« April 2009 | Main | June 2009 »

ホタテカレー

2日間で3回目のカレー。

カレー好きにもほどがある!?ほっといて・・・。

さて、オーソドックスにルゥを使い、タマネギ、ジャガイモ、ニンジン、それから大きなホタテを入れたカレー。

というわけで煮込んでいる最中にホタテのエキスが出て、一口食べれば完全にホタテ味。

これは・・入れすぎか?ホタテがでかすぎか?

ま、これはこれで、ありな味。

F1000760

れんこんカレー

副菜としてのカレー。

レンコンにクミンの味が絡み付いて、そしてとろみがある。

レンコンがあったから作ったということらしい。

が、これでも十分メインになるな。

ターメリックの黄色がカレーっぽい。

いやいや、これも美味。

F1000759

パラクチキンカレー

ほうれん草をペーストにしたカレー。

ミキサーがなかなかうまく回ってくれず四苦八苦。

しかし、ほうれん草の味とトマトの酸味と、いろんなスパイスの味が複雑に混じりあっているのだけど、これはうまい!

そんなに辛くないし、くどくないからたくさん食べれる。

F1000757

平日休み

夫が金曜日に休みを取った。仕事が忙しいので平日休みなんてかなり珍しい。

さ、平日だからこそ行けるところに行き、やれることをしましょう。

と片づけをしたり、なんだかんだ言っている間に既に昼も過ぎ・・・。

午前中があっと今に過ぎてしまった。

やっと15時に引きこもりを終了し、ブックオフへ。要らない本(夫の分)を大量に売った。

それから覚王山へ。以前から行きたいと思っていた

庭園ギャラリー いち倫

へお茶をしに行ってきました。

F1000755  

 庭園

 

 

F1000756 

 

お抹茶

 

 

で和んでまいりました。ほわ~ん。

草もちがウリでもあるのですが、おいしい!!

蓬の味がしっかり出て、久々においしいと思える和菓子に出会えた。

次回はお着物で来るか?

そして夜は久々にジムへ。RAKUGOの番組に捕まってしまい、行くことができなかったあの日以来。

今回はプールで歩き、少し泳ぎ・・・30分ぐらい運動してそろそろ疲れてきたな、そろそろ終わりにしようかな~と思っていたところに、ウォーターエクササイズ開始。

これはやらなければ!

と参加したのだけど、既に身体が疲れている状態。しかもそんなところでバシャバシャと張り切ってやったため、終了と共にぐったり。

何とか家にたどり着いたものの、酸欠&貧血状態。

吐きたくなりそうな気分の悪さに襲われ、足を高くして横になったまま・・・・あっという間に意識なくなり、こまちが夜、せっせと走っていたのにも気づかず。。。。

そして何事もなかったかのように、すっきりと爽やかな朝!を迎えたのでした。

眠いものは眠い

4月末からの新習慣。朝の散歩。

これが気持ちいい。

近くの公園の中が、ちょっとした丘&林間になっているので、そこをぐるりと回ってくる。

鳥がにぎやかにさえずる。約25分。ちょうど良い距離。おかげで、すっきりとする。

しかし、このすっきりした気分を味わうまでが、自分との闘い。

・・・起きれない。眠い。眠い。眠い。不機嫌な私。

そして夫のひと言。

「どうする?今日はやめとくか?」

このひと言に負けて散歩できない日もある。

しかし、この眠気に負けると、懐が痛くなる仕組み。

ハイ。1日につき1000円、貯金箱に入れなければなりません。

GW明けの週は1週間サボったので、5000円札が吸い込まれていきました・・・。はぁ。

目覚ましと共にパッと起きて、ラジオ体操ができる友人がうらやましい。。。

昨日なんかは

「明日はちゃんと起きなきゃ!」

と暗示をかけすぎたのか、4時に目が覚めた!早すぎる。

そして睡眠1時間半の法則に外れてしまったため、今朝もまた、かなり闘った。

と言うわけで、夜更かしはあきまへん。

仕込み

この季節になると毎年やっているのがらっきょうの甘酢漬け。

今年も本日漬け込みました。

そして久々に梅酒も。きび砂糖で。

早く熟成しないかな~。

旅の味

F1000751  

 

