« October 2009 | Main | December 2009 »

鼻ちょうちん

寝ている時に夫が私の鼻に石けんを塗りたくり、鼻をあわあわにした。だから鼻で息をするたびに鼻ちょうちんができる。。。

おお~、鼻ちょうちんって本当にできるんや~!!

と感心しながら、鼻ちょうちんができることが面白くて思いっきり笑ったら、自分の笑い声で目が覚めた。そして寝ながら大笑いしている私をびびりながら見ている夫の顔。

あれ?夢だったの??やけにリアルな・・・。

鼻の頭が泡だらけになっているような気がしたのだけど、何もついてない。

そんないたずらをやりかねない夫なので、本当に石けんを塗っていたのじゃないかとしばらく疑っていたのだけど。 

 

 

というわけで、夢は夢でも、今回は寝ている時に見る夢のほう。

夢を見ることが少ないです。いや、見てるんだろうけど覚えていない。これは幸せなのかも。物音とかには敏感で、すぐに目が覚めるため、決して泥のように眠っているわけでもない。

そんな私が久々に見た夢が鼻ちょうちんの夢だったわけで。

楽しい夢でよかった。

いや、マジでリアルだった。

七七日

この前の週末、無事義弟の七七日が終わりました。

気づけば明日から12月。怒涛の10月11月だった・・・、早かったなぁ。

今まで馴染んでいたやり方とは全く違うことが多く、それに戸惑ってばかりだった。お経をあげに来るお坊さんも派遣されてるから毎回違うし。お坊さん比べができてしまったわ。哲学的なことを言うお坊さんもいれば、ビジネスライクにお経をあげ、「次がありますので」とさっさと帰るお坊さんもいたり。ちなみに七七日の時のお坊さんは、乗ってきた車がパンクしたというオマケ付き。なんなんだ。

さて、10月の2週間で新幹線4往復×2人分を一気にやってしまったせいで、貧乏になってしまった私達。そのあとの法要へは一転、車移動を強行したため、かなりハードな、それこそ修行のような週末を4回送ったのでした。

ETC片道1000円+αはありがたいけど、うちの車、ガソリン代10000円ぐらいかかるし。時間もかかるし。そりゃ疲れたさ。

午前2時~3時半ぐらいに名古屋を出発し、途中1時間半ぐらい仮眠をとり、東京へ。七日ごとの法要に出て即とんぼ返り。夜10時~11時ごろ家に帰る。翌日から仕事。

数年前、車で秋田まで一日で走った。あれもたいがいキツイ行程だけど、あの時は旅。今回は法要ということで、わくわく度が全然違う。車で東京日帰り800キロはきついです。お金で時間を買って新幹線で行くか、時間はかかっても安い高速で行くか・・・。

夫は終電帰りするような忙しい毎日を送り、そんな日々がまだまだ続きそうなので、ゆっくり悲しんでるヒマがない。頑張ってるけど結構ダメージ受けてるな。しかし周囲の皆さんからは励ましの言葉等々いただき、ありがたいことでございます。

 

明日から12月。

とりあえず気持ちをリセットして、リスタート。私たちらしく、また前を向いて歩き始めようと思います。

というわけで、忘年会。

あ、大掃除もしなあきまへんな。

稚魚

秋だというのに、メダカが卵を産んでおります。

先日水換えをしていた時に、水草を見ると、つぶつぶつぶつぶ・・・うわっタマゴじゃん。

すっかり今期の出産は終了だと思っていたので、かなりびびりました。

そして、本日4匹孵化。

よちよち泳いでます。

あと何匹孵化するのか?卵はかなりたくさんあるのだけど。

そして、ホトスケたち、ホトケドジョウの睡蓮鉢をのぞくと、なんとこちらにも小さなホトケドジョウが・・・!

