« November 2007 | Main | January 2008 »

年末温泉

年越しの温泉は予約できなかったので、1日早い年末温泉へ行ってきました。

神明温泉 湯元すぎ嶋

宿泊は2度目。立ち寄りでも1度行ったことがあります。

お湯がぬるぬるとしてとても気持ちがいい。そしてお料理も◎。囲炉裏のある場所でのお食事はとても気分がいいです。

日本秘湯を守る会の宿の1つです。少々お値段的に高い、と思うのですが、おもてなし、料理、お風呂を堪能すれば、納得できるお値段かな。

来年末ももちろん、狙います!

さて、この年末、「この冬一番」の寒気が流れ込んだため、雪が心配されたのですが、行きは積雪ゼロ。しかし一晩降り続き、朝には40センチの積雪に。

愛車もこんな姿に。Img_62591

帽子かぶってしまいました。周囲もこんな雪景色。Img_62631

運転も慎重です。

でも、山を下るにつれ気温が少しずつ上がり、車体も温まってきたせいで屋根の上が少しずつ溶け出し、、、

Img_62661 ・・・前、見えません。。。

危険ですわ、これ。

この車になってこれだけの雪を積んだのは初めてでしょうな。

まぁそんなわけで、こんな年末で1年を締めくくりました。

さて2008年はどんな1年なんでしょうな~~。楽しみです。

ロック励行

朝、駐車場から姿を消していたの!!

少し前に息子のセルシオが盗難にあった。いまだ見つからず・・・。車自体は古いけどホイールはピカピカに、車高も上げ下げできるようにしていた。。。

ほんとショックだわ。

・・・という話を2週間ぐらい前に職場の人から聞いた。

・・・と思ったら今朝、同じ人から

私の車のカーナビが盗られたの!!

という衝撃発言が。ドアがぐにょっと曲げられ、埋め込んであるカーナビ周辺がごっそりと、そしてなぜかシートカバーもなくなっていたのだそうだ。

1ヶ月の間に2度も車関係の犯罪にやられるなんて・・・ショック~!

と。

確かに確かに。モノは保険でカバーできるかもしれないが、精神的ショックは大きい。しかも続けてというのが気味が悪い。

まったく物騒な年の瀬だ、と思っていたら、さらに衝撃的な事件が起きていた。

これまた同じ職場の人なのだが、先日の夜に、覆面の男に襲われたというのだ。

夜、帰宅する時に最寄り駅の駐車場に停めていた車に乗り込んだところ、覆面をした男が突然ドアを開けて押し込んできたそうだ。しかも手にはナイフ!!!

普段からジムに通って声を出すことに慣れていたので、気丈にも叫ぶことができ、男はそのまま逃げて行ったそうだ。(本人談)

が、たいていの女性は何が起きたかわからず、声を出すこともできないだろう。幸い大きなケガもなかった、とのことだけど・・・。

こんな新聞やテレビのニュースの中の話だと思っていたことが、まさか身近な人に起きてしまっていたことが、ショック。

あーっもうっ、何が起こるか分からない世の中です。本当に。いくら気をつけても、望んでいなくても向こうからやってきてしまうものは仕方がないとは思います。

が、スキを見せないってことはとても大事かも。

とりあえず車に乗ってドア閉めて、

ふぅぅ

とする前に、

車乗ったら、まずはすぐにロックするよう心がけます。

尋ねられる日

ユリカを買おうと券売機に向かった。お金を入れてボタンを押したとき、隣の人に話しかけられた。

「サカエハドコデスカ」

あ、ちょっと待って。

と出てきたユリカとお釣りを確かめてから、路線図の栄を指差す。

ここは名古屋。この黄色いラインの地下鉄で栄まで2駅ね。

「イクラデスカ」

200円だよ。

「ドレデカエバイイデスカ」

ユリカの専売機にお金を入れようとするから、慌てて正しい券売機に誘導。

「2ツイリマス」

あ、二人ね。じゃ、ここ押して。これ切符。

「ドレデスカ」

ここ通って黄色いラインだよ。

「アリガトウ。サヨナラ」

と二人は去っていった。よかったよかった。少しは人の役に立った。

・・・あ、でも私、全編見事に日本語でしゃべってもうた。ま、いいか。通じてたみたいだし。

家の近くにて。

スーパーで買い物して家へ向かう途中。手にマンション名を控えた男性有り。

「あのー、スミマセン」

はい、なんでしょう?

「このマンションってこれと同じですか」

ん?いや、名前が違うから別物ですねぇ。

「どこにあるか知ってますか?」

ん--、どこだったかな。。。聞いたことのある名前・・・、あ、確かスーパーの向こう側にあるはず!

「わかりました。行ってみます。ありがとうございます」

感謝された。それにしてもよく人に場所を尋ねられる日だった。なんだ?

癒し

夫の膝を枕に寝てます。

2007はぁ~~~、癒されるわ。

わたしたちも、こまちもどっちもです。

7歳差の双子

ランチタイムコンサートにと行った時のこと・・・。

宗次ホールの受付で、姉と二人で両親の話をしていたら、それを聞いていたスタッフの人に

「ご姉妹だったのですか!?お友達同士だと思って見ていました」

と言われた。そしてさらに

「確かによく似ていらっしゃいますね」

と。そして最後に

「もしかして、双子さんですか?」

・・・・・・。

えっっっ?

今、双子って言った??

姉が慌てて

「イヤイヤ、それは妹がかわいそうですよ。こう見えても7歳の年の差あるんですから~」

ま、しょうがないか。小さい頃はそうでもなかったが、この数年、自分でも姉によく似てきたと思うしな。

写真見て

あれ?私ココ行った覚えないけど、どこだっけ?

と思ったら、実はそれは姉だった、ってことがよくあるし。

夫も

(おねーちゃんって、ン歳に見えんよな)

と言うこともあるから、姉が若く見られたんでしょ。しかし、似てると言われることは多いけど、双子というのは初めてだぞぃ。

と思っていたら後から姉が

「ちょっとアンタ、私と友達に見えたり双子に見えるなんて、やばいよ!」

どうやら姉に言わせれば、私が姉の年齢に近づいているらしい。

そうかぁ・・・?

仕方がない。お肌のお手入れ頑張るか。

ランチタイムコンサート

先日、姉に誘われて宗次ホールのランチタイムコンサートに行ってきた。

その日はブロックフレーテによる演奏で、昼間の11時半から12時半までの1時間のコンサート。

ちょっと音楽を聴きに・・・・と行くのにちょうど良い長さ。あまり長すぎると、

ZZZZZZZ・・・・・・ZZZZZZZZZZ・・・・・

となってしまうから。

リコーダーの音色が想像していたのとはまた違っていて、太鼓の音とよく合い、エキゾチックな懐かしい感じが私にはまった。

う~ん、楽器っていいな♪なにかやろーかなぁ、、、いやいや、ほかにやらねばならないことがたくさんある!!

この宗次ホールでは、こういうコンサートを頻繁にやっているので、お時間のある方、ぜひどうぞ。

時間が空いたからちょっと行ってみましょ、と気軽に行けるホールが名古屋には少ない。もっとこういうところが増えるといいな。

« November 2007 | Main | January 2008 »