、では撮りますからそのまま我慢してください」

!!!!!!!!

「痛かったですね、じゃ次」

・・・感情こもってないよ。

と言うのを横縦左右2回ずつ。2回目まではあまりの痛さが空腹に来て、指先はしびれるわ、一瞬意識が遠くなりかけたほど。

縦の時は多少余裕が出たので、痛みに顔を歪めつつ、機械を観察。そして私の胸は4センチまで押しつぶされたことも確認。ううう。

そしてその後も順調に検査は続き、最後はバリュウム。年々飲むのが苦痛になってく。あのもったりとしたどろどろ具合と微妙なバニラ味が。。。おぇ。発泡剤で腹を膨らませられ、ゲップを一生懸命のみこんで我慢した状態で

「右回って、ハイ止めて。ちょっと戻って、ストップ!」

と台の上でぐるぐると回転し、台を上へ下へと回転させられる。遊園地かココは!というぐらい気持ち悪い。

うぇぇ。早く開放してくれ。そして毎年のことながら口の周りを白くして終了。

そして下剤を飲まなきゃならないので、受け取ったお食事券でやっと半日ぶりの食事なのだけど・・・口がすっかりバリュウム味。いつもならおいしい!と食べるお店なのに、この日ばかりは無理矢理詰め込んでるかんじ。胃の中でバリュウムの海にメンチカツサンドがジャボーンと落ち、下剤が流し込まれ・・・なんてリアルに想像してしまった。そして胃に食べ物が入った瞬間に私の腸がきゅるきゅるきゅるきゅる、、、ゴロゴロゴロと動き出す。ひ~~、とりあえず家に帰りたい!

なんとか帰宅。

そして気分は悪くなる一方。胃の中には相変わらずバリュウムのどーんとした感じが残り、腸は大運動会状態。夕ご飯もほとんど食べれず、夜もあまり眠れず・・・お腹は相変わらずグルグルと言っている。

翌朝、夫を会社に送り出し、今日は休みでよかったと、相変わらずバリュウムグロッキーな状態。そして・・・飲んで12時間後にやっと、解放された。

人間ドッグってこんなに苦しい思いしたっけ?

不健康になった気分。。。。あ~もう、しばらくいいや!

視線

先日行ったスーパーでの出来事。

買い物カゴに食品を入れつつ店内を歩いていた時に、男の人とすれ違った。平日昼間。年齢は私より2つ3つぐらい上か。見た瞬間に何か違和感を感じ、思わずその男性に目が行った。平日の昼間、あまりの暑さに店内の人影もまばらな時間帯に、連れがいるわけでもなく男性1人。そしてその手に持っているのは白ゴマの袋1つだけ。

その男性、食品を探しているようで棚の間を行ったり来たりしているものの、何だか挙動不審。目が泳いでる・・・?しかも白ゴマって・・・。立ち止まり、移動して、立ち止まり、移動して、、、を繰り返すその男性。ますます動きが怪しい。絶対買い物客ではない!まるで誰かを見ているような・・・?見ている!!時々位置を変えながらも、視線の先はずっと同じ人を追いかけてる!?

誰を見てるんだ?

と私まで気になり、その視線の先を追った。視線の先にいたのはこぎれいな格好をした年配の女性。

なんだ、母親の買い物の付き添いか。。。にしても動きが怪しすぎる。もしかして1人で買い物に出かけると危険だから、こっそりついてきたのかな。

と解釈しようとしたのだけど、あまりにも雰囲気が変。男性の視線には「見守る」温かさはなく「見張る」冷たさのみ。一瞬この男性がストーキングでもしているのかと思ったのだけど、

ちょ、ちょっと待て。あの年配の女性、マイバッグはあるけれど、カゴは持っていない。さっき手にしてた食品、手に持ってない。。。まさか・・・。

と私も年配の女性を見てみた。

すると、女性、手にとって見ていた肉をためらうことなくそのままマイバッグに入れた!

見てしまった衝撃!しかも街の中を普通に歩いていそうな年配の女性が!

・・・ショックでした。

そして男性はそれを見届けると従業員にそっと伝えた。

年配の女性はしばらくして、入口へ逆戻りしてそのまま外へ出ようとしたところを従業員から声をかけられ、店の奥へと消えていった。

怪しかったのは男性ではなく女性だった。男性は私服警備の人?女性は常習者?複雑な心境です。

あっけない幕切れ

野球観戦に行ってきた。中日-横浜戦。

毎年7試合ぐらい見に行っているが、サヨナラ勝ちと言うのは初。

でもサヨナラというと

ファン大喜びで、選手たちもヒーローをポカポカと叩き祝福

・・・ってのが見慣れた光景なのだけど、今回の違ってた。

ノーアウト満塁からシゲシゲファイトの谷繁が死球押し出しでゲームセット。ファンも選手も

おいっ、ありかよ

ってな感じ。肩透かし食らった。

もうちょっと盛り上がりたかったのだけど、1勝には変わりない。

ま、いいや。

男子厨房に入る

昨日の夕ご飯、夫に何が食べたいか聞いてみたら、

「グラタン」

という答えが返ってきた。我が家は基本が和食、そして魚料理。キャンプを含めて最近肉を良く食べているが、肉は肉でも鶏肉、そしてむね肉、まぁいいかとGOサイン。

冷蔵庫の在庫を私よりも正確に把握している夫。レシピを見て、じゃ、これを買えばいいな、と買い出しリスト作成して一緒に買い物へ。帰宅してそのまま台所に立つ。

ん?私が作らなくていいのか?

