« November 2008 | Main | January 2009 »

恒例!年末温泉

  2006年の年末2007年の年末と温泉で過ごしています。

いや~、正直に言えば年越しを温泉でしたいのですが、やっぱり人気のある旅館は無理です。予約取れません。常連さんがチェックアウト時に来年末分を押さえてしまうんで・・・。

今年は去年に引き続き、岐阜の神明温泉「すぎ嶋」へ行ってきました。ここの温泉も年越しは無理。ならその前日に、と5月ぐらいには予約しておいた記憶があります。旅行に関してはどうしてそこまで!?とうぐらいの執念を自分でも感じますね。

今回は囲炉裏つきの部屋。F1000329

コタツもあり、みかんがちゃんと用意してありました。

コタツといえば、みかん、ですね。

部屋から見える景色。

F1000330

干し柿がつるしてあります。いい感じです。

秘湯の会の宿は何件も行ってますが、ここはかなり好きな宿です。

まず、名古屋から近い。料理も素材重視の自然体。囲炉裏端で食べられるのが雰囲気あります。そしてやっぱり何をおいてもお湯がとても気持ちいい。

温泉行ってお湯が良くないとがっかりなのですけど、ここのお湯は無色透明、ぬるぬるつるつるって感じ。いいんですよ~。

今回で3回目の宿泊ですが、毎回満足です。あ、でも今回はシシリブを余分に食べ過ぎました。腹にも財布的にも痛かった・・・。

朝は餅つき。年末年始のみで夫もつかせてもらってました。

F1000341

つきたての餅を雑煮として、また、きなこ、あんこ、大根おろし、などなどにつけて食べ、朝から満腹です。

F1000340  F1000345

昨夜の雪で10センチほど積もってはいましたが、昨年の1晩で40センチのことを考えれば、なんてことない。

帰り道もF1000347 まぁ、こんな感じですが。ほんのちょっとの間だけです。あ、でもやっぱりスタッドレス必須です。

帰り道に、21世紀の森公園の『株杉』を見に行ってきました。

正直、あまり期待はしていなかったのですが・・・

F1000350

なんじゃこりゃ~!?

杉っていうと一本すっと伸びて整然と立っているイメージがあるのですが。

伐採などで根本から杉が何本も分かれて成長しています。樹齢400~500年ぐらいだそうです。

F1000348

F1000352 F1000353_2

・・・人間って小さいなぁ、と圧倒されっぱなし。エネルギーをたくさんもらってきました。

こんな株杉がこの公園内に70ぐらいあるそうです。

地味な趣味ですが、一度お立ち寄りください。

こうして2008年も締めくくりですな。

宿で来年の年間計画を半分ほど立てました。

今年の反省を踏まえて、来年も悔いなく健康に過ごせますように。。。

たい焼き

たい焼きを作ってみました。久々。

面倒なので、ホットケーキミックスで手抜き。

F1000328

表面はちゃんとタイです。裏は、見てはいけません・・・。

なぜうちでたい焼きができるのかは、あまり追求しないように。

床暖房つき

最近は朝5時ぐらいから一緒の布団に連れてきて寝ています。

我が家の冬の風物詩。

たまに私もそのまま熟睡してしまい、気づくとこまちが部屋をふつうにかちゃかちゃと歩いていることがあり、かなりびびるのですが、あちこちコードをかじって感電してもいけないので、ちょっと気をつけながら一緒に寝ております。

寝顔に癒されるんだな、これが。

今日はご自身の床暖房の上にて。

F1000327

はぁ~・・・癒される。

焼きたてパン

久々に食パンを焼いた。

焼きあがったらすぐに取り出さなきゃ!というプレッシャー?があったのか、それとも、焼きあがるにつれてどんどんいい香りが漂い、その香りに刺激されて目が覚めたのか、どちらにしろ寝坊な私が焼き上がり直前にはかなりはっきりと目覚め、布団の中で今か今かと出来上がりを待ち構えておりました。

F1000325

今回はソフト食パンです。

いつもよりも膨らんでる??早く切り分けたくてたまらない!!!!

焼きたては切りにくいけど、でもこのふわっふわ具合がたまらないっす~~~!!

お互いに

我が家に蔓延している症状・・・。

私:掃除&片づけが苦手。やり始めるとブルーに、テンション下がりまくり・・・。

→「掃除ウツ症」

私:アイロン掛け。できるなら避けて通りたい。ならクリーニングに出せば?と言われるのだがそれも癪に障る。だって自分でできることだし。でもかなりブルー。鉄腕DASH!を見ながらしかできない(=出勤日直前)

→「アイロンウツ症」

と、なんだか私ばかりテンション下がりまくることが多いようだけど、夫にも一つあった。

夫:「靴磨きウツ症」

ビジネスシューズの靴磨き。やっぱり自分の靴は自分で愛情持って磨いてもらわないと!ということなのだけど、最近サボリ気味。さっき

「最近靴磨いてないね~、年末だからやってみたら??」

とチクリと言ってみたら、テンション急降下していた。

なんだ、苦手なことあるんじゃん。

新しい血

義弟の新しい血がちゃんと働き始めた。

人間ってすごいことができる力をもっているものだと思う。

まだまだ山あり谷ありの闘病の日々なのだろうけど、名古屋にいる私たちがちゃんとブログをチェックしているのをご存知なので、せっせと更新して日々頑張ってることをアピールしてはる。

(体育会系テニス部のすごさがだいぶ分かった・・・恐ろしい。)

クリスマスに調子に乗って??チキンを食べてしまったらしいが。

頼りにならない兄ちゃん夫婦で申し訳ないね。

まずは年明けのおめでたい日を心待ちにしてます~。

ゆず胡椒

ゆず胡椒を手作りしてみました。

名駅の韓国食材店で青唐辛子を買い、柚子をスーパーで買い、準備OK!

