« September 2009 | Main | November 2009 »

懐かし~~!

あまりテレビを見ない私ですが、たまたま見たCMが

『幸せってナンだっけ ナンだっけ』

のフレーズが印象的な、キッコーマンのCM。しかもさんまさんではないか。

おおおお、懐かしい~~~!!!

と叫んでしまった。

ってところで、

これ、懐かしいって思う時点で・・・年食ったってことだなぁ、、、

とちょいと切なくなってしまったのでした・・・。

突進

最近よくやってしまうこと。

エスカレーターに乗るときに、違う方向のエスカレーターに突進してしまう。

上に行こうとしたら人が上から下りてきた、とか

下に行こうとしたら人が下から上がってきた、とか。

いつも直前で気づいてびびる。

そのうちやらかす気がするわ。

喪うこと 残すこと

急性骨髄性白血病で闘病中だった義弟ですが、10月19日午前3時過ぎに亡くなりました。

私のブログを通じて義弟ブログを見ていただいていた方が何人もいらっしゃって、事あるごとに励ましの言葉をいただいていたので、こんなご報告になってしまったのが大変残念です・・・。

昨日(24日)、やっと告別式が終わりました。

親戚の方々や、会社関係の方、たくさんのご友人の方にご会葬いただきました。

遠方からもたくさんの方にお越しいただきました。本当にありがとうございました。

あまりの多さに葬儀屋さんが目を丸くしてました。

年配の方が亡くなった時も悲しくつらい思いをするのですが、今回は夫の弟という、より近い存在で、しかもほぼ同年代というのが、今までになくつらかった。

3年前に結婚し、1年4ヶ月前に発病。結婚生活の半分近くを病院で過ごし、9ヶ月前に生まれた我が子に会うことはもちろん、抱くこともままならず。でも治してやる、生きてやる、家に帰るんだという気持ちが彼を支えていた。私達が面会に行く時にはいつも、行く時間に合わせて薬を飲み、体調を整えて迎えてくれるほど気を遣っていた。根っからの体育会系のため上下関係に厳しく、そのため?義理の姉である私に対してはずーっと「~ですよね」と敬語が抜けなかったな。

闘病中の出来事があまりにもインパクト強すぎて、その1年4ヶ月が義弟の全てだと思ってしまうのだけど、その前に1年7ヶ月の普通の結婚生活があって、さらにその前には社会人の生活があって、学生時代があって、子ども時代があって・・・それをひっくるめた32年が義弟の生きた日々だったのだな。

お通夜や告別式に来ていただいたご友人や職場の方々、いろんな人から話を伺って、そう強く思った。だから、この闘病中は私には全く想像もできない辛く悩んだ日ばかりだっただろうけど、闘病前は楽しく充実した日がたくさんあったに違いない。いい仲間に囲まれて幸せだったんだろうな、たくさんの人に支えられていたんだな。彼のことを思って涙を流す多くの人を見てそんなことを思いました。

この10日間、名古屋と東京を4往復しました。

一番辛いのに気丈に明るく振舞う奥様と純真な子どもの笑顔に逆に救われました。

この一週間、家族でいろいろ考え、たくさん泣いてたくさん食べてたくさん笑い、そしてまた泣きました。いったい今が何日で何曜日なのかいまだわからず、ボーっとした状態だけど、明日からは夫も私も社会復帰です。

今までと変わらぬ日常を送るのが義弟への供養だと。

そして夫の上司が30以上の香典を携えお通夜に来てくださり、また夫と高校以来ずっと同じ進路を歩む同期が、車を飛ばして名古屋から告別式のために駆けつけてくれた。私の姉や兄も来てくれた。

私達もまた周りの方達に支えられているんだとあらためて気づきました。だからまだあまり元気がない私達だけど、大丈夫。

文章にまとめるにはまだまだ気持ちの整理がつかないのだけど、とりあえずご報告でした。

気持ちが落ち着いてきたら、またぼちぼち義弟のことについて書こうかな。

林家たい平独演会

久々の独演会。今回は笑点でおなじみのたい平さんです。

仕事でいけない夫に代わり、落語初体験の友と行ってまいりました。

今まで独演会と言う名前であっても、弟子や弟弟子を前座に出す人が多かったのだけど、今回はたい平さん1人で3ネタ。

「二番煎じ」

「長短」

(お仲入り)

「らくだ」

でした。安心してみていられる落語をしてくれるんだな~と思いました。

さて、落語初体験の友でしたが、頑張って聞いてました。

「いや~、面白かったわぁ。聞きに来てはる人たちも面白いね」

さすが。目のつけどころが違う。

でも初めての落語が分かりやすいネタで良かったと思いました。

いつの間にか

googleのストリートビュー、名古屋エリアが始まっていたんですね。

早速自分の家をチェックしてみる。

おおお、ちゃんと写ってるな。車は・・・ナイ。外出中らしい。

次、実家。ふむ、しっかり見える。

次、姉の家。お、ご自慢の車がちゃんと見える。

次、夫の実家。・・・う、、、ウナギ屋までしか見えない。家までたどり着けない。残念。

ということで楽しんでいたのだけど、思い出した!!

