« インドに行ってきました。 | Main | 労力に感謝 »

英語しゃべれます!?

まだまだインドつながりの話です。

インドの公用語はヒンディー語と英語。ヒンディー語は全く分からないので、旅行中使うことになるのは当然英語。

そういえば英語圏以外では挨拶とか数字程度はいつも覚えて行ったのだけど、今回はなにも勉強しなかった。「ナマステ!」ぐらい?

で、英語。そう、英語。

向こうでも私達を見ると、たいてい英語で話しかけてくる。たまにいる、日本語ペラペラで近づいてくるヤツには要警戒。怪しい。

あ、英語の話。

そう、インドの公用語に英語がある。だから当然、インド人は英語がペラペラと思うじゃないか。確かにペラペラとしゃべる人が多いし、こちらの言ってることも通じてる。

でも!!何言ってるのかさっぱり分