青唐辛子をペースト状になるまで塩と一緒にフードプロセッサーにかけてもらい、私は柚子の皮をおろす。そして両方を混ぜる。出来上がり。

・・・早っ!

レシピに書いてあった「作りやすい量」はこれまた青唐辛子500グラム、と言うことだったのですが、手に入ったのは150グラム。

ちょっと少ないけど、まぁ、いいや。

と作り始めたのだけど、かなり十分な量が出来上がりました。

このレシピに書いてある「作りやすい量」は常人にとってはとんでもない量になることが多いので要注意なのですが・・・。

ゆず胡椒だけで試食した夫は、あまりの辛さにもだえ苦しむ。

でも、おでんにつけて食べたらなかなか好評。保存も利きそうだし、ぜひお試しあれ。

大掃除と来客

12月の声が聞こえてくると、ちょっとブルーになる私。

なぜなら「大掃除」をしなければならないから!

12月に入ってから一枚ずつカーテンを計画的に洗った、台所の換気扇を掃除した、、までは良かった。

掃除、は苦手です。掃除、というよりかは片付け、といったほうがいいのかも。私の座る定位置周りには、必要なものが揃ってしまう状態。本当に片付けられません。

その難関の片づけが残っていたのですが。

引越しをした時に購入した、小さいけれど大好きな一枚板のテーブル。とても大事で居間の真ん中にいらっしゃる。

傷つけないように、汚さないように、大事に大事にしているのだけど、ちょっと本を置いておこう、DMをとりあえずここに・・・とチョット置きを続けた結果、あらゆるものが山のように積まれてしまっていた。おや、机が見えないではないか。

片付けなきゃなーと思いつつ、でも誰も来ないからいいだろう、と放置し続けていたのだけど、昨日ついにお客様がいらっしゃることになった。

というわけで、朝からばたばたと片付け。机の上の整理が進むにつれてどんどんブルーになる私。机の上はモノを動かせばきれいになるけど、じゃ、それをどこにしまうの???きぃぃぃ~~~!!

となる。そしてどんどん無口に。

そんな私を夫は「掃除ウツ症」と呼ぶのだけど。そして今回の悪いところは腰痛があること。これまた掃除が進まない原因。はぁぁ。

夫にかなり気を遣われつつ、励まされ続けてなんとか体裁は整った。

※「決して開けてはなりませぬ」という部屋が余分に一つ出来上がったわけなのだけど。

改めてみると、結構広い部屋じゃん。なかなかきれいになるもんだ、と見直した。

さて来客の終わった本日。まだ手をつけていなかった掃除箇所。お風呂と窓拭き。これにて今年の大掃除の仕上げです。

ふたりでへろっへろになり、終了。

でもこの年末のこの時期にお客様を迎えるのも、掃除をする大きな動機となっていいかも。かなりしんどいけど。

1ヶ月に1回はお客様を迎えると、掃除をちゃんとするようになって本当はいいんだろうな~。

ついでにもう1つ疑問。

夫がおでんを作っているときに言った。

「大根、面取りしたからね」

切るだけでなく、ちゃんとそのあたりの処理まで怠らない夫に脱帽。

で、面取り。なぜ面取りと言う?角を取ってるんじゃないの??

さて、調べるかどうする。。。

思い出せない!!

家で忘年会していたときの話題ですが、どうしても思い出せないことがあって。。。

昔、キョンキョンが紙のピアノを使って練習をしていたドラマのタイトルは何???

思い出せない~、気持ち悪い~~!!!!

家で忘年会

上海で働いているたまねぎさんが、冬休みのため一時帰国。

帰国するたびに宴会が開かれていたのですが、今回は我が家にて催しました。

料理担当は夫。私は皿洗い。

料理はおでん、ほっけ、長芋のバター焼き、ほうれん草のおひたし、と家庭料理。「居酒屋葵姫家」とでも呼んでもらいましょう。

気心の知れた仲間ばかり4人が集まり、食べて食べて食べて食べて・・・そして飲んで飲んで飲んで飲んで・・・。そしてしゃべり続けてふと気づけば終電もなくなり。。。

つい先程、タクシーを呼んでお帰りになりました。

家開催はいいですね、やっぱり。リラックス&だらだらできる。

学生時代もよく、こんなことをしてたけど、さすがに体力がなくなってる。昔なら夜通し話をしていたのだけど、さすがにそんな元気はないな。

今度夏に開催する時はパジャマ持ってお越しくださいな。

珍味?

昨日スーパーへちょっと遅い時間に行った。そしたら、クリスマス向けの商品が安くなっていたので、いつもなら買わないものもお買い上げしてしまった。

その1つがこれ。

F1000323

??ちょっと大きめのクリームチーズ?

いやいや、塩の塊です。京鴨の塩釜が売っていたので思わず買ってしまった。

塩を割って取り出してスライスしたら、

F1000324

はい、こうなりました。酒のつまみにサイコー!

ダッチオーブンで一度作ってみようと思っているんです、塩釜。もちろん鴨じゃなくて魚か鶏かで。いつになることやら。

今年も冬キャンプ行きたいんだけどな。・・・腰痛が治るかどうか。。。

野望

急に読書モード突入しているのだけど、今日から新たな本を読み始めた。

『三国志』

です。実は読んだことない。漫画でさえ読んでない。

昔、NHKで等身大の人形劇をやっていたのを見た記憶が断片的にあるだけで、登場人物の名前さえ怪しい・・・。

なぜ『三国志』?と言われても

さぁ・・・、なんとなく・・・?