ハスの実

 

 

F1000752  

 

緑豆

 

 

小豆にココナッツミルクのとろみをつけたものをかけて

F1000750  

 

チェー 

 

 

の完成です。ベトナムの味だ。ちょっとココナッツミルクかけすぎました。

またまたアクアパッツァ

久々にアクアパッツァ。

本日の魚はイサキです。

F1000748  

 

 

夫の実家からもらったグリンピースを玄米に炊き込んだグリンピースご飯とジャガイモのバター炒めローズマリー風味です。

アクアパッツァは我が家の味としてすっかり定着。安心して食べられる味です。

そして恒例の

F1000749  

 

完食っ!!

どこいった!?

今日一日が終わり、暗くなってから二人で帰宅。

二人とも気になっていたのが、朝出かける前に、枝しか残っていない木の芽から隣のキンカンの木に移しておいた長男幼虫(と勝手に命名した一番でかい幼虫)。

どっかに行ってしまってるんじゃないかという不安と、多分キンカン食べてるよ、という期待・願い。

懐中電灯をつけてベランダへ。

・・・いない!

次男幼虫(2番目に大きい幼虫)はいた。でも3男幼虫(まだ小さい幼虫)はいない。そして4男幼虫(キンカンの木にくっついていたお客様)はいた。

長男を探すがいない。懐中電灯で照らしまくるが、いない。

どこいった~??

夫と二人、目を皿のようにしてベランダを探す私たち。

アホだなぁ~と思うけど、心配だからしょうがない。

20分ぐらい探したけど見つからず・・・。

きっと今頃お隣の壁で蛹になっているよ、と自分に言い聞かせ(お隣はいいのか!?)、2男がキンカンを気に入ってくれることを願いつつ、しかし長男がどこで何しているのか、やっぱりちょっと心配な夜でございます。

インドラカレー改

と、夫が命名しろと言った。もとはネパールの人(インドラさん)に教えてもらった「チキンサグカレー」です。

今夜はサグ(青菜)なし。

ルーを使わずスパイスだけ合わせて作ってくれました。

F1000747  

 

 

 

辛すぎず、そして具の甘味と旨味、スパイスのスパイスたる味もちゃんと分かる。

今夜は激ウマでした♪

卵はみっつ。さて黄身いくつ?

朝ごはんにオムレツでも作ってもらおうかと、ボウルに卵を割った。

2人で3個使えば、コレステロールは気になるけど、食べるには満足な量。

調子良く、片手でポンポンポンと割って、、、ん?

黄身が多すぎるな。。。

F1000746

血が騒ぐ・・・

ETCを使って休日高速1000円。

とくると、我が家の出番?

GWは別な所へ行っていたから関係なかったけど、ここ数年、車旅行をしていない。

ん?東京往復したっけ?

いや、あれは行きも帰りも夜中しか走ってないから。泊まってないから旅ではない。

あっちこっちの温泉に立ち寄って、おいしいもの食べて岬を目指す

いーじゃん、いーじゃん!

と妄想の世界に住んでいる私・・・。

食糧難、去った。

毎日枝ばかりになっていく木の芽を見ていると、切なーくなってくる。

一番大きいのはそろそろ蛹になる頃だろうが、小さいのはまだまだ育ち盛りの大食漢。

家の主としては、見つけてしまった以上、そして愛着を持ってしまった以上、彼ら?彼女ら?を立派な蝶に育て上げなければならない!

と、私1人が勝手に鼻息荒くしているのですが、このまま飢えさせるのも忍びない。

と言うわけで、ホームセンターで買ってきてしまいました。

キンカンの木。

柑橘系も食べるから、これで当分大丈夫なはず。

しかし買う時に心配だったのが、殺虫剤がかかってないか、ということ。

キンカンの葉っぱ食べた途端に、

コロッコロッコロッ

ってのだけは避けたい。

うーん、どうだろ・・・。

と思って気がついた。ちゃんと誰か食べた形跡あるじゃん。なら大丈夫だろう。

キンカンの木、買ってしまいました。

そしてベランダに置いて気がついた。

お~、実が1個ついているじゃないか。

そして

お~、小さいお客様1匹発見。

・・・ま、いっか。葉っぱを食べても大丈夫って証明してくれた、ってことで養おう。

これって、エンドレス?