10匹ぐらいいるでしょうか。

ホトケドジョウの出産は夏だと聞いていて、夏には何事も起こらなかったから油断していた。

1センチぐらいのがちょこちょこしてました。

いやぁ、びっくりした。水温がちょうどいいんですね。

大きくなるかな~。

紅葉狩り

そういえば、一週間前に両親と姉とで紅葉狩りをしてきたのでした。

岐阜県美濃市の大矢田神社。大矢田もみじ谷で有名なのだそうです。

あまり人混みが得意ではないので、わざわざ紅葉狩りや花見などには出かけない性質なのですが・・・。

F1000981  

 

 

 

 

F1000979  

 

 

 

 

F1000983  

 

 

 

 

F1000988  

 

 

 

紅葉はまだまだ楽しめそうです。

そして、グルメな姉に連れられて郡上八幡へ。

F1000990  

 

 

 

 

おいしいランチをしてきました。

親子4人、のんびりドライブでした。

比率が変

F1000991 みかんです。

買ってきました。

初物。これで75日寿命が延びました。

 

 

F1000992 りんごです。

これも近所のスーパーで買ってきました。

 

 

 

F1000993 柿です。

夫の実家産です。

 

 

 

F1000994 梨です。

いただきものです。

 

 

 

F1000995 4つ並べてみました。

 

 

 

・・・どう見ても、梨がでかすぎ!!

ハンドボールぐらいあります。

水分は多いのですが、味は、残念なことに大味。やっぱり普通サイズがよろし。

そんなに似てるのか!?

この2週間、立て続けに人から

「きょうだいかと思った」

とか

「ほんっと、よく似てるわね。そっくり」

と言われました。

似てる相手が姉と、となら納得なのですが、なぜか夫と。

うーむ。。。

いや、確かに結婚前から言われてました。

出演依頼のお手伝いに行った時には

「兄妹ですか?」

と聞かれ、面白いのでそのまま

「はい、そうなんです~」

とウソをついてみたこともあったのですが。

それよりもなによりも、夫と私の兄がよく似ていると評判でして。まあ、私と兄が似ているから、私と似ている夫と兄がよく似ているといわれても不思議ではないのかもしれませんが・・・。

私達の結婚式の時、会場内をうろうろしている私の兄を見て、夫の親戚は

「なぜ新郎がこんな時間にうろうろしているんだ!?」

と疑問に思っていたらしい。数年前にはついに、夫の父が兄の背中に向かって

「おい」

と呼びかけていた。親までも間違えるのかい!しかも、この前の義弟の通夜の席でもやっぱり間違えて

「お~い」

と呼びかけてるし・・・。

だから、夫と兄が似ているって言われるのにはだいぶ慣れた。

が、久々に夫と私に向かって「兄妹」と言われると、う~~~む、と悩んでしまう。

そんなに似ているのか??

10年目突入

結婚して満9年経ち、10年目突入しました。

お互い忍耐強いというのか・・・目立った山も谷も特にないまま、あっという間に9年経過。

互いにまだお肌ぷりぷりだった10代の頃を知っているので、互いの顔を見て

「うーん、年食ってきたなぁ」

と思ってしまうのですが。

この1年もあっという間に過ぎるのでしょうねぇ。

名チャリ

最近気になる「名チャリ

名古屋の放置自転車を利用した自転車のレンタルシステム。現在社会実験中ということで、いつも利用するバス停の前にステーションがある。今日のようなこんな寒い日にもスタッフが待機していて。。。おつかれさまです。

最近はオフィス街でも時々、名チャリに乗ってるおじさんたちを目にするようになった。

街中をスイスイと動き回るにはなかなか便利なシステムだと思うよ。

登録してみるかな。

メッセナゴヤ2009

今年も行ってきました。メッセナゴヤ。

夫の会社が出展しているので、今年はどんな内容かな~、わかりやすいかな~と見に行くのと、他の企業がどんなことをテーマに掲げてやっているのか見に行くのですが、意外に楽しいのだ。

今年は夫の会社の内容は、私的には「わかりやすくっていいんじゃない?」な感じでした。

ちなみに姉の会社も出展しているため見て来ました。姉奮闘中。。。これまた楽しい雰囲気だった。グループ会社の超トップがたまたま偵察?に来ている時で、スタッフが見事にバタバタしている様子が笑えたのだが。

そのほかいろんなブースをのぞいて回ったのだけど、やっぱり「エコ」や「環境」をテーマにしているところが多い。ま、そうだわな。

たくさんある中で特に気になったのがカッコイイ電動自転車。一見すると折りたたみ自転車っぽいのだけど、もっとスタイリッシュ。あれは、売れるんじゃない?