としか答えられません。なんででしょ。

ちなみに全8巻。年末年始に読み切ってやる!と鼻息荒く宣言したら、

無謀

とあっさり却下された。

掃除も何もやらなくて、ひたすら読書してれば読みきれるかも?

いや、そこまでして年末年始で読み切る必要があるのか??

さて、何巻まで行くでしょうね~。乞うご期待。

読書、その横で

最近やっと本を読む気持ちの余裕ができてきた。

この半年以上、なんだかんだと落ち着かなかったからなあ。夫の本好きには全く太刀打ちできないんだけど、読める余裕のある間は、色々読んでみようかと。

ちなみに今持ち歩いているのが

『就活のバカヤロー』。

私は就職活動の経験がない。求人が出るのが遅い専門職だったため、4回生の10月頃からが活動時期。そして面接行ってすぐに決まってしまったため、一般的な学生さんが味わう苦労を味わっていないのです。

ただ、その後いろんな職を経験しているので、幅広く社会を見れていると思うけど。

この本、社会人にとっては当たり前のことばかり書いてあるけど、就活をしている学生にとっては、目からウロコなことが多いんじゃないかな。しかし3回生から就活が始まる学生は気の毒だと思う。授業も遊びも何もかも、まだ中途半端にしかやっていない時期なのに、

「学生時代にしたことで、何を得ましたか」

な~んて聞かれても答えられないじゃん。答えられない学生はマニュアル本を見て答えを作るらしいのだけど。しかしマニュアル本を見て書いたものは明らかに分かるんだけどね。

そんなことを考えながらコーヒー飲んでいたら、隣の席の女の子二人の会話が耳に入ってきた。

「もうエントリーした?」

「うん、でも、しただけだよ」

「でもさ、何書けばいいのかわかんないよね」

「そうそう、趣味って言われてもさぁ。。。だから旅行って書いた」

「結構旅行あちこち行ってるから、書けるよね。いいな~。どこ行ったことあるんだっけ?」

「イギリスと韓国」

「それだけ行ってりゃ十分書けるよ」

(私:そうか??)

「でも、変な趣味の方がいいらしいよ」

「変な趣味?そばうちとか?」

「それいける!!それとかパンを焼くなんてどう?」

「い~ね~。『最近作ったパンはなんですか』って聞かれたら『コッペパンです』って答えよっかな」

(私:そんなん聞かれないって。)

「おー、かっこいいじゃん」

ってな話が延々と続くのですが、

「この本、今読んでた?」

て思うぐらい、タイミングが良い。でもこの女の子達は既にマニュアルに縛られてるんだな、と思いました。

ちなみに、地下鉄車内の広告である大学の宣伝が載っていたのですが、

「就職に強い学校」

ていうのが前面に出されていて、それに対してとても違和感を持ったのです。

私にとっては大学は目標であって、「就職」を考えて入る所ではないから。だから単なる通過点として扱うのに、すごく違和感を感じるんでしょうね。

通過点にしては授業料、高くないかい??

お歳暮解体抽選会

本日出勤したら、机に「21」と番号のついた紙袋が1つ。

中身を覗くとビール、ビール、ビール、ジュース、インスタントコーヒー、せんべい、あられ・・・

なんじゃこりゃ?

「これ月曜日に抽選して当たったやつだよ」

そういえば私、月曜日は腰痛で休んだんでした。

「代わりにくじ引いたら、これになっちゃたの、ごめんね~。持って帰ってね」

会社に来たお歳暮の解体抽選会が月曜日に行われた模様。

賞味期限の短いお菓子やリンゴなどは随時配られるのだけど、ジュースやお酒はまとめて抽選&配布。

ということでお歳暮のおすそ分けということなのだけど、これ持って帰るんかい!?

試しに持ってみたら、ずっしり・・・。

紙袋が破れそう。そして、腰にくるなぁ。まだ痛いんですけど、、、ね。

コーヒーなどは給湯室にこっそりおいていこうと思ったのだけど、既に同じ考えの人がいて、置く場所がない!

仕方がないので持って帰ってきたのだけど、途中で腰がカクカクカク、、、となって危険でした。

懐かしがってしまった・・・!