ちょうど一年前、私、実家から帰る途中でストリートビューの撮影車を見たのでした。

確か、あの場所・・・。

記憶を頼りに探してみたら、どんぴしゃり。見事に私の車、どどーん、と写ってました。

「写ってることもすごいけど、覚えてたこともすげー」

と夫に褒められてしまった。確かにそうかも。

間違い電話

半年に一度、消防点検がある。家の中の火災報知機チェックで、管理会社の人が入ってくる。

昨日は半年ぶりの点検の日。玄関でピンポーン♪と鳴ったから、鍵を開けに出た。

「よろしくおねがいします」

と管理会社の人が入ってきたのと同時に家の電話が鳴った。でも、私が玄関で対応中だったため出れず。切れた。

どーせ、家の電話にかけてくるのは勧誘か何かがほとんど。必要があればみな、私の携帯にかけてくるから、ま、いいや。

管理会社の人が台所の警報機をチェック。ウーウーと鳴り始める。

「はい、OKです。サインもらえますか?」

はいはい、ここですね。

「お邪魔しました」

と管理会社の人が出て行こうとしたところで、再び電話が鳴る。

なんだよ、もうっ。

私「もしもし・・・?」

男「あ、間違えました」

おいおい、間違い電話かいな。玄関を見ると、もう管理会社の人の姿が見えなくなるところ。

私「ありがとうございました」

そしたら再び、電話が鳴る。

んんん!!!また間違い電話か!?

私「もしもし!?」

男「あれ?・・・あの、○○ですけど・・・」

間違い電話男の正体は、夫でした。携帯を忘れたということだったらしい。

なんでも、私の声が違う人に聞こえたらしい。まぁ、そうだろな、1回目はかなり不審げにでてるから。それにしても妻の声を聞き分けれないとは、どういうことだ!

ちなみに自宅の電話に出るときは名乗ってません。マナー違反だけど、勧誘電話を見抜くには有効。

かすていらサイダー

こんな飲み物を見つけてしまいました・・・。

F1000934  

かすていらサイダー

 

 

 

基本、なんでも食べます、飲みます。

海外行っても、屋台で腹を壊すことを恐れることなく、なんでもチャレンジします。

新製品発売されると、とりあえず手にとって見ます。

というわけで、本日友達と雑貨屋さんにて見つけたシロモノです。

うーん、うーん、これはなんだ!?

なんでかすていらをサイダーにしてしまったんだ?

とりあえず1箱(2本入り)を購入。そして友達の家で開栓!

くんくんくん・・・

においをかいでみる。

うぇぇぇぇ、な、なんだ、この甘いニオイは!!

試しにもう一度、かいでみる。

うぇぇぇぇ。。。やっぱり甘すぎる!

思いきってひとくち。ゴクリ。。。

????  ん??    うわっ、なんじゃこりゃ!

タマゴのような、カスタードのようなあまーい味。

う~、かすていら、か?いや、違うな。

ゴクリ。。。。

うぇぇぇぇ、甘い~~~。

友「シュークリームだと思って飲んでみたら?」

よし、そうしよう。ゴクリ。。。。

(これはシュークリームだ、シュークリームだ)

うぇぇぇぇ。シュークリームじゃないよぉ。

私「溶けたバニラアイスだと思って飲んでみたら?」

よし、そうしよう。友、ゴクリ。。。。

(これは溶けたバニラアイス、溶けたバニラアイス)

友「あ、バニラアイスだ!」

・・・というわけで、このかすていらサイダー、溶けたバニラアイスのような味や香りだと思ってください。

どっちにしろ、身体に大変良くなさそうな気がします。。。。

風か雨で移動したもの

台風の進路の左側だったので、今回の台風は、気圧のわりに名古屋はそこまでの強さを感じなかった、ってのが個人的な感想。

しかし、、、あちこちで大変なことになってますね。

我が家は比較的地面に近いところで暮らしているので、風で揺れを感じるということもなかったので落ち着いていました。

さて、朝。昨夜の大雨を見て夫に思わず

「明日の朝、送っていってあげるわ。」

「どこまで?」

「会社まで」

と約束してしまったのだけど、冷静に考えれば地下鉄は動いている。しかしここで、

「風もそんなに強くないし、いつもどおりいってらっしゃい!」

となれば約束を破ることになるではないか。

ちょっと街の様子も見たいと思ったので、約束どおり夫を会社まで乗せていった。

行く道々、所々で細い枝が折れていたり、明け方は水浸しになっていたんだろうと想像できる落ち葉の跡などが見られたのだけど、名古屋の街も意外に落ち着いているではないか。

時々可燃ごみの袋が道路中央に落ちていたりしたのだけど・・・。誰だ!こんな台風が来るってわかってる日に、夜中にゴミを出す人は!!