それとシートベルトの大切さを体験できる車。時速5キロでぶつかったという想定なのだけど、それでもかなり衝撃大きい。

そして飲酒運転状態を体験できるゴーグル。つまりはダーツをやって点数に応じて景品プレゼント、なのだけど、ゴーグルなし状態で的に当たらなかった私。しかし、ゴーグルをして視覚が変な酩酊状態で、普通なら当たらないはずなのに見事当たり!反射材ゲットしてしまった。ブースの人、苦笑い。うーん。

そしてブース前でちょっと足を止めるとやってくるアンケート+パンフ+試供品。

やっぱりねー、飲み物・食べ物の試供品を配っているところは人が多い。

で、これが今回の戦利品。

F1000978  

 

 

 

 

ソフトドリンク2本、バスオイル・スキンクリーム、お茶、マスク、子ども免許証、お茶サービス券、マイボトル2本などなどその他たくさん。そして花炭・・・。

花炭はまつぼっくりやイガグリ、どんぐり、落花生などを炭にしてあるもの。これはちゃんとお買い上げしたのだけど、でも最終日、しかもほぼ終わりの時間帯だったので山盛りもらってしまった。

そんなんで、今回もかなり楽しませてもらいました。

あ、一番気になったもの。

F1000977  

 

 

 

 

都市鉱山ロボット。

なかなかいいじゃん。

でけた!!

3ヶ月弱でやっと完成。

F1000976  

 

 

 

 

長襦袢です。全て手縫い。

でもほぼ誤差なく作れたので、先生に「上出来上出来♪」と褒めてもらえました。

実は2枚目。すでにこの夏、浴衣を1枚縫い上げております。

私のずぼらさをご存知の方なら

和裁!?しかも手縫い!?まじで!?

って思うでしょうが、じつは和裁って袖周りとかのカーブなど、面倒な部分がほとんどなく、ひたすら並縫いってことも多いので、何も考えず、ひたすらチクチクチクチク・・・と縫い続けられるし、無心になれるし、で私に良くあってるようです。

さて次も長襦袢。

今度も長襦袢です。今回作ったのは春と秋の1ヶ月間ずつ着るもの。次作るのは冬の間中、しかも礼装としても使えるものということで、少しレベルアップです。

夫の着物も、姉の有松絞りの浴衣もできそうな気がしてきたぞ。

着付けにもだいぶ抵抗なくなってきたし、次は和のお稽古に手を出すか?

本当に必要なのか?

仕事帰り・・・

オフィス街を歩いていると向こうから全速力で自転車を漕いで来る男性1名。

上下スーツなのだけど、ニット帽+サングラス。

かなりのスピードで歩道を走ってくる。

あぶないな~

と思いながら避けたのだけど、ふと目に入ってきた自転車カゴにささってる荷物。

棒?

と思ったのだけど、よくよく見たら松葉杖。

あれだけスピードを出して漕げる脚力があるのだから必要ないように思えるんだけど・・・。

それとも誰かの忘れ物を届けに行こうとしてるのか??

どしゃぶり

いやはや、今朝の雨はひどかった・・・。

久々に雨の音で目が覚めた。

夫の出勤時間が見事に土砂降り時間帯だったため、優しい私は駅まで乗せていった。

帰り、マンホールからぴゅーーーっと噴水が。

うひょ~♪

ちなみに会社の人から聞いた話ですが、その人の家の前では、側溝のふたが流れて行ったとか・・・。

久々の大雨だなあと思ったのだけど、いやいやいやいや、つい最近、土砂降りの中、東名高速を走ったことを思い出した。

そんな前の話ではなかったな。

重箱の隅は何でつつく?

「重箱の隅をつつく」

ということわざがありますが、私は素直に

「細かいことを口うるさく言うこと」だ、と単に覚えておりましたが、えー、みなさんの中には、いったい何でつつくのか、なーんて考える人もいらっしゃったのでしょうか。

私は全く思いもしませんでしたね。

これ、楊枝でつついてるんだそうです。

「重箱の隅を楊枝でつつく」

とか

「重箱の隅を楊枝で穿る(ほじくる)」

とも言うのだそうでして。ほぇ~~。知らなかった。

ちなみに夫はずっと、箸で隅をつついているんだと思っていたんだそうです。思うだけエライ!!