夫が本棚を整理し始めて見つけてしまったアルバム。

こういう時、整理する手は止まり、アルバムを見てしまうなんてよくある話。案の定、そうなった。

ちなみに出てきた写真は結婚式、新婚旅行、友達との旅行、若かりしこまち、そして大学卒業アルバム・・・。

とりあえずどの写真を見ても、まず一言目に

「若い!」

と言う言葉が出てくる。何が違うって・・・肌のハリに目尻のしわ、あごのライン。

そして特に卒業アルバムなんて、それはないやろ!という服&髪型。いやいや、これはマジでショックだ。

知人が写っていると

「若い~痩せてる~!ぎゃははは!」

と大うけなんだけど、自分が出てくると、

「え?これ。わたし?うそっ!」

とショックを受ける。髪型&化粧はともかく。

お互いに

「若っ!」

「顔パンパンや!いや、こっちは痩せてるわ」

の繰り返し。

ちなみに夫は昔(数年前まで)は長髪で、私は茶髪だった、と言うことが分かった。

でも、こんなところ行ったなあ、なんて写真が出てくる出てくる。

夫がサウジに行ったアルバムにはなぜかサウジのお金が挟まっているし。

新婚旅行はオーストラリアに行ったのですが、エアーズロックにもう一度登りたいなぁ、ラフティング面白かったなあ・・なんて懐かしくなってしまうし。

ただ1つ言えること。こんなアルバムの整理ができるなんて、当時はヒマだったらしい、私。見事にコメントがちゃんと入れてある。相当の暇人だわ。

自家製千枚漬け

買い物に行ったら大きな珠蕪が売っていた。その隣には千枚漬けの素。

蕪をスライスして、あの液体をどぼどぼどぼ~と入れれば、千枚漬けができるんだな。

ほとんど好き嫌いのない私だけど、屋台で売ってるイカの姿焼きの臭いがどうにもダメ。次にあまり食べたいと思わないのが漬物。でも千枚漬けは好き。だからその千枚漬けの素にはかなり惹かれたのだけど、例のブドウ糖加糖液糖が入ってるんだよな~と思うと買う気になれない。

そうだ、じゃぁ、自分で作ってしまおう。

と珠蕪を購入し、早速作り始めた。

イメージでは薄く薄くスライスしたつもりだったのだけど、意外に不揃いでそして意外に分厚い。おかしいなぁ。

1日経って、見た目は千枚漬けが出来上がった。

F1000321

ちょっとみりんが足りない?でもおいしい♪

ヘンな添加物入ってないと思うと、よりおいしく感じるに違いない。

わたしは優しい。

最近夫は帰りが遅い。

と言っても数年前のような、朝起きたら隣で寝てる、なんて状況ではなく、一応終電で帰ってくる。

でも最近は物騒。それに寒い。

いくら男性だといっても、何をされるか分からないこの世の中。

そして地下鉄は暖かく、でも外に出ると寒い。ヒートショック起こしちゃうじゃん。

駅から家は10分少々の道のりだけど、絶対こんな寒いところ歩くの、身体によくない。うちの父みたいになってしまうぞ。

なので、遅くなる時は駅まで迎えに行く。

なんて優しいんだ、私って。。。

と自分に惚れ惚れして車を運転。夫も心得たもので、そんな私の好きなプリンを買ってくれる。次もお願いしなアカンからか?

プリンに釣られているけれども、ま、車の運転好きだから、これからも迎えに行ってあげよう。

あ、それよりも、残業しないようにしてもらわないと。

腰痛

先週から悩まされています。

朝起きた時に

「こ、腰が痛い~!」

と最初はなってたわけですが、重いものを持ち上げたりしなければ大丈夫、ってことで仕事にも行っておりました。しかし週中頃から、皿を持ち上げると響くようになり、だんだんとこれはどうにもかなわん!という痛さになり。。

ドラッグストアで買ったコルセットをして、週末もなんとか乗り切ったのですが焼酎グラスを持つのが結構きつかったッス。

そしてついに今朝。どうやって布団から起きれば一番痛くないものか・・・、と寝ぼけた頭で考えながら布団の上をごろごろと転がり、そしてなんとか起き、よろよろ~~・・・と家の中を歩き回る事態に。

今まではマッチ棒の様にツンツン、カクカクとした妙な歩き方をしていたのですが、本日はそろりそろりとしか動けない。仕方がないな~行きたくないな~と思いつつも仕事を休んで整形外科に行ってきました。

先生に腰をぐりぐりっと押され

「んんぐぐぐぐっ!」

とあまりの痛さに悲鳴にならない単なるうめき声が出てしまった・・・。はぁ。痛かった。

レントゲンを撮って説明をしてもらいました。

「ここが4番目と5番目なんだけどね、この間がちょっとずれてるねえ。一番初めに症状が出ることの多い場所なんだよ、ここは」

ああ、そうなんですね。

「ま、老化の始まりってことだよ」

・・・・・・。

「まだそんなに進行してないから。事務職?」

・・・はい。

「じゃあ、仕事の前には必ずラジオ体操をすること!」

えええ~~!いくら身体のためとはいえ、それは無理です。恥ずかしいです。

「何言ってるの!?もっと痛くなりたいの?」

いや、そういうわけじゃなくって、恥ずかしいじゃないですか。

「僕は恥ずかしくないよ」

いやいや、そういう問題ではなくて・・・。それに先生は院長だから、堂々とやれるんです!

「ちゃんとラジオ体操するんだよ」

・・・・・・ハイ・・・。

というわけで、密かに準備体操をして仕事に入ることになりました。仕方がない、トイレでするか。

落語

またまた行ってきました。

今回は『年忘れ東西落語名人会』です。

桂吉弥:時うどん

柳亭市馬:掛け取り

桂南光:胴斬り

桂春團治:お玉牛

《中入り》

桂米朝・喜味こいし・桂ざこば:よもやま噺

桂雀三郎:哀愁列車

三遊亭圓歌:坊主の遊び

という番組。

中日劇場だったのですが、個人的には200人ほどの小さな場所でこじんまりとやってもらえるのが一番いいと思うのです。1500人は広すぎ。落語の良さが伝わりきらないというか・・・。

名人会というだけあって、人間国宝の米朝氏をはじめ、大御所がぞろぞろ。

ざこばさんは、「らくごのご」をやってる時に好きになったのです。

聞いたことのない噺もあり興味深かったのですが、個人的に一番面白かったのが、吉弥さんの「時うどん」。

先日の喬太郎師匠の時には「時そば」でした。江戸と上方の違いですね。

うどんかそばかの違いだけで大筋に変わりはないのですが、細かいところでは結構違う。

愛すべきキャラ、与太郎も、この時うどんでは意外に鋭い勘を持っているし。

そばにはちくわ、うどんにはかまぼこなんですね。

(※訳分からない方すみません)

