« January 2009 | Main | March 2009 »

エア○○

本日の「日経プラスワン」の記事に“エア○○”のことが書いてあった。

エアギター、エアあやや、エアレジ打ち、そしてエア焼肉。

エアレジ打ち?

そして

エア焼肉!?

結構前からサイトがあったんですね。知らなかったわ。

ちょっとエア焼肉見てみました。

・・・解説を聞きながら思わずにんまり。。

試しにタンを焼いてみました。が、寂しいな~。

「そんなこというなら、噺家なんて“エアそばっ食い”で“エアうどんっ食い”で“エア酒飲み”の達人じゃないか」

と夫。

そうですな、それでお金もらってるんだからエア○○のプロだな。

「俺だったら“エアマジック”だな」

どうぞ、ご自由に。

・・・エアマジックって。。。何が起きたかわからないじゃん。

私だったら、、、エア着付け?あっという間に着物が着れるな。

エア三味線も興味深い。

チキン・サグ・カレー

F1000473 今夜はネパールの人に教えてもらった「チキン・サグ・カレー」。

サグ=青菜です。ほうれん草が入ってます。

 
 

以前作ってもらったのよりかはチリペッパーが控えめらしく、私にもOKな辛さでした。

久々の白米。

そして左奥は、珍しく私が作った「長いもサラダ」でございます。

じゅうたん

久々にいい天気、な気がしたのでラグを洗いました。

乾ききらなかったので、まだベランダで干されています。

そして家の中にさらにちいさいじゅうたん出現。

F1000475 はい。こまち娘です。

相変わらず専用床暖の上でぬくぬくとしているのですが、ぺっちゃんこになっております。

おなか温めて暖かいんやろな~。

 

ちょっといたずら。

F1000476  

 

 

 

・・・気づかず。

小龍包を見れば、ずらずらと思い出す~

昨日ですが、久々に小龍包を食べました。小さいのが3つ。

小龍包とくれば思い出すのが上海旅行。

日本と同じ感覚で小龍包を注文したら、大12個出てきたこと。

腹パンパンになりながらも、日本で覚えのないぐらいの美味さに負け、完食したな。

もう一度食べたいのですが、注文数には気をつけねば。

ついでに今までの中国旅行でおいしかった料理って何かな~と挙げていったのだけど、北京ダック、小龍包ぐらいしか記憶にない。あとは四川省の麻婆豆腐か。あの辛さ、というより舌の痛さを覚えております。

思い出しついでにさらに、、、今までの旅でおいしかったのってなんだろ。

トルコ料理もよかったのだけど、結局はどれも同じ系統の味。食べ続けたら、飽きる。

スイスのチーズフォンデュはお店によって全然味が違っていたな。

本場のフランス料理は、ボリューム満点。少しずつ長い時間かけて食べるんじゃなく、量がたくさんあるから時間がかかる、ということがちょっと分かった。

アメリカ・・・却下。

イギリス・・・ジャガイモ料理が多いが、あれはあれでいい。世間一般がよく言うイケてなさは感じなかった。

ということはやっぱり、韓国料理か。

かなりバラエティに富んで飽きることがなかった。

よしっ、マイルもだいぶたまっていることだし、ちょっくら食事に行ってくるか。

・・・行けないけど。

えらいこっちゃ

本日はお休みなり。

朝から近くのイオンに出かけ、さっさと用事を済ませた。

そして帰り道。バスレーンのある道から右折しようと、信号が変わるのを待っていた。

バスレーンを走り過ぎる車が多い。対向車も多い。

信号はまだまだ変わりそうにないし、対向車も途切れない。

なので、サイドミラーで後ろから走ってくる車をボーっと見ていた。

バスが来るなぁ。車もたくさん来るなぁ。ダンプも来るなぁ。。。みんな速いなぁ。。。

そして、視線を前に戻した瞬間に

 

バンッ!!

 

ん?なに?

たった今、私の横を通り過ぎていったダンプが・・・

中央分離帯に乗り上げ、、、

柵が四方八方に飛び散り、、、

コンクリの白い粉が舞い上がり、、、

そしてダンプはそのままの勢いで中央分離帯を乗り越え、対向車線に突っ込み、そのまま道路を横切り、新築マンションの玄関に突っ込んだ!!!

 

なんだなんだ!?