危険がいっぱい

ほぼ毎週末、名古屋⇔東京の日帰り車往復をしております。

なかなかきついぞ。

夜中発、途中1時間半ぐらい寝て朝到着、一風呂浴びる、なんてことをやってます。

でも、新幹線高いんだも~ん。値下げしてくれないかなぁ・・・。

で、たいてい牧の原SAや海老名SAで運転手交代をしているのですが、問題となるのが1番手。出発前に一眠りしっかりできたほうが先に運転することにしています。

昨日は夫が(私に比べれば)寝れたほうなので先に運転してもらいました。

というのも

電気を消す→こまちがハッ!と目を覚ます→「誰か~!」とケージをガンガン→私なだめに行く→そんなことがあるとは夫知らず→こまち落ち着く→電気を消す→こまち「ハッ!」→最初に戻る

なんて悪循環に陥ってたわけで。

名古屋ICを乗り、東名を順調に走り始めたのを見届け、後部座席へ移動。横になって・・・うつらうつら・・・ZZZ。

となって1時間弱経過。

・・・急に減速したなぁ、・・カチカチカチカチ・・・ん?ハザードつけてる?どうしたどうした?

と身体を起こした私の目の前に、なぜか道をふさぐように車が停まっている。

え??なになに?

寝ぼけた頭で状況を把握しようとしている私の前で、夫が

「おいおいおいおい」

と言いながら車線変更。追い越し車線に白い車が真横になって停まっているのが見え、発炎筒を振って後続車両に危険を知らせる人がいた。

なんじゃ?

と思う間もなく、こんどは路肩に側面がべこっと凹んだ別の車が停まっている。

事故かぁ。

夫いわく、急に前の車がハザードを点けて減速したから、なんでこんなとこで?と思ったのだそうだ。

危険だなぁ。

しかも事故って間もない。当事者しかいない。

夜の高速なんて暗いから、先頭切って通常のスピードで走っていたらぶつかっていたかもしれない。

夜に高速を走っていると、時々ふら~ふら~と左右に大きく揺れながら走る車に遭遇する。居眠りしてるな、こんな車のそばにいたくないから早く抜きたい、と追い抜きにかかるのだけど、追い越してる最中に自分の車線に入ってきたら、と思うといつも冷や汗がたら~りと出る。

自分がどれだけ気をつけていても向こうから事故が飛び込んでくることもある。そんな時はどうしようもない!と腹をくくるしかないけど、自分が事故を引き連れて飛び込んでいくことのないように、疲れる前に休憩を取るように心がけております。

それにしても愛車は従順に走ってくれます♪かわいいわぁ。

職務

本屋に行くとトイレに行きたくなる私なのですが、その話はいいとして・・・。

シーンと静まり返った本屋。そんな静けさの中、私のいる本棚の向こう側で若い女性二人の大きな話し声。いや~~響く響く。よく聞こえました。

 

女性A:「今売れてるのってどんなんがあるんですかね?」

女性B:「えーっとなんだっけ、モギ・・・なんとかって人。ああ、そう、モギケンタロウ!脳科学者とかでテレビによく出てて、すごくたくさん本書いてるよ」

女性A:「へ~、だれ?知らないひと~」

 

 

・・・いったいどんな女性が会話してるのか。私の想像では大学生・・・かな。

と思ってちらりと本棚の向こう側を覗いてみた。

そこにいたのは、本屋のエプロンをつけた若い女性定員2名。

おいっっっ!!!

避難訓練

職場で年に一度の避難訓練があった。

火災の避難訓練では実際に避難。

しかし、事前に避難訓練があるという周知があったにも関わらず、おじさんたちは動かない。

全員参加だといわれているのに、だ。

事務の女の子が

「全員参加ですので~!」

と言うと、渋々参加。

ま、気持ちも分からないでもないんだけどね。

なぜなら、会社は10階建てオンボロビルの10階。外のj急な非常階段をくるくるくるくる、延々とくるくるくるくると回って下まで行かなければならない。しかも日陰だから、寒い。。。この急な階段、膝に来るんだよな。おじさんたちのつらい気持ちも、ちょっと分かる。

そして私はあまりにもくるくるくるくると回っていたので目も回ってしまった。

避難場所の1階では実際に消火器と消火栓の使用練習。

うーん、この消火器を見ると、中学生の時にやんちゃな先輩が授業中、廊下で消火器を撒いていたり非常ボタンを押していたことを思い出して笑ってしまう・・・。

訓練は無事終了。

実地で役に立つことがありませんように。

« October 2009 | Main | December 2009 »