噺家のカラーも違うのでしょうけど、それぞれにいいところがありました。

大御所の噺も味があっていいとは思うのですが、世代の差を感じる芸能ネタ?を入れられると、どうにもついていけないですね。周りのおじさんおばさんは大喜びだったのですが、私にはなんのことやら。

というわけで、比較的まだ若い噺家さんの噺を今後は聞きたいな~と思った次第です。

カレー鍋

市販のカレー鍋の素を使わず作ったカレー鍋。

具だくさんです。

ガラムマサラがぴりりと効いております。素を使わなくてもちゃんとできるんだな。

F1000319

ZZZ

床暖房に張り付いて熟睡中。

F1000318

いい感じにイビキもかいております。

素顔

本日は4月から通っている学校の忘年会。週3で顔を会わせている人たちなのに、今まで飲みに行ったことがないし、プライベートなことまで話す時間もない。と言うわけで素性はお互いにほとんど知らないまま・・・。

なので「忘年会」という名前を借りて飲み会が開かれたわけです。

さて、今回変わっているのが、プレ1次会があったこと。つまり0次会ですわ。先生をお一人加えて計5名でカラオケに行ってきました。

カラオケ行くのなんてずいぶん久しぶり。新しい歌なんて歌えないから、自分が一番カラオケに行っていた時期=学生~社会人初期の歌を中心にセレクト。

最初はお互いにどんな歌を歌うのか知らないため、牽制しあっていたのだけど、1度歌い始めてしまえばあとはどうってことない。懐メロあり、私にとってはかなり新しい曲があり、全く知らないも曲あり。

へー、こんな歌を歌うんだ!

なんて思いながらかなりの盛り上がり。そしてそのテンションのまま1次会の会場へ。1次会では15名集まり、でも1次会だけでは物足りない!ということで2次会へは13人行きました。ほぼ全員。

1次会2次会通して、いろんな方とお話をすることができ、実はこの人、こんなに話をする人だったんだ、なんてのを発見したり、結構普通に話ができる人なんだ~なんて思ったり。

人を見た目で判断してはいけませんね。

かなり楽しんだ忘年会でした。

夜景

きれいに撮れたのでご紹介。

テレビ塔のライトアップ。

F1000313

オアシス21の上の広場。

足元もなかなか良し。

F1000315

ぐでんぐでん

という言葉がぴったりな人に出くわしました。

これまたバスの出来事。

忘年会シーズンだから、こういう人が増えるんですよね。

その人、私の前を階段登っていたのだけど、その歩き姿が明らかに酔っ払い。さっさと追い抜かしてバス待ち列に並んだら、その酔っ払いも私の後ろに並んだ。1メートル以上離れているのに、酒臭ぷんぷん。

そして立ちながら目をつぶってゆら~・・・ゆら~・・・と揺れてる。

そして少しずつ私に接近!

うわっ近づいてこないで!私のパーソナルスペースに入ってくるな!

という願いむなしく、私のパーソナルスペースに侵入してくる酔っ払い。今にももたれかかってきそうだったから、とりあえず先制攻撃。酔っ払い自ら当たったように見せかけて、ビール腹を肘で軽く小突いてみた!

すると自分でもいつの間にか接近していたことに気づいて、またゆら~・・・ゆら~・・・と後ろに下がっていき、後ろの人にぶつかっていた。

そんな酔っ払いぶりな人がバスに乗っていいのか!?気分悪くならないか?と心配していたら、全く関係のない別の酔っ払いが青白い顔してバスを降りていった。

楽しいお酒ならいいのですが、人に迷惑をかけないようにしましょう。

(経験者談)

バスで観察

市バスの定期は便利。バス全線乗り放題。だからあちこちバスで移動です。

そして、思った。

地下鉄よりもバスの方が人間観察には向いている、と。

ほぼ毎回、ドラマ?があるように見えるのだよ。

夜遅くバスに乗ると、寝てしまう人が多い。

ただでさえ疲れているのに、さらにバス特有の横揺れ+縦揺れが眠気を増幅させるんでしょうか。

先日はおばちゃんが舟を漕ぎまくっていて、通路に体が半分以上飛び出た状態で、しかも口をぱかっと開けて寝ていた。

降りる人が通るたびにおばちゃんは座席に身体を戻すのだけど、バスが揺れるたびに体が通路に飛び出てくる。

笑っちゃいけないんだけど、笑えるんだよな~。

おばちゃんの隣に座ってるおじさんは、揺れるたびに振り子のようにおばちゃんの体が襲ってくるから、かなりの迷惑顔。

なのにおばちゃんは気づかない。

私の隣がそんな人だったら・・・すっごくイヤだ!!!