100メートルも先じゃない場所での事故。

本当に見事にスローモーションのように見え、 

えっ・・・・

 

としか、反応できませんでした。

普段から車がスピードを出して走る道。車通りはかなり多い。

でも、幸いなことに、たまたまダンプが対向車線に飛び出て行ったとき、一瞬車がいなかった。歩行者もいなかった。運転手はどうなったのか分からないけど、不幸中の幸い。

しかし、気を取り直して右折した時、中央分離帯の柵がひとかたまり、交差点に落ちていた。どれだけのエネルギーで弾き飛ばされてきたの!?

緩やかなカーブになってる場所。運転手のスピード出しすぎか、わき見か、居眠りか・・・。

あ~、なんだか先日から事故現場をよく見る。気をつけねば。

でも、自分がどれだけ気をつけていても、向こうから勝手にやってくる時もある。その時は“運”だとあきらめるしかないのか?

車は走り始めれば鉄の塊。そんなことを全く意識しないで扱っていることが恐ろしい。上手に付き合えばこの上なく大事で役に立つものだけど、乗り手の気持ち一つで凶器になってしまう。

自分の人生も、相手の人生も変えてしまわないように、安全運転あるのみ。

頭の中をぐーるぐる♪

最近うちで(というより夫1人で)流行ってる曲。

『じゅげむ』

 

はい、落語の『じゅげむ』。。。

を歌にしたものです。

ねこマジさんが歌ってます。

全てが、じゅげむじゅげむごこうのすりきれ・・・で出来上がってる。

しかもクラシック調やらラテン系やら色々ミックスされて、面白い。

いやー、もう釘付けです、耳が。

頭の中で

♪じゅっじゅっじゅげむ♪

とか

♪じゃりじゃりじゃりじゃり♪

とか

♪パッパッパイポッパッパッパイポ♪

など音が回ってます。

機会があればぜひ聞いてみてください。きっと頭の中で回り始めるでしょう。

ちなみに『寿限無』ですが

寿限無寿限無 五劫のすりきれ 海砂利水魚の水行末 雲行末 風来末 食う寝るところに住むところ やぶらこうじのぶらこうじ パイポパイポ パイポのシューリンガン シューリンガンのグーリンダイ グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助

ですね。噺家さんによって多少違うようですが、なんにしても長いおめでたい名前です。

備えあれば

半年ほど前に

「名古屋に大地震が来る」

という根拠のない噂が嵐のように起こり、どこに行ってもその話題ばかりだったが、やっぱり地震は来ず、今ではそんな話があったってことも忘れてるんじゃないかい?

その噂によって水を買い込んだ人もいらっしゃったようですが。

何年も前から相変わらず備えはしっかりやっているし、アウトドアグッズも十分にあるので外で長期間暮らせるでしょう。保存食もある。でも時々入れ替えているとはいえ、そろそろ賞味期限を迎えるものものもあるはず。

ということで中身チェックをしなければ~!と思い始めました。

使うような事態は起こってほしくないけど、でも

「きちんと揃えておけばよかった・・・」

と後悔はしたくないので、やっぱりチェックしよう。

いつやろうか。あとはそれが問題だ。

流行に乗る

今夜、新しい職場で勤務するため、東京へ引っ越す友人の送別会が開かれました。

韓国の方です。

この不況でクビになり、職安で新しい仕事を見つけたとのこと。

大変優秀で頭の良い人なのだから、韓国に帰るという選択肢もあったとは思うのだが、そうはせず日本にいることにしたと。

世の中本当に大変だ。日本人でさえ大変なのだから、外国から来てる人はなおさら。とりあえず「がんばって」としか言えない私。

でもそんなしんみりとした話も一瞬で終了し、日本人・韓国人・中国人で盛り上がってきました。

そんな私たちの後ろにいた20代真ん中ぐらいの女性グループ。

その声が聞こえてくるのだけど、そこも不況に関係した話。

「私、派遣切りにあっちゃった~」

「えー!?マジで??」

「次の仕事が見つからなくって困ってるんだわ」

「うわぁ、大変~!でもさぁ、流行に乗ってるじゃん」

うーん。流行に乗ってるといわれても、これは嬉しくないよな。

これは慰めてるのかなんなんだ?

どこかで見たような・・・?

大阪出張から夫が帰ってきた。

しばらく家を空けていたということで、今回もお土産つき。

ホワイトチョコクランチです。

カリッコリッカリッコリッ。ふむ。まぁまぁですな。

で、お菓子の名前は、というと

『大阪プチバナナもーらった!!』

F1000469

  

・・・・なんだか、よく似た名前のお菓子を、東京駅でよく見るんですけど。。。

さすが大阪。ってか、パクリじゃん。大阪だから許されるんでしょうが。

密かに使いこなす努力

エクセルとワード。

仕事で使う主なソフト。ま、他にはアクセスも少々。

なんだかんだと結局よく使うのがエクセル。表が楽に作れる。ちょいちょいと操作すれば勝手に計算してくれる(と言っても関数はあまり使いこなせないが・・・)。

しかし、やっぱり文書を作るときはワードが多くなる。

ひな型が既に出来上がっていれば、ちょいちょいと文の内容を変えれば出来上がり。しかし、

「こうこう、こういう文面のものを作っておいて」

と言われると、さて、困った、となる。

エクセルではココをクリックしてこれを引っ張り出せば、

おー!できたでないか

となるのが、ワードでは微妙に操作が違うし、

確か、こんなことができたはず。この辺にあるはず!

と、あちこちカチカチとクリックして、

なんじゃこりゃ!

というものが出てきたり。結構困ってます。

なので、ワード操作を頑張ろうと密かに思っております。以上。

入れ子ではありませんでした。

ロシア好きなTさんがモスクワへ旅行に行ってきたということでお土産を持ってきてくれた。

お好きなもの、ど~ぞ~♪

ということで出してきたのがこれ!

F1000467

マトリョーシカストラップです。顔の表情が微妙に違って、選ぶのも楽しい。かわいいし。

ありがたく、一ついただきました。

話を聞いていたらロシアへも行ってみたくなりました。

美術館などの装飾がゴージャスなイメージ♪

と言ったら、

街中は埃で汚いよ

と言われてしまった。あらら。

母が若かりし頃、ソ連に行ったのだが。かれこれ50年近く前?当時は行くだけで色々と疑われたみたい。

だいぶ開かれているとはいえ、50年経っても謎な国の一つです。

たまにはしゃべりたい日もある

本日はなぜか名古屋弁が出まくっとった。

普段はあまり名古屋弁をしゃべらないと思うのだけど、中途半端な関西弁をしゃべることが多いと思うのだけど、なぜか今日は名古屋弁炸裂(してたと思う)。

何しとるんだろ?

究極の選択

・・・なんてタイトルほどの大げさな話ではありません。

本日帰る時のバスの座席の話なんですわ。

今日は時間超過の授業だったため、バスに間に合うかどうか、25分待って次のバスにするか!?と微妙に悩む時間帯。いつもなら

「立って帰るぐらいなら、25分待って次のバス」

とのんびりモードなのだけど、さすがに今夜は昨日までとは違う冬日。

びゅ~~っと風吹きまくるバス停で待つのもちょっとなぁ、な気分だった。バス停行くとちょうどみんな乗り込んだところ。試しに乗ってみたら3席だけ空いていた。

1席は優先席だからやめておいた。そして残り2席なのだけど・・・1つは乗り口真横。そしてもう1つは一番後ろのど真ん中。

うーん、うーん、乗り口真横はバス停の度に開くから、冷気が入り込む。超寒いはず。

じゃあ、一番後ろのど真ん中は?

・・・急停車した時に一番前まで吹っ飛ぶ可能性あり。

寒さか吹っ飛ぶかという選択をしなければならなかったのだけど、万が一、ということを考えて安全策をとったのでした。

人が乗るたびにびゅ~~と風が入り込む。うー、寒い。。。水滸伝を読みつつバスに揺られてきました。水滸伝は熱い内容なのに、読んでる私は冷え切る。

どっちの席がよかったのか・・・。

そういえば、例のおじさん、今夜も遭遇した。今日は寝てたけど、ちゃんと1つ前のバス停で起きたわ。素晴らしい。

粗忽者

落語によく出てくる登場人物の1人に「粗忽者(そこつもの)」がいます。

慌てん坊で人の話を聞いていなかったり、うっかり者で、何度聞いてもすぐに話を忘れてしまう人。

聞いていると

「ああっ、もうっ!」

といらいらするけれど憎めない人物です。

ま、簡単に言ってしまえばそそっかしい「愛すべきアホ」ですね。

昨日今日と夫は、趣味8割・仕事2割の仕事に行っており、やや疲れ気味。

本日終わってから一緒に買い物に行き、帰宅。

夫はマンションのオートロックで、うちの部屋番号を押して「呼び出し」。

ピポピポピポピポ~ン♪

と呼び出し音がエントランスに響く・・・。

そして鳴り続ける呼び出し音。

誰も出ない・・。

ってか、誰呼び出してるの?部屋に誰もいませんから。私も一緒にココにいるんですけど。大丈夫!?