目のつけどころ

GW後に実家へ行った時に、姉から「ノギャル」の話を聞いた。

19歳で会社を立ち上げ、「ギャル社長」として成功していた人がすっぱり社長をやめ、今度は農業に向かっていると。かわいい服を着ている普通の女の子の格好で農業をする若い女性=「ノギャル」。そしてギャルを引き連れて田植えに行くってTVでやっていた、と。

へ~、すごい女の子がいたものだ。社長→農業ってすごいなぁ。「ギャル」と言うのがポイントだな。

とその時は思った。

そしたら夫が新聞の切抜きを持って帰ってきた。

藤田志穂さんという方。

これからもどんどん新しい視線で、人よりも時代よりも前へ前へと進んでいくだろう、と思わせる何かを持っている人。天性だろうよ。

そして、先を見る目を持っているってのもあるけど、

何かを始める=いつか辞める時が来る

ってことで、『辞める』時期もちゃんと分かってるんだろうな~と思う。

成功すると

「もうちょっと・・・もうちょっと・・・」

ってしがみつきたくなるものだけど、彼女のように『辞め時』を分かっている人って、強い、と思う。

食糧難

いやいや、我が家のベランダの話です、あしからず。

昨日のアゲハチョウの幼虫。

黒くトリフンのような形状だった一匹が今朝、緑色になった。早朝に夫が見た時にはまだ黒と緑の中間の色だったらしい。が、数時間で真緑に。

F1000745

変色するのだとばかり思っていたのだけど、よくよく見るとおしりの方に黒くてしわしわしたものがくっついている。皮だな、これ。

黒→緑に変色する時は脱皮が起こっていたんだ。脱皮があるってことを忘れていた。

さて、アゲハチョウたちの主食なのですが、木の芽。

しかし高さ20センチぐらいのものばかりなので、食い尽くすのは時間の問題。実際今日も、1本が丸裸に・・・。そして丸裸の木についていた小と大の幼虫。まず小が動き始めた。が、なかなか隣の木の芽に移動できない。植木鉢の周りをぐるぐるぐるぐる回っているだけ。仕方がないなぁ~。棒を使って移動に協力。

さて、大のほう。じっとしている・・・。動く気配なし。しばらく放っておこう。

しばらく放っておいて数時間後見に行った。

いない!!

移動予定先の木の芽にもいない。。。

いないぞいないぞ、どこ行った?

踏み潰しては大変だ。ベランダの隅から隅までじーっと探す。でもいない。

お隣さんに入っちゃったかな。下に落ちたかな。鳥が持っていったのかな。

などなど色々考えるが見つからない。

あ~あ、いなくなっちゃった・・・

とちょっとがっかりした気分でベランダの床を見ると、点・・・点・・・・点・・・・・と幼虫のウン○がおちていた。おや??その先をたどるとミニトマトへ。

ん??とトマトの枝を見上げていったら、いたっ!!

いたぞいたぞ!ミニトマトの支柱でじっとしている。仕方がないので木の枝で木の芽を移動。移動終了した瞬間にむしゃむしゃと食い始めた。腹減ってたのか。

木の芽からミニトマトまで1メートル半ぐらいある。せっせと歩いたらしい、そりゃ腹も減るわ。しかし食欲旺盛。この調子では残りの葉っぱはあっという間になくなるだろうな。

うー、どうしよう。柑橘系の葉っぱ、どこかにないか?このままでは養えない・・・。

成長を見守る

我が家のベランダは今緑だらけ。ご紹介。

F1000728

バジル 

F1000729

パセリ 

 

F1000735

ミント   

 

 

 

 F1000732 

ケレベラ(私と同じぐらいの大きさ)

F1000733

モンステラ

 

 

F1000734

 

モンステラとポトスの水栽培中

F1000743

ポトス本体 

 

F1000736 

 ミニトマト 

 F1000738 

実がついています。今年は収穫十分か?