一箇所、大きな水溜りができて車が通るたびに水しぶきが上がっている場所があったのだけど、バイクで巡回中のお巡りさんが素手で排水溝の落ち葉を取り除いていた。お仕事お疲れ様です♪

夫を下ろして10分後にもう一度通ったらすっかり水溜まりはなくなり、お巡りさんは通りがかったおばあさんと話をしている最中だった。ありがとう!

さて、今日一日あちこち車で行ったのだけど、風か雨で移動してしまったと感じたものがあった。

名前はなんていうんだ・・・?

道路から車庫に車を入れる際にスムーズに入れるように段差を解消する、あれ。

車庫の前の道路にちょい、と置いておくあの扇形をしたやつ。

あれが微妙に道路にゆがんではみ出していたり、絶対にそんなところでは使わないだろう、というところにあったり、時には道路の真ん中に転がっていたりした。

まさかそれが移動するとまでは予想できなかったんだろうな・・・。

強い台風の時には予想外のものが移動する、ということがよくわかった。

ポン~とする

大きな台風ですね。

夫を会社近くのイオンでピックアップし、土砂降りの中を車で走っていたら、急に耳が

ポンっ

と痛くなった。

新幹線がトンネル入った時に感じる、飛行機が上昇する時に感じる、風邪を引いた時に感じる、あのポンっ。

台風接近で気圧が下がってきてるからか?

ポンっとなって以来、まだなんとなく耳が変だ。気持ち悪い。。。

どんなのができあがる?

小龍包の千切り生姜を見て、ふと思った。

「お弁当箱の手遊び歌に“刻みしょうが”ってあるけど、いったいどんなべんとうができるんだ!?」

お弁当箱の手遊び歌、と言えば

これっくらいの おべんとばこに おにぎりおにぎり ちょいと詰めて

きざ~みしょうがに ごましおパッパッ 

にんじんさん しいたけさん ごぼうさん あなーのあいたれんこんさん

すじのとおったふ~き♪

※地方によりかなりいろんなバージョンがあります※

でだ。この“きざ~みしょうが”に“ごましお”はいったいどこにふるんだ?という疑問がむくむくと湧いてきたのだ。

ちょいと詰めたおにぎりにパッパとふるのか?

そして、

にんじん しいたけ ごぼう れんこん ふき

はいったいどんな状態で入れられてるのか?煮物?だとしたら、すごい渋い弁当だよな。。。

ちなみに同じリズムでサンドイッチの手遊びもあります。

これっくらいの おべんと箱に サンドイッチサンドイッチ ちょいと詰めて

から~しバターに 粉チーズ パッパッ

いちごーさん さくらんぼさん きゅうりさん あなーのあいたマカロニさん

すじのとおったベーコン♪

です。

これまたどんな弁当になるのやら・・・。

さ、やってみましょうか。

日本人は律儀だ、と思う。

もう年末だね~、一年早いね~

というフレーズを今日一日で何回聞いたのか。今日は10月1日。

そして衣替えの日です。

今日から街中の景色が一変。昨日まで白いワイシャツ姿が目に入ってきたのだけど、背広&ネクタイ姿の男性ばかりになり、夏→秋・冬物へ一気に進んだ。

ほんとうに日本人って面白い。

制服時代からの名残なのか、10月1日と6月1日には夏⇔冬のチェンジをしなければ!という気になってしまう。温暖化、だとか二酸化炭素減らす、とかっていうのなら、その日の気温に合わせて、ビジネス場面の服装はもっと自由でいいのじゃないか、とも思う。

夫に夏でも長袖着させる人が言うな!と怒られそうだが。

夫の職場では男性陣は「ネクタイがきつい、苦しい」と言ってるのだそうだ。

なら、会社自体がオールシーズンノーネクタイを貫けばいいのじゃないか?

「うちの会社はオールシーズンノーネクタイです、ご了承ください」とひとこと、宣言すれば楽になると思うんだけどな。保守的な会社だから、無理か。

« September 2009 | Main | November 2009 »