鳴り続ける呼び出し音にさすがに不審顔の夫。そして私と目が合う。

そこでやっと気づいたらしい。

誰か出てキーロックが解除されたらそれはそれでかなり怖い。

こまちが「きゃんっ」と言って出れば、それはそれで面白いが、さすがに無理。

F1000466

指人形のウルトラマンが「ジュワッチ」と言って出たら、それはそれでネタになるが、ありえない。

ま、普段、どちらかが在宅中は部屋の中からロックを解除しているのが習慣となってしまってるのだから、指が勝手に動くのは仕方がない。でも!一緒に買い物に行っておいてそれはないやろ~。

現実世界では、粗忽者は身の回りにいないと思っていたのですが、意外と身近にいたというわけです。

かじりやすい

夫がこまちを抱いていた。

ごそごそ、コリコリコリコリ・・・なんか、音がする。。。

気がついたら、買ったばかりのユニクロ服に穴があき、大事なベルトをかじられていた。

油断したな。

世界地図

全くの白紙に世界地図を描いた。

世界地図を見ながら、しかも大雑把に・・・なのに、意外と難しい。

東南アジアの入り組んだあたり、とか、中東のあたり、とかよく分からない。

アフリカや南アメリカの大きさがよく分からない。南アメリカは思っているよりかはスマートなんだな、とか気づいたこともたくさん。

さすがに自分の行ったことのある場所はわかるのだけど、でも内陸が多いから、輪郭だけでは意味ないな。

そして世界の大きさに比べると、どうしても日本を大きく描いてしまう。バランス悪し。

仕方がない、日本人だもん。

たまには世界地図描くのも大事だな。

アクアパッツァ(エゾメバル)

2月に入って2度目のアクアパッツァでございます。

本当はキムチ鍋の予定だったのですが、いいメバルが売られていたので急遽変更。

F1000460

本日はアサリの代わりにホタテが入りました。

そして、やはり・・・

F1000461

完食っ!!!

マイタヌキ

  本日は信楽へ行ってきました。

去年開通した新名神を初めて通ったのですが、うーん、面白味のない道ですね。ずーっと山間なので・・・東北の方の道を走ってる気分だった。名神の方が好きだ~。

それはさておき。

そうです、信楽といえばタヌキ。

F1000437

たくさんおります。

陶芸は大学の授業でも何度かやったし、昔、体験モノとしてもやったことがあったのでなんとなく要領はわかる。で、今回はタヌキを作ることにしました。

といっても石膏の型で形作るだけなので簡単。面白くないといわれるとそうかもしれない。でも、前々からタヌキを作りたかったので、念願かなったという感じ。

本日は「陶芸村」へおじゃましました。

F1000438

登り窯あります。

F1000439

タヌキもたくさん売られています。

F1000440

マイクを離さないヤツも・・・。

で、タヌキ型はこんな石膏。

F1000441

これに粘土をくっつけて、あわせて、そして+αのアレンジを加えて完成。

でも、何を持たせようか、何をくっつけようかと考えている間に時間は過ぎ、多分1時間半ぐらいかかってる。

F1000445

こんなタヌキになりました。

頭には葉っぱを載せました。やっぱ変身には葉っぱが必要でしょ。

F1000442  肩には、夫リクエストの鳩をとまらせてみました。

F1000443

手にはおにぎり、そして足元にはこまちを乗せております。わかりにくい~。

F1000446

夫作。こちらも葉っぱですな。サラダボールだと言い張っております。

家に届くのは1ヵ月半後。どんな出来上がりになるのやら。

その後、同じ信楽町内にある真言宗のお寺、玉桂寺の高野槇を見てきました。

久々の巨木シリーズです。

F1000453 F1000454

F1000447

滋賀県の天然記念物。

うっそうと茂っているので、一本木に比べると、

「巨木だ!」

というすごさは感じなかったのですが、巨木を見るのはやっぱりいいものだな、と。

それよりも驚いたのがこの玉桂寺。

F1000459

入ってすぐのお地蔵様と風車に度肝を抜かれました・・・。

今回は紫香楽宮跡へは立ち寄らず・・・。またの機会にしよう。

さて、前回の常滑で気に入ったものに出会えずお預けとなっているカレー皿。今回の信楽で見つかるか!?と頑張って探したのですが・・・。

「帯に短し、襷(たすき)に長し」とはよく言ったもの(夫談)でして、ちょうどいい大きさでも、色が!いいデザインでも大きさが・・・とそんな状態で、頑張って探したのですが、今回も見つからず。

というわけで、仕方がないので代わりにミルクピッチャーを買ってしまいました。

F1000463

とても小さいです。お客様用です。

なんで2つもあるんだ?

とツッコミが入りましたが、決めかねたものですから・・・。

迷ったら両方買え!です。

このザラザラ感がいいのですわ。

認めたくない

風邪が治り、マスクから解放された。

と喜んだのもつかの間、再びマスク生活逆戻りか。。。

風邪がぶり返したというわけではない。ということは、カフン・・・?

先週からどうも鼻が。くしゃみが。喉が、頭が。

風邪のようだけども風邪じゃない。

そして頬と口周りがカサカサっとなってきた。

このカサカサは私のバロメーター。春到来&花粉到来のしるしなのだ。

学生時代に、GW後、鼻が猛烈にかゆくなっていたのがきっかけで、年々症状が拡大。季節もGWからどんどん前倒し。春はマスクを手放せなくなってきた。

でも、アレルギー検査はしていない。だって、反応出たら凹むもん、きっと。

我慢できるうちはマスクで逃げよう。

と去年までは思っていたけど、やっぱり検査を受けようかと思い始めた今年。薬を処方してもらえばきっと楽になる!

そんな弱い気持ちと、

花粉症にはなりたくないし診断されたくないし認めたくない、

そんな頑固な気持ち。

この複雑な2つの気持ちの間で揺れ動いているのでございます。

しょうもないことで悩んでるわー。

おじさんその後。

帰りのバスで途中から乗り込んでくるおじさん。

本日もお会いしました。

しかも連れがいた。

おお~、お初にお目にかかります

なんて挨拶はしていないけど、珍しい。

相変わらず酔っ払っているのだけど、今日はツレがいるので上機嫌で話し続ける。今夜は眠っちゃわなさそうだ。

おじさん「いや~、この前乗ったとき、寝ちゃってさー。終点まで行っちゃったんだわ」

(私:お、あのときの話じゃん)

おじさん「運転手が起こしに来てさあ~」

ツレ「それはたいへんだったんですねぇ」

おじさん「あぁ~大変だった。戻ろうにもバスは終わってるから歩くしかないし。しかも道に迷って、家に帰るのに30分以上もかかっちまった」

(私:・・・どうやったら迷うんだろう??)

ツレ「(苦笑)」

おじさん「誰も起こしてくれなかったんだぜ。冷たいよな」

いやいやいやいや、あんなに気持ち良さそうに寝ていたじゃないか。

しかも

「○○で起こしてください」

ってシールも貼ってなかったでしょ!

ってか、寝過ごしたのは周りの人のせい!?

きっと、

「俺はエライ人間だから、俺の降りるバス停を知らないヤツはいない」

ぐらい思っているに違いない。

ま、ある意味、私はあなたに注目していることを否定しませんが・・・。

あなたの降りるバス停も把握してますが・・・。

・・・?あれ、私が起こさなきゃならなかったってことか??

におってみて変なニオイがしなければ、いいんじゃない?

私の発言なんですが・・・。

昨日の夫との会話にて。

夫「そういえば、あれってまだ食べれるかな」

私「大丈夫じゃないの」

夫「まじで?」

私「におってみて変なニオイがしなければ、いいんじゃない?」

 

と言ったらなぜか

「それは、いいのか???」

と反応した。てっきり

“変なニオイ”がしなければ食べれる、大丈夫♪

という私の大雑把さに反応したのかと思いきや、そうではなかった。

“におってみて”

に、んん???と思ったのだそうだ。

“においをかいでみて”

ならスルーしたのだそうだが、

“におってみる”??

ということらしい。

うーん。なんとも思わず自然に出た言葉だけど、変??

夫いわく、

昔、中川家が

弟「クンクンクンクン」

兄「空気をにおうな」

というネタをしていたらしい。この言い方を聞いて夫は

「面白い言い方をするな~、関西弁かな~」

と思ったのだそうだ。それが頭の隅にあったから、私がぽろっと言った言葉に反応してしまったらしい。

そう言われると、関西弁のような気がするがどうなんでしょう?

私よりもずっと言葉に敏感な人だと、妙に感心をしてしまった昨日でした。

水滸伝

中国古典にはまっております。

三国志に引き続き、今度は水滸伝にチャレンジし始めました。

全19巻。読みきれるのか!?いつ終わるのか・・・?

まだまだ始まったばかりでございます。

カレーとオイと毎月1寄席

今回は品川で降りました。

いつもは新幹線でぴゅーっと東京まで行ってしまうのですが、たまには品川で降りるかと。

きれい過ぎますね、駅が。きれいなオフィスビルにきれいなマンション。そして・・・団地。なんだ、このギャップは。

そしてせっかく品川で降りるのだから、と近くのカレー屋を探して見つけたのがココ→ロビンソンクルーソーカレーハウス

北品川の駅からすぐ。東海道の品川宿ですね。

辛さが自由に選べて、店内にも猛者の足跡が残されているのですが、オリジナルの味が消えてしまってもったいないと個人的に思う。店主さんがいい!と思った味を楽しまなきゃ!

お次は埼玉の弟宅へ移動。

元々この日に病院へ行く予定にしていたのですが、外泊許可が下りたということと、甥っ子にまだ会っていなかったということで、埼玉までエンヤコラ。前行った時は暗かったのでよく分からなかったのですが・・・空の広いところですね。

1時間半ぐらいお邪魔して退散。

そして、やはりメイン?の寄席へ。

前回は浅草だったので今回は上野鈴本演芸場へ。

ここはやっぱり食べながら、飲みながら寄席を楽しめる!というのが一番。仲入りに一気食いとかする心配なし。

だから、噺の最中に

シュポッ

とか

ガシャガシャ

などビールやおつまみを食べる音が聞こえてくるのですが、ほかのお客様の迷惑にならない程度ならこれもご愛嬌。

近くのマクドで買いこんで、かぶりつきながら楽しみました。

出演者は

三遊亭 歌すみ

古今亭 駒次

翁家 勝丸(太神楽)

古今亭 菊志ん

柳亭 燕路

ひびき わたる(キセルを使った物まね)

春風亭 一朝

五街道 雲助

〈仲入り〉

大瀬 ゆめじ・うたじ(漫才)

柳亭 小燕枝

ダーク広和(手品)

桃月庵 白酒

いや~、よく笑いました。

相変わらず、これなんの噺?というのが多いのですが、聞いた噺でも噺家変われば全く雰囲気も変わる、ということで何度聞いても面白い。

太神楽はあごの上にどんどん積み上げられていく様子がハラハラドキドキ。

昔ながらの漫才も安心して聞いてられます。やっぱりテレビで見るもんじゃないな!

前回に引き続き、似顔絵でございます。

F1000434

特徴は捉えてると思うんですけどね~。自画自賛。

文具好き

ちまちま収集癖があるのですが、新し物好きでもあります。

自分ではそこまで目新しいと思ってはいなかったのですが、人からは何それ!?と思われるようでして。

最近よく突っ込まれるのが、ふせんとボールペン。

ふせんはロール式のやつ。ヤマトのメモックロールテープ

好きな長さに切れます。前面貼り付くので、びらびらしません。

普通の付箋はあのぴらぴらが気になる。

蛍光色だから、そりゃ、授業中に机の上にどんっ、と乗せていたら目立つわな。

それから今最もはまってるのが、消せるボールペン。パイロットのフリクション

日頃、ペンで直書きするので、間違えるとぐりぐりぐりと塗りつぶす雑な私。

この消えるのが本当に便利。

先生絶賛。

ちょっとお高いけど、お薦めです。

太さ0.5をもっと細くして0.28まで頑張って作ってほしいですね。

集団

金曜夜なんて酒のニオイがあちこちで、もわ~ん・・・もわ~んとしている。通常なら、酒臭に囲まれてバスで帰り、途中乗り込んでくる顔なじみのおっさんらを観察するところですが、本日は久々にJR。

こちらも変わらず浮かれた人たちが多いですね。

そんな浮かれた人たちの中に、一段と浮かれた男の子4人の集団。

声がでけぇ。うるさい。

ま、聞いてほしいということなんでしょうね。スナックに行った時の話をでかい声でしていたのだけど、それが聞くに堪えないアホ話。

聞こえてくるから、仕方なく聞いていた。

その中で気になったフレーズ。

「俺らってチョイSだけど、ゴクMだよな」

チョイS=ちょっとS

は分かった。

ゴクM=・・・極M、か?

多分そうだろう。

それよりも何よりも気になったのが、なぜ、俺、じゃなくて俺“ら”なんだ?

いったい何が起きて俺“ら”になったんだ???

お受験

職場の先輩のご子息が開成中学に見事合格されたそうです。

オメデトウゴザイマス。

この半年近く、親子共々の奮闘を聞いていたので、まずはよかったと。

テレビでも開成中学の合格発表の様子をやっていましたね~。

私はごく普通に公立中・高と進んだし、親にも勉強せい!と言われることもなかった(はず)なので、全く“お受験”という競争世界とは関係なく。ま、これからも無縁でしょうが。。。

しかし話を聞いていると、子どもよりも親が夢中になってしまうケースが多いみたいですね。子どもの本当の気持ちが置き去りにされているというか。子ども自身が目標持ってやってるならいいのだけど、親の期待が大きすぎて空回りしちゃっているケースもあるようです。

学生時代には「幼稚園受験」「小学校受験」のための幼児教室で一瞬バイトしていたことがあったが・・・いや~、あれは見ていて親が痛かった。

子ども嫌がってるじゃんって。

インタビューに答えている子ども達が一様に

「東大に入る!」

と叫んでいたが・・・。

せっかくだから小さい日本に決め込まず、世界に目を向けてみたらどうかしら?東大より上の大学なんていっぱいあるぞよ。

と一般人は思うのだ。

♪買い物しようと街まで 出かけたら♪

ほい、財布忘れました、本日。

買い物をしにではなく、仕事をしに街まで行ったので、そのあたりがサザエさんとは違うかな。

定期はパスケースに入れてカバンに入れっぱなしなので、街まで行くことはできる。午前中の仕事終了。

さ、お昼だ。

お昼ごはんを買おうと、カバンをガサゴソガサゴソ。。。。。。。

ない。

財布がない。

掏られたか!?

といったんは人のせいにしてみたものの、冷静に考えて、

あ~、昨日あっちの部屋で財布触ってそのまま放り出したままだなぁ・・・

ということを思い出した。

日頃、財布を目的別に分けて持っているから、幸い小さい“外食用”小銭入れが入ってた。だからお金がなくて困った!というわけではなかったのだけど。。。

あまり持ち慣れない財布は使いにくい。

しかも日頃、どっぷりと電子マネーの恩恵にあずかっている私。

レジではいつも、カードをかざすだけなので、コンビニで小銭を触る感覚をすっかり忘れているじゃないか!!

小銭を探すのに人一倍時間がかかってる、そんな気がした。

便利さに慣れてしまうとアナログなことができなくなる。

現金フリーで生活が便利になった一方、小銭をすぐに探し出せなくなった。これも退化の1つ?

じゅじゅっ!

粉モノが入っている引き出しを整理していた。そしたら出てきました、いろんなもの。きなこ、抹茶パウダー、紫芋パウダー、チヂミ粉、重曹などなど。

その中に「カントリークッキーミックス」という結構前に買って、そのまま忘れ去られていた粉があった。たまには作るか。

確かこれを買った当時は、

「よしっ、作るぞ!」

と気合が入っていたはずなのですが、やっぱり買った当日に作っちゃわないとダメだな。次の日になると買ったことを既に忘れてる・・・。

ミックスなので簡単。材料混ぜて丸めてオーブンで焼くだけ。

♪カンタンカンタン♪

そしてあっという間に焼き上がり、ルンルン気分でオーブンから取り出す。

お~、できたねー。おいしそうじゃん。

焼きあがったばかりのクッキーの味見を兼ねて試食してみましょ。

1つつまんで口に入れた。

じゅじゅじゅっ!

と、どこかで音が。。。

・・・?

ちょっと取り出して、再度口に入れてみた。

じゅじゅっ!

ひ~~~、やけどじゃ~~。

音がしていたのは私の口の中。慌てて氷を舌の上に乗せたけど、時既に遅し。

・・・舌が白くなってしまった。しかも舌の前のほうの、ど真ん中。

いやぁ、その瞬間は全く痛くないもんなんですねぇ、後からひりひりしてきた。そりゃそうだ、音がしたもん。

1回目で気づけよ!といわれそうですが、まさか自分の舌が焼けてるとは思ってないから、気づかないって。

その前に冷ましてから食べろって?

あ、それはそうですね。あまりにおいしそうだったんで。。。以後気をつけます。

白菜カキ鍋

今年に入ってから2回目の白菜カキ鍋。

これがうまいんだ。

F1000431

まず最初は豚肉。水は使わず、野菜から出る水分+酒。豚肉も脂を感じずよい感じ。ポン酢にネギ、自家製ゆず胡椒を入れて食します。

そして全部食べきった後の2回目はカキ投入。

F1000432

豚とは味が全然違う。海のミルクと言われるだけあって、とろっ、ふっくらしていておいしいのですわ。

アクアパッツァ

昨日の晩ごはん。

アクアパッツァ。

本日はストウブ用の本に載っていたレシピで作ったそうです。

以前作ってもらったのは「焼く」状態だったのですが、今回のは「煮る」&「蒸す」。

イサキを使ってできあがりです。

F1000429

前回作ってもらったのは豪快な味だったのですが、今回のはおしゃれな味わい。オリーブもたっぷり入っております。

このオリーブ、トルコ旅行に行ってから我が家の食卓に並ぶようになりました。それまであまりおいしいと思わなかったのだけど、二人してはまった食べ物の1つです。

見事、完食!!

F1000430

きれいに骨だけになりました。

食べるの上手でしょ。

あーあ。

本日は出勤。予想していたよりかは疲れなかったので、夜ご飯の後、スポーツクラブへ行くことにした。

今日はプールで歩こう、と最初から決めて行ったので、必要のないシューズやジム用のウェアは置いていった。

よし、歩くぞ~!!

相変わらず咳をすると腰に響くので、腰に負担の少ない水中ウォーキングに励もうと気合をいれ、更衣室で着替えようとして・・・あれ?あれ?ないぞ・・。

水着が半分しかない。

いやいや、水着が半分しかないと言うと語弊がある。

水中エクササイズ用なので、上下別になってるスタイルなのだ。それの下がない!決して右半分だけない!と言うわけではないので、ヘンな妄想働かせないように。

あれ?あれ?あれ???

ガサゴソガサゴソ

カバンを全部ひっくり返しても、ない!!

おかしい。夫が間違えて持って行ったか?入れ忘れたのか?

そしてジム用ウェアもシューズも何もないから、マシントレーニングをすることもできない。どうする、わたし!?

仕方がない、とりあえずプールに行く前の夫を捕まえなければ!

更衣室の前で待ち伏せ。

出てきた夫は、私が相変わらずコートを着て、カバンを持っていることに驚く。そりゃそうだ。

私:水着が半分ないの。。。

夫:うーん、それは困ったな。取りに帰るか?それか、お店見て待ってるか?

私:・・・やる気なくしたから、お店見て待ってるわ。。。。

ということになり、夫はそのままプールへ。私は同じ建物に入っている100均とかいろんなお店とか、寿がきや行ってソフトクリームでもやけ食いしながら時間を潰すか、と思い下の階へ行った。

そしたら、既に閉店!!

ぬわにぃ~~~!

確か、そうだ。スポーツクラブに到着した時に「蛍の光」が流れていたぞ。思い出した。

仕方がないので、車の中でミルクティーをやけ飲みし本を読みながら待っていた。寒い・・・。

1時間近く経ってから、泳ぎ疲れた夫が登場。

夫:そういえば、家のじゅうたんの上に水着の下が置いてあったのを見たぞ。

私:・・・そういうことは、家を出る前に思い出してください。

夫:忘れるといかんな~と思いながら声かけるの忘れてたわ。

私:・・・それなら仕方ない。

夫:あー、もう、ポカポカだ。暑い。

私:・・・むちゃくちゃ寒いんですけど。

家に帰ってまず見に行った居間のじゅうたん。確かに。ちゃんと置いてありました、水着の半分。あ~あ。

« January 2009 | Main | March 2009 »