 

F1000737 

ジャガイモ。台所で目をすくすくと出していたイモを、夫がこっそりプランターの上に並べた。それに私がこっそり土をかけたら、こうなった・・・。 

 

F1000739

そして木の芽。

スーパーでたけのこと一緒に買ってきたもの。

で、お客さん発見。大中小揃っております。苦手な人は見ないほうがいいかも・・。

F1000740_2

アゲハチョウの幼虫です。

昨日までやや緑がかりはじめてはいたのですが、黒かった。すると今朝、一気に黄緑!!見るたびに大きくなる。今日は思わず観察してしまった。

F1000741_2

そしてさらにお客さん。

トリフンに化けてます。 

F1000742_2

さらに小さいの発見。最初は葉っぱに乗るぐらいの大きさだったのに、ずんずんでかくなる~。

木の芽、足りないよなぁ・・・。どうしよう。

新型

新型インフルの感染者が今日は何人、こういう対応はどうなんだ、など毎日というより毎回ニュースで取り上げられておりますが・・・難しい話はよく分からない。専門家におまかせします。

分かるのは、感染したくないということ。

マスク売り切れが続出、という報道があり、マスクの人があふれている都市がある、という報道があり、学校が休みになった子ども達が暇だから街に遊びに来ている、という報道があり、どれに対しても肯定否定の意見があり。

ただしGW前の「新型インフルエンザ流行し始めた」と聞いたあの緊張感は、今の私には、ない。

名古屋で感染者が出るのは時間の問題だろうし、季節性インフルと同じ対応でよし、という意見をあちこちで聞いているから?

マスク姿が奇妙だという人もいる。日本人は神経質になりすぎだという人もいる。

確かに不気味。日本人の性格をよく表す行動だと思う。

しかし!冬のインフルエンザ流行ってる時期にマスクして外出していないか?私はしてるぞ。

ただ非常に興味深いのが、感染が広がっていく様子がタイムリーに見れるということ。季節性のものだと、新聞を見て

「学級閉鎖が増えてきたな~」

とか

「電車でマスクしてる人多いな」

ということで流行ってることがわかる。でもどうやって広がっていくのかは、正直わからない。

今回のように1人2人単位の感染でも報道されるから、じわじわと広がっていく様子が見えて生々しい。

そのうち「私、新型インフルになりました!」なんて武勇伝のようなブログがあちこちで見られるようになるんだろうな。

というわけで、どっちにしろインフルにはなりたくないので、必須のマスクを買いに行ってきた。

ドラッグストアはWポイントデーということもあったのだけど、駐車場がいっぱい。そして店内のマスクコーナーにも人がいっぱい・・・。むむむ。

鳥肌の立つカレー

「夫の」手作りシリーズではなく、私の作った晩御飯。

今日の晩御飯はかなり手抜きをしてレトルトカレー&なんちゃってナン+その他。

さてこのレトルトカレーなのだけど、少し前に買ってきて引き出しにしまっておいたもの。

その名も“鳥肌の立つカレー

今日はキーマカレーを食べたのだけど・・・辛いっ!!!

レトルトでここまで辛いのは初めてです。

しかし夫は、

「辛いけれど、これは味もしっかりあっておいしい!」

と絶賛。私は辛いばかりで味が全く判別できず。喉が痛い~~!!

チキンカレーがまだ家にあります。これも辛いんだろうな。

ぜひ一度お試しください。

思わず予定変更

今夜はジムに行くつもりで、夜ご飯も早々に千種のピピンパ屋さんで済ませて帰宅。

7時半に出発!と言っていたのだけど、なんだかんだ~としているうちに15分経過。

そろそろ出るか、と思っていた矢先にNHKのBSで

“決戦!落語家サバイバル”

なんて番組がたまたま始まってしまった。

「落語」なんてタイトルがついた時点で当然

なんだなんだ?

