« 差し入れ | Main | 総括2009年 »

和のたしなみ・・・

昨日は日本語のクラスで和の文化を体験。

せっかくなので、私達夫婦はお着物で参加。

メインは茶道。

ボランティアに参加している大学生の男の子が茶道をたしなんでいるため、彼に点ててもらい、さらにいろいろと説明してもらいました。

「ちゃしゃく」「ひしゃく」「ちゃせん」「ちゃわん」・・・

学習者の方たち、興味津々。ノートに一生懸命メモります。絵も上手。

私も茶筅をじっくりみたのは初めてかも。

すごくきれいですね。繊細なのに竹の強さが感じられる。

ボランティアで来ているみなさん、なんだかんだと隠れた特技をお持ちです。

その中に今三味線を習っている人もいて、少し鳴らしてもらいました。

三味線はなかなか目の前で聴く機会がないから、あぁ、こんな音がするのか!

と日本人でもびっくりです。

やっぱり、日本の文化、一つはたしなんでおかないとなぁ、と思いましたね。

私は、というとやっと着物を1人で着れるようになったところでございます。

日本人にも新鮮なひと時でした。

« 差し入れ | Main | 総括2009年 »

Comments

知ってるようで知らない日本文化、
たくさんありますよね。

お琴もなかなか目の前で聴く機会がないので
「こんな音がするのか!」と新鮮な気持ちに
なります☆

rutaさま

お琴もいい音しますよね。

京都で暮らしている間に、もう少し「和」方面に
興味を持っておけばよかったと思う今日この頃。

でも、当時は興味なかったんだも~ん!
仕方がない。

日本の文化って奥深いですね。
でも、葵姫さんもしっかり日本文化を身につけてるからいいですよ!!
私なんて何一つないですよsad
来年の課題ですねcoldsweats02

トニー・ラズロ&小栗左多里 著
『めづめづ京都 和文化研究所』

っていう本を持ってるのですが、
これを読むと
「京都ってすごい町だなぁ」って
改めて感じさせます。
それに「自文化について知らないことだらけだなぁ」
ということを感じた次第です。

興味がなかったとしても、
住んでいたことがあるだけでも
おいらには素敵だと思いますよ~。

京都の和文化の息づかいを
吸収しながら暮らしていたと思うので☆

〉日本の文化って奥深いですね。

当たり前だと思っていたことが、とても貴重なものだったり、
珍しいものだったんだなってことに最近よく気づきます。
やっと周りが見える年齢になったのかしら・・。

確かに着物が着れるようになったことで一歩リード!?
でも・・・着物を着て、さあ、なにしよう・・・な感じです。どうしよう。

rutaさま

う~ん、有名なお祭りは楽しみましたが、和文化の息づかいは吸収できてない気が。
なぜなら、京都以外からやってきている学生達の街でしたから、私の周りは。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 差し入れ | Main | 総括2009年 »