独演会

今週は落語ウィークです♪

本日は『第1回 柳家喬太郎独演会』へ行ってきました。

柳家 喬太郎:時そば

(ゲスト)伝の会:長唄三味線

【仲入り】

柳家喬太郎:按摩の炬燵

という番組でした。

この喬太郎師匠ですが、本当に面白いのです。本日の番組にあった「時そば」はDVDで見たことがあるのですが、何度見ても笑えるのです。そしてライブで見てもやっぱり笑える。お薦めの師匠です。

落語に興味のない方には、なんのこっちゃ?って感じですね。

ちなみに今回は、栄の芸文のリハーサル室が会場。

自由席だったため少しでもいい席で見たいと思い、開場30分前に到着したら、既に30人ぐらい並んでいました。(定員250名ぐらい)

そして今までになく年齢層が高い。今回は本当に一番若いぐらいな気がしました。

開場を待っている人たちも年齢が高い人ばかり。だからか、皆さん文句が多い!スタッフに対して

「これだけ待ってる人いるんだから、もう開けちゃってよ」

「トイレ行きたいから荷物見といてもらえる?」

などなど。たくましいというかなんというか。

そして座り込む人続出。あちらでもこちらでも座り込み。

体調が悪いとかなら仕方ないと思うのですけど。入場した後、走ってましたね、みなさん。

しかも公演中にはケイタイが鳴ってしまい、師匠が注意してるし。

マナーモードの仕方も、電源の切り方も知らなかったんだよね、と思いたい。

落語は面白い。今では使っていない道具(煙管とか天秤棒とか)については仕草などから想像するのは少し難しいのだけど、でも扇子とてぬぐいだけでさまざまなことを表現し、そして笑わすことができる。すごい芸だと思います。みんな笑顔になれるし。

今夜も楽しい気分になれました。

今週末にはもう一本、落語が待っております。楽しみだ♪

すごい住所

夫が通販で頼んだ品物が届いた。

発送先の住所。

「鹿児島県」

まではいいのだけど

「志布志市志布志町志布志」

市町村合併で、こういう地名ができたということは知っていたけど、実際に送り状にそう書いてあると、、、かなり笑える。

大掃除

本日は会社の大掃除。

新しい雑巾が用意され、総務の号令で支店長以下、皆で大掃除。

汚い~~!

蛍光灯から埃も降ってくる。

人の動きが多いから、掃除してもすぐに埃がたまり始めるんだろうけど、でもなんとなく気分がいい。

どなたか、うちに掃除をしに来てください!

さすが?

秋葉原でのこと。

信号待ちしていたら横にいた男性二人の会話が耳に入ってきた。

男A「まだ5時前だけど、もうこんな暗いんだな」

男B「そうだな」

(私「そうやね」)

男A「さすが東京だな」

・・・あの~、なにが「さすが」なんでしょうか。

マジックとカレーとメイドカフェ

義弟のお見舞いに行ってきました。

(義弟目線のブログは→こちら

大体このぐらいの時間帯に行くよ、と言っておいたから、薬の飲む時間を調節してくれたらしい。すまんねぇ、気を遣わせてしまって。最初は若干だるそうに見えたのだけど、途中からやけにテンション上がって行ったな・・・。

まずはあと半月、新しい血で満たされることを願っております。

そして、また行くんかいな、好きやねぇ、と呆れ顔の義弟に見送られ、私たちは秋葉原へ。ハイ、前回は時間があまりなくて行けなかった、念願のメイドカフェへGO!あ、誤解のないように言っておきますが、行きたいと言い続けているのは、私。

だって、どんなとこなのか気になるじゃないか。それこそ妄想が一人歩きしてしまう。

ちゃんと場所を調べておいたメイドカフェ「メイリッシュ」へ。

少しだけ並んで入店。

「お帰りなさいませ、お嬢様、ダンナ様」

でへへへ。何でかしらないけど、思わずにやけてしまった。

確かにメイドスタイルをしている。でも、ドラマなんかで見るようなふにゃふにゃしたしゃべり方をする人はそんなにいない。逆に

「お嬢様、メニューでございます」

などなど、いたって言葉遣い、仕草、物腰の丁寧な喫茶店といった印象で、結構居心地よし。お客さん、いやいや、カップルで来ているダンナ様・お嬢様方も普通の人が多い。(※1人で来ている男性除く)

意外な感じ~。

想像ではヘンな呪文とかかけられたり、内装がいかがわしい感じなのかと、ちょっとドキドキしていたのだけど、そんなこともなく。

でも隣に座っていた1人者の男性は、嬉しくってたまらん!と言った感じで終始ニヤニヤニヤニヤ。見ているこっちが笑ってしまうぐらい。

そんなこんなで

「行ってらっしゃいませ、お嬢様、ダンナ様」

と送り出されたのでした。

秋葉原で受け取った1枚のビラには「巫女カフェ」と書いてあった。

シャラン~シャラ~ンと、お祓いしてくれるんだろうか。

続きまして向かったのは六本木。

これまた行きたいお店がありまして。

でもその前にミッドタウンのイルミネーションを堪能。

F1000306

F1000303

F1000309

すごい人だよ、本当に。

東京に2、3年なら住んでもいいな~と思ったこともあったが、こんな人の多いところはやっぱりいやだ。

そして向かったのが「Magic Carry

F1000310

手品好きでカレー好きな夫にはたまらない店。

丁寧できれいな手品を見て、楽しかった♪

そしてシメにはやっぱりカレー。ちなみに昨日のカレーはS&Bのとろけるカレーがベース。

「赤ワインが入ってるに違いない・・・」

と一口一口分析しながら食べている。何モノですか、あなたは。

そして東京駅に戻り、夜行で名古屋へ。相変わらず強行軍です。

でもアルコールが入っていたおかげで、バスの中では結構寝れて・・・すっきりと6時半に帰宅したのでした。

次回行く時には・・・行きたいところは既に決まっているのです!

大人の樹

私のブログの左側に「グリムス」というブログパーツが貼り付けてあります。

ブログを更新していくと苗木がだんだん成長し、大人になったら実際に世界のどこかに植林をするというもの。

今2本目の木ですが、ついに大人の木になりました。

1229128035_09689

・・・紅葉している!?