と興味を持つのだけど、なんとまあ、柳家喬太郎さんが出るではないか。

柳家喬太郎と言えば、我が家では大絶賛の噺家さん。人をグイグイと引き込んでいく力はすごいと思う。なんと言ってもマクラ!ほんまにおもろいのです。去年独演会に行き、今度の7月にもまた名古屋に来るので独演会を見に行く予定。そこまでのめりこんでいる方なのです。

さてこの番組、タイトルからして落語で競いあうのがわかるのだけど、落語のネタで勝負ではなく、落語のネタの前ふり部分の「マクラ」がどれだけ面白いか、で競うという不思議な番組。

そんな~、マクラで勝負なんて言ったら、当然喬太郎さんではないか!!

ジムに行かなきゃ!

でも、喬太郎も見たい!

と複雑な心境で、それでもテレビを見ていたら、すっかりジャージに着替えた夫が登場。

そして、一緒に座り込んでテレビに見入る・・・。

結局は喬太郎さんの勝利で終わったのだけど、番組終了と共にジムも営業終了。

玄関にむなしく残るスポーツバッグ。そしてジャージの夫。

歩きに行こうにも外は雨。。。

あらま~、運動できなかった。これも落語とのめぐりあわせさ。

ヤンキーバナナ?

旅行で自分達用に買ってきたお土産の1つにモンキーバナナの飾りがあります。

カンボジアで乗っていた車のルームミラーにぶら下げられていた。

夫がいたくお気に召した。そして同じものを最終日にマーケットで発見。ただし、手持ちは1ドルのみ。これ本当の話。

しかし、値段交渉決裂・・・。

残念ながら1ドルにしてくれなかった・・・。なので泣く泣くあきらめた。

と思ったら、なんと空港で発見!しかも空港使用料を払わなければならなかったため、ドルに換金したばかり。手持ち金はある!

ということで、迷うことなくお買い上げ。

あああ、さっきのマーケットでお金を持っていれば・・・と悔やまれたのだけど、まぁ、100円の違い。

そして帰国後、早速我が家の車のルームミラーにぶら下げられた。

基本、うちの車はシンプル。飾り物は置かれていない。

F1000723 そこにこのモンキーバナナの塊。手でせっせと縫われているなぁ。

と横目で見つつ、最初はかなり視野に飛び込んで邪魔だったのだけど、すぐに慣れた。

しかし、これを見た姉にひと言。

「若い子達が車にぶら下げてる、レイみたいじゃない?」

・・・やはりそう思ったか。実は私もちょっとそう思っていたのだ。

エンジンはブンブンしてません。

女性の美しさ

「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」

女性の美しさ(内面含む)を表すことわざですね。

そうなりたいものだ。

リアルな私を知ってる皆さまからは“ムリムリコール”が起こりそうですが・・・。

さて、実家でもらってきた芍薬とアヤメ。

F1000725

きれいに咲きました。

全部、猫。

地下鉄に乗った。

第一印象。

やけに落ち着いた雰囲気の車内だな・・・。

最初はなぜそう思ったのか分からなかったのだけど、車内を見ていて気づいた。

広告が全て1社だけ。だから雰囲気が統一されている→落ち着いていると感じた。

しかしその広告・・・キャットフードの広告。。。高級キャットフードの、お猫様のご飯の広告。。。

ありなのか?

世間を見ると今は猫よりも犬が多いように思う。猫を散歩に連れ出す人が少ないから、目に付かないというだけでそういう印象を持ってしまってるのかもしれないが。

しかし・・・

一編成分の広告料を払っても、そんなに効果があるとは思えないのだけど。

余計なお世話?

コミュニケーション

本日は夫の会社のイベントに参加してきました。

従業員同士のコミュニケーションを図ろうという狙いか?

私自身、会社のイベントに参加することが多い。また、夫の同僚宅を訪問したり、以前社宅に住んでいたこともあることから、元社員でもなんでもない妻にしては、夫の職場の人を知っているのだと思う。

さて本日のイベントだが、大きなホールを借り切って室内運動会、模擬店、ドアラにシャオロン&パオロン、そしてナイツのライブ。

F1000722  

 

 

 

予想以上にたくさんの人でびっくり。けっこう参加するんやなぁ。

久々に会った人や、名前だけ知っている人、それから夫の上司など、たくさんの人にお目にかかった。顔と名前は覚えておかないと!!