「作り方を教えてくれ」

ということで、ホワイトソースの作り方、具の作り方、などなどをお伝えした。もっぱら私は洗物係。

そして完成。初のグラタンとは思えないほどかなりおいしい。

このお盆休み、朝・昼・晩とご飯の準備をしていただいたおかげで、いつもに増してかなり楽をさせていただきました。。マメに動いていただけるので助かります!!

と持ち上げておきます。

明日からまたお仕事。食事の準備、私も負けないように頑張ります・・・。

本当にキャンプ

  我が家では隊長の下、自宅キャンプを張っていますが、それとは別の、本当のキャンプへ友人夫婦と行ってきました。

三河高原キャンプ村

です。さすがお盆。激混み!

Img_49061

いつも夫婦のみでキャンプ行く時はダッチオーブン料理ですが、今回はバーベキューを、ということで海の幸盛りだくさんのバーベキューを高原でしました。おいしかった♪

そして夫二人は燻製作り。今回は定番のチーズに加え、笹かま、タマゴ、ウィンナー。ふんわりと燻製風味で、とてもおいしい。

Img_49461

Img_49561それに加えてうちの夫はパエリヤ作り。野外でのパエリヤは初挑戦なので苦戦。また次回に期待しましょう。

夜は焼酎をちびちびと飲み、そしてふと空を見上げるとくっきりと天の川。ナマ天の川は学生時代のキャンプ以来?そしてペルセウス座流星群のピークということでちらちらと流れ星も。人工衛星がぴゅ-っと飛んでいたり。名古屋市内では34度とかっていう日で夜も寝苦しいのに、ここでは標高が高いため、肌寒い。長袖必須です。

翌日は温泉へ行った後に岡崎駒立ぶどう狩り

デラウェアを夫婦二人で9房。

Img_49751

食べ過ぎた。この一年分のぶどうを食べてしまった、あ~もうしばらくいいや!と思っていたら出口で1人1つずつお土産ぶどうをもらってしまった。う、もう食えん。

というわけで日頃クーラーのお部屋で涼んでいて、いつの間にか夏が終わった・・・なんて過ごし方をしていたのだけど、今年のお盆は、「THE 夏」を体験。たまにはいいな、こういうの。

おつき合いいただいた友人夫婦よ、ありがとう。

ちなみにこれはぶどうの葉っぱで作った夫の作品。

Img_49971

ギンニグヅウ

ビリー隊長のおかげで何をするにも

い゛でででで・・・

うぅっ

とうめいています。

隊長の後ろでワークアウトしている人たちはいったい、どのぐらいやってあそこまでの筋肉と体力がついたのか?

汗だくになりつつ、息があがりつつも疑問は疑問。

手作り高野豆腐

あまり好き嫌いのない私ですが、どうしても抵抗を感じる食べ物。

高野豆腐。

あの完全にスポンジになっている食感が、、、、どうも・・・なぁ。いただけない。

でもあのかんだ瞬間に、じゅわっと出てくるあのジューシーさは結構好き。だから食べたい、でも食べたくない、というジレンマがあったのだけど、それが解決した。

絹ごし豆腐を凍らせて、自家製高野豆腐で解決。

ちょうど良い大きさに切って、バットに並べて凍らせる。

1晩ぐらいで凍ったら解凍。そして味付け。

あ、これなら食べられる、と思った。

豆腐が余ってしまったとき、ぜひお試しください。

キャンプ・イン!!

ビリー隊長のしごきで身体が筋肉痛です。本日3日目のプログラムをやり遂げました。

夫婦二人で、ビリーに叱咤激励されつつ、首&でこに手ぬぐいしてへろへろとやっています。

55分間の間に、何度挫折をしたことやら・・・。

とりあえずあと4日、がんばってみよう。

しかし、明日の筋肉痛がさらに恐ろしい。。。

大所帯

先日連れ帰ってきたメダカたち。元気にしてます。

今朝、う~ん、ゴミが増えたから掃除しなきゃな、と見ていたところ、

んんんん??ゴミが動いた!?

とよくよく見たら、なんとメダカの赤ん坊が見事孵化していました♪

買ってきて翌日、隠れ場所としての浮き草を入れてやったところ、翌々日ぐらいに産卵してしまいました。大変大変。卵たち、隔離してやらないと、親メダカたちに食べられてしまう!!とバケツへ水草のみ移動。そして数日後の今朝見たら、

う、生まれてる・・・・

と言うことになったわけです。

こりゃ増えてくぞ・・・。

里親募集。

« July 2007 | Main | September 2007 »