« 物持ち良すぎ | Main | ビリヤーニ »

里山保全

本日は平和公園の南部部分「くらしの森」にて、夫の会社が企業会員になっているなごや東山の森づくりの会の行事に参加、里山保全のお手伝いをちょこっとしてきました。

社員とその家族、だいたい50人ぐらいの参加かな。なぜか社長まで来てるじゃないか!

東山の森についての説明をざっと聞いた後、のこぎりなどを借りて移動。途中、会員の方から草花の説明をしてもらう。やっぱりこういうのも説明がないと、

「あ、かわいい花だな。なんだろな~」

「なんだかちょっと種類の違う桜が咲いてるけど、名前は知らないわ」

で済んでしまう。

途中の池にはおたまじゃくしがいっぱい。

実家の池で見慣れたおたまとちょっと色の薄いおたまがいる。

「ヒキガエルとアカガエルとウシガエルのおたまじゃくしですよ」

へー、3種類もいたのか。

クマザサを隈笹と書くというのを初めて知った。

歌舞伎の『隈取』のように葉っぱの周りが白いから、ということらしい。

熊が出没しそうな場所にあるから『熊笹』、と言う説もあるそうだが、それよりも『隈笹』のほうが説得力あるじゃないか。

いろいろ見ながら竹やぶに到着。

F1000625

今回は竹やぶの手入れです。トウチクの伐採。

 

 

 

「竹やぶと竹林の違いは分かりますか?」

え?一緒じゃないの?

「手入れされているかどうかの違いなんです」

なるほど。

竹の切り方、枝の払い方を教えてもらい早速やってみた。

しなって倒れかかっているのを中心にやってみる。

中が空洞だけに、意外とあっさり倒れる。見ていると、時々人の上に倒れていったり・・危ないじゃん!

竹を切り倒し、枝を払い、竹を切り倒し、枝を払い・・・

普段のこぎりを使って何かを切るということをやらないから、新鮮。なるほど、こういう身体の動かし方もあるんだな。

暖かい日差しの中で、木々に囲まれた中で植物に触る。気持ちがいい。

テレビや新聞などで「豊かな里山づくり」ということを見聞きする機会があったものの、実際に参加するのは初めて。山も手入れが必要なんだな。自然のままに任せる、という方法もあるのだろうけど、人が間伐することで、日光が入り、明るい雑木林になる。樹木が育つ。動物が来る。こういうやり方もあるんだ。

心地よい汗をかき終了。これはまた参加してみたい行事だな。

お昼ごはんを食べ、平和公園をぶらぶら散歩しながら家に向かう。

F1000626  F1000627

猫ヶ洞池の周りの枝垂桜が満開。

花見客もたくさん。

 

 

そんな中をぶらぶら。

朝から自然の中にいたおかげで、耳が研ぎ澄まされていて、いろんな鳥の声が耳に入ってくる。

その中で、ささやくようなかすかな鳴き声が一本の木から聞こえてきた。

あまり聞きなれない声。なんでしょう?

目を凝らすと一羽の鳥が見えた。

なんだろう・・・?

「ツグミ?」

実は私は小さい頃、鳥類図鑑が大好きで、かなり長い間眺めていた。だから、民家の周りの鳥は大体頭に入っているのだ。ツグミってこんな色形の鳥じゃなかったっけ?

早速いきもの図鑑で調べてみた。正解。お~、さすが私!!

他にもいろんな鳥の名前の解説をしながら歩くから、驚き顔の夫。

どうだ、まいったか。

家に帰ってからもまだお手入れ気分が残っていたから、そのままベランダの植物の手入れになぜか突入。

こちらも植え替えたり枝打ちしたり。ふー、豊かな1日だった。

さて、

・笹と竹の違いは?

・竹は1日で最大何センチ伸びる?

どうでしょう?

« 物持ち良すぎ | Main | ビリヤーニ »

Comments

鳥類図鑑、そんなに眺めてたっけ?
まったく知らなかった。
○○の子は○○だね。
さすがだ。

いろんな図鑑があるにはあるが、役に立ってたんだね。
昆虫図鑑、いまだに気持ち悪くて、人差し指と親指の先でしかページがめくれないけど・・・。

竹はタケノコができる。
笹はタケノコができない。
どうだ?

名前に「隈」が入っているオイラにとっては、
やっぱり「隈笹」のほうが好きです。
MS-IMEでは変換してくれませんが…(泣)

ちなみに「くまなく探す」などの「くま」も
「隈」でございます~☆


笹と竹の違いですが、
日本語学的な視点から述べると、
「ささ」には「小さい」っていう
意味があるので、
(「ささやか」、「ささやく」、「ささめ雪」など)
竹ほど大きく成長しない、みたいな意味合いが
こめられているのでは、と思います。

姉よ

蛾と蛇のページはなかなか強烈だった。

竹と笹の違い。
たけのこができるかできないかで違う
という答えが出てくるとは・・・。
さすがお姉さま。目からウロコ、衝撃受けた。

rutaさま

これまた言葉の違いから竹と笹の違いを分析?されるとは・・。さすがでございます。

で、正解は?

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7598/44651914

Listed below are links to weblogs that reference 里山保全:

« 物持ち良すぎ | Main | ビリヤーニ »