« 文具好き | Main | 水滸伝 »

カレーとオイと毎月1寄席

今回は品川で降りました。

いつもは新幹線でぴゅーっと東京まで行ってしまうのですが、たまには品川で降りるかと。

きれい過ぎますね、駅が。きれいなオフィスビルにきれいなマンション。そして・・・団地。なんだ、このギャップは。

そしてせっかく品川で降りるのだから、と近くのカレー屋を探して見つけたのがココ→ロビンソンクルーソーカレーハウス

北品川の駅からすぐ。東海道の品川宿ですね。

辛さが自由に選べて、店内にも猛者の足跡が残されているのですが、オリジナルの味が消えてしまってもったいないと個人的に思う。店主さんがいい!と思った味を楽しまなきゃ!

お次は埼玉の弟宅へ移動。

元々この日に病院へ行く予定にしていたのですが、外泊許可が下りたということと、甥っ子にまだ会っていなかったということで、埼玉までエンヤコラ。前行った時は暗かったのでよく分からなかったのですが・・・空の広いところですね。

1時間半ぐらいお邪魔して退散。

そして、やはりメイン?の寄席へ。

前回は浅草だったので今回は上野鈴本演芸場へ。

ここはやっぱり食べながら、飲みながら寄席を楽しめる!というのが一番。仲入りに一気食いとかする心配なし。

だから、噺の最中に

シュポッ

とか

ガシャガシャ

などビールやおつまみを食べる音が聞こえてくるのですが、ほかのお客様の迷惑にならない程度ならこれもご愛嬌。

近くのマクドで買いこんで、かぶりつきながら楽しみました。

出演者は

三遊亭 歌すみ

古今亭 駒次

翁家 勝丸(太神楽)

古今亭 菊志ん

柳亭 燕路

ひびき わたる(キセルを使った物まね)

春風亭 一朝

五街道 雲助

〈仲入り〉

大瀬 ゆめじ・うたじ(漫才)

柳亭 小燕枝

ダーク広和(手品)

桃月庵 白酒

いや~、よく笑いました。

相変わらず、これなんの噺?というのが多いのですが、聞いた噺でも噺家変われば全く雰囲気も変わる、ということで何度聞いても面白い。

太神楽はあごの上にどんどん積み上げられていく様子がハラハラドキドキ。

昔ながらの漫才も安心して聞いてられます。やっぱりテレビで見るもんじゃないな!

前回に引き続き、似顔絵でございます。

F1000434

特徴は捉えてると思うんですけどね~。自画自賛。

« 文具好き | Main | 水滸伝 »

Comments

まだ田舎ですが、只今区画整理中につき人気の
場所なんですよ(笑)新しい道も出来てるし!

上野にいったんですか。パチンコ村見学でも
楽しんでくれば良かったですね~。

げちぇなんさま

数年後にはかなりにぎわってそうな場所だ。
「新しい道」があちこちにありすぎる!!

パチンコ村って・・・。残念ながら、縁、ないし。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7598/43996504

Listed below are links to weblogs that reference カレーとオイと毎月1寄席:

« 文具好き | Main | 水滸伝 »