記事の内容で、いろんな形の樹になるそうです。確か前のときは半月が3つくっついたような形だったな。

少しずつ成長していくのが、密かに楽しみなのです♪

モッタイナイ

新幹線での出来事。

名古屋から指定を取って席に向かった。隣の席には既に先客あり。

外国の方で、国連のアナン前事務総長のような雰囲気。

「ヨーロッパ経済の危機」

と題する(英文)分厚い書物をテーブルに置き、学者風。

そして、ひとこと

「オハヨウゴザイマス」

と挨拶。

それからその書物を読み始め、メモをし読んでメモをし読んで・・・。

そんな彼の横で私たちはガサゴソガサゴソと昼ごはん。

そんな時、車内販売が回ってきた。

彼はコーヒーを頼んでいたのだが、マイボトルに入れてほしいと頼んでいた。

でも、車内販売のお姉さん、入れる分量が分からなくなるから、と言うことで紙コップで提供。そしてご丁寧にフタをして渡そうとした。

隣の彼はそのフタを断り、受け取ってからマイボトルへ注ぎなおしていた。

お姉さんの動き見ていたら、ポットからコーヒーを注ぐ時に、

シューシューシュー

と3プッシュ。手慣れたもの。

おやおや、手が覚えているじゃないですか、だいたいの分量を。それなら直接ボトルに注いであげればいいじゃないの

と思ったのだけど、そのあたりの融通が利かないのでしょうな、この日本。

紙コップが一つ無駄になってしまった。

以前は私もマイボトルを持ち歩いていたのですが、いつの間にか持ち歩くのを忘れていた。

そのマイボトルのやりとりを見て、私もやっぱり持ち歩こうと思ったのでした。

※その彼はとても親切で礼儀正しい人でした。

自分のゴミを捨てに行く際、私たちのゴミも持って行ってあげるよ、と仕草で表してくれたり、横浜で降りていく時もお辞儀をしてくれたり。

私も含め、周りに無関心で自己中心な人が多いこの世の中、やっぱりこういうことが大事なんだな~と改めて思いました。

とりあえず挨拶は基本かと。どちらかと言えば挨拶はちゃんとするほうだと思うのだけど、どんな人にとってもそれが当たり前になればいいなと思いますね。

ガムとチョコレート

何年か前のテレビで、

「ガムを噛んでいる時にチョコレートを一緒に食べると・・・ガムが溶けてなくなる!」

というのを見た。

え~!?そうなの?

というわけで、実践してみたところ、確かにガムが口の中で溶けてく溶けてく。そして・・・なくなった!

なんでも、チョコレートの脂分がガムを包み込んで細かくしていくため、というのが理由だったと思うのだけど。

ほぇ~。すごいもんだなぁ。

と溶けていくガムを体験して、そう思った記憶アリ。と同時に、若干、いや~な気分になった。

だって、いつも噛んで最終的には外に出しているものを食べてしまうわけでしょ。身体に悪いものを食べているんじゃないの?

というわけで、それ以来そんなことはしていなかったのだけど・・・。

昨日、夫を会社まで迎えに行った。

車を運転する時、私はミントを食べるかガムを噛むかしている。昨日も例に漏れず。どちらかと言えばガムよりかはミント好きな私なのだけど、昨日は車の中ではミント切れだったため、ガムをモグモグ。

夫も同じくモグモグモグモグ。

としていたら、夫が

「うわっ、ガムのかけらを飲み込んでしまった!」

と騒ぎ始めた。なんだ、カケラって?

のどの奥に引っかかっている気がする、チョコレートで溶かすか、と言うことになりコンビニでチョコを購入。

そしてチョコを食べていた。(どうやら溶けたらしい。)

ついでに私の口にもチョコが放り込まれた。

あ、っと思った時には遅かった。私、まだガム食べてるよ~!!

目の前にお菓子をぶら下げられて、思わず口を開けた私が確かに悪い。条件反射だから仕方がないのだ。

そして・・・よみがえる、あの、イヤ~な溶け具合。そして、明らかに身体に悪いものを取り入れている、イヤ~な感覚・・・。

不思議な反応で面白いけど、でも、食べ物はやっぱりおいしく、身体にいいものを食べたいわ・・・。

対象年齢

今月号のサライは落語特集。

もちろん購入済み。

でも、その中に

「サライ世代の眼鏡選び」

なる記事があり、内容が

『手元も遠くも見える「遠近両用眼鏡」』

・・・。

この時点で、サライ読者の世代がわかるっちゅうもんやねん!

しかし、やっぱり内容がはまるんだよな~、私(達)の興味あることに。

しかも次号の特集が

「富士山が絵になる宿」

これも買わなあかん!

酒シーズン

師走になると、やはり忘年会ですね。

昨日もありました。しかも多国籍で。

ボランティアで行っている日本語の会の忘年会だったので、半数が日本人、半数が外国の方。

韓国・中国・ベトナム・フィリピン・ミャンマー・カナダ・アメリカ・セネガル・バングラデシュ生まれオーストラリア出身の日本国籍の人・・・などなど。

イスラム教の人もいるので、今回はスキヤキ。

生卵をつけて食べるってのは驚きみたいで、ちょっと抵抗あったようです。でも食べたらうまいうまいと言ってましたが。。。

ベトナムの女性はアオザイをわざわざ着て見せてくれました。美しい!