さて室内運動会。夫は大縄跳びに参加していた。

参加者の息が全然合わなくて、そんなにたくさん飛ぶこともないだろう。だから楽に違いない

という夫の思惑に反して、回す人が上手だったのか、飛ぶ人が元気な人ばかりだったのか、夫のチームは計102回もぴょんぴょこぴょんぴょこと飛んでいた。

準備運動も何もしていなかったから、終わってから足がガクガク・・・。車を運転して帰れる状態ではなくなったらしい。

今どき運動会なんていつの時代の会社?ってなイベントだけど、いろんな人に会えたし、お弁当も食べれたし、パステルのプリンも食べれたしこれはこれで楽しかった。

お疲れさまです。

ざっと紹介

Photo_6  忘れないうちに、ざっと今回の旅の紹介を。

近場はトゥクトゥクで移動しました。

土ぼこりの立つ町中だけど、このトゥクトゥクの風が気持ちいい。

通常は完全オープン。雨が降ってきた時だけ幌を下ろします。便利。

さて、ほとんどカンボジア・シェムリアップの写真。

アンコール・トム=大きな町という意味。バイヨン寺院を中心に王宮などがあります。

Photo アンコール・トムの入口、南大門。

観光客用の象さん&後ろのほうにはトゥクトゥク。

 

Photo_2 バイヨン寺院。

塔に彫られた顔がずらずらずら、と並んでいるの見えますか?

 

Photo_3 バイヨンの回廊のレリーフはすごく細かくてびっくり。

物語になっています。

 

Photo_4 こちらは有名なアンコール・ワット。

本格的な雨期に入れば、もっと水かさが増してきれいに映るんだろうな。

  

Photo_3 

バンテ・アイクデイ。

東西に通路がまっすぐに伸びています。

Photo_4 

犬、昼寝中。

Photo_5 タ・プローム。

木が・・・溶けてる!?

Photo_6 次はバンテ・アイスレイへ向かいます。

シェムリアップ郊外の景色。

ココナッツの木が並んでおります。南国だ。

 

Photo_7

途中の村の家。高床式で、一階部分に車が入れてあったり、ハンモックを吊るして寝ている人がいたり。気持ち良さそう。

 

Photo_5 シェムリアップから車で1時間ぐらい行った場所にあるバンテ・アイスレイ。

アンコール・トムやアンコール・ワットなどと使ってある石の種類が違うため、色がきれいです。

 

Photo_8最終日に行ったベンメリア。

シェムリアップから車で1時間半。

まだ発見されてそんなに時間が経っていないため、全く修復されていない。ジャングルの中に埋もれた、まさに廃墟。

「天空の城ラピュタ」はきっとこんな雰囲気に違いない。

Photo_9

同じくベンメリア。

遺跡から木が生えて、木に支配されているように見える。

Photo ベンメリアのナーガ。

ナーガは蛇の神様。

頭はコブラ、尻尾は蛇。あちこちの欄干で使われているのだけど、ここベンメリアのナーガの保存状態は大変いいということで有名。

 

 

Photo_7 市民の足、ピックアップトラック。

30人近く乗れるそう。一番安い席は屋根の上だそうです。

Photo_8 よく運転できるなぁ・・・。

 

Photo_9 所変わって、ホーチミンです。

バイク渋滞中。

サングラス+マスクの人が多くて、日本のゾクっぽいけどみんな一般人。

まぁ、ざっとこんな感じですかね。

あ、食べ物。

かなり食いました。それはまたいずれ。

休暇

GW旅行から本日帰ってきました。ただいま。

今回はカンボジア&ベトナムを回ってきました。

出発まではなんとなく

メイン:ホーチミン サブ:カンボジア遺跡

な気分だったのだけど、よくよく日程を見たら

メイン:カンボジア遺跡 サブ:ホーチミン

でした。

休みとフライトの関係で

名古屋→台北(乗継)→ホーチミン→シェムリアップ→ホーチミン→台北(乗継)→名古屋

という無駄な動きが多かった。飛行機の離発着が計6回。

アンコールワット・アンコールトムをはじめとする遺跡たちは、本当に素晴らしかったです。また行きたいな。

ベトナムはバイクの群れに圧倒されました。

旅行記についてはまた後日。

« April 2009 | Main | June 2009 »