店内のほかのお客さんには

「なんだ、あの集団は!?」

な視線を向けられましたが、確かに初めて見るとびっくりするのかも。

たくさんおしゃべりをし、結局3次会まで。

・・・大丈夫です、今回は全然飲まなかったので。

しかし、次の日のことを気にして、早々に帰る日本人とは反対に、夜はまだこれから!なセネガル男性達は、さらに夜の街へ繰り出して行き・・・。

今日聞いたところによると、今朝4時まで飲んでいたとか。

私より年上ですけど・・・元気だなぁ。

これも文化の違いか。

感心

12月に入って、冷え込んだ。

誰が何も言わなくても季節はちゃんと進んでいくのだなぁ。

12月になるとなんだかんだ言ってもちゃんと寒くなるのだから。

自然ってすごい、かなわない、と思う。

かなり久しぶりに予防接種

20年ぶりぐらいにインフルエンザの予防接種を受けました。

全然受けていなかったんだよね~。

毎年

「インフルエンザには多分かからないから」

とか

「打っても別の型のインフルになるかもしれないし」

など、なんだかんだと言ってやってなかった。

そんな私だったけど、勤務先で団体の予防接種があります、少し安く受けれます、なんて案内が来たものだから、せっかくなのでじゃあ、ということで受けてきました。

注射って痛いイメージしかない。

先日あった健康診断の採血の時も、2回もぶすりぶすりと刺され、

う・・・っ

てなっていた。小学校の時の予防接種も痛かったし。

でもでも。あれ??痛くない!

刺さった感覚は何もなく一瞬で終了。

あ~よかった。

でもその後1時間ぐらい、だるい。

そして今日もまだ腕が痛い。

やっぱり注射は嫌いだ。

朝派

基本は夜型人間です。

でも、頑張って朝型に移行中。。。眠い・・・。

冬になるとなぜか導入される我が家の朝風呂制度ですが、頑張って起きて、お風呂入って、そのまま・・・zzz.....ブクブクブク。

ということがしばしば。

朝焼け見ると、

「いいもの見れた~」

と気分は良いのですが、出勤途中のバスでぐらんぐらんと睡魔と闘うのも、かなり気分が悪い。

いいのか悪いのか、そしていつまで続くのか・・・。

鬼が笑う

手帳が新しくなりました。

1ヶ月早い誕生日プレゼントとして夫に買っていただきました♪どうもありがとう。

それでもって、せっせと旧手帳から新手帳へスケジュールが重なっている部分を書き写していたのですが、さて、来年はどこへ行こうかな~。

そんなことを思いつつペラペラと手帳をめくって、めくって・・・おおお!?

来年の9月で釘付け!

予定は何も、全く真っ白なのですが(既に入っていたらすごいんですが)、なんと9月は5連休があるんですね。19(土)~23(水・秋分の日)まで。敬老の日が来年は9月21日(月)で23日の秋分の日とに挟まれた22日もお休み。だから5連休だ♪♪

どこ行こ~~♪♪♪

お?24(木)、25(金)と休みを取れば・・・9連休!!

これは、秋のGWではないかぁ。

ちなみに春のGWは?

カレンダー通りならこれまた5連休。メーカー勤務の人なら12連休ぐらいになりそうな勢い。

へへへ。どこ行こう。

・・・あ、来年の春のGWは大きな予定を入れないのでした。残念。

なら、代わりに「秋のGW」に出かけるぞ~。

と、朝から妄想の世界に突入中。。。

みぞれ鍋

鍋の季節です。土鍋最高!

昨夜は友人宅でカレー鍋。おいしかった♪

今日は常滑でスパイシーチキンカレーが昼食。

そして今夜は夫のカレーが登場する予定だったのだけど、さすがにここまでカレーばかりでは、胃がおかしくなってしまうかも~。それぞれに味は全然違うから「飽きた」ってことにはならないと思ったんだけど、でもさすがに鍋にしようということになった。

というわけで夫得意料理の一つ、「みぞれ鍋」です。

F1000280

白いの、全部大根おろしです。かなりの量をすりおろし、食べる直前に鍋に乗せて一緒にいただきます。大根のジアスターゼは消化を助ける働きがあるので、食後も胃がすっきり、そして体ぽかぽか。

おススメ料理です。

ぶらぶら散歩~常滑~

F1000278

今日は久々に何も予定を入れていない日曜日。

ダラダラとして過ごすのも1つの手だとは思うのだけど、こんなに天気の良い日に家で過ごしてしまうのはもったいない。と言うわけで昼出発でも“ちょっと散歩”をしに十分行ける「常滑」へ行ってきました。

やきもの散歩道が整備されており、土管坂など情緒あり、そしてその散歩道のあちこちに小さいギャラリーやお食事処などあり、ほんとうにぶらぶら・・・と散策。

F1000275

途中ヘンなもの発見。F1000276

風で水が飛び散りうまく撮れなかったのですが、コンディション良なら、

「いつまでも水が出続ける急須」

になります。

これって、普通、ヤカンでやってあるよね。急須って・・・さすが常滑!?

あちこちのギャラリーを見て回り、いろんな器を手に取り、最終的に購入したのがこれ。

F1000279

茶香炉。お茶を上に乗せて、下からキャンドルで温めると、お茶のいい香りが漂います。

早速家でやったところ、お茶の香りにすごく癒される。しかも焙じ茶として飲めます。

飲んでみました。

市販のほうじ茶よりも味は薄めだけど、香りも色も焙じ茶でした。

火を使うので、焙じている間はそばを離れないように気をつけます。

次回行ったら、小さい火鉢を買おうかな。

« November 2008 | Main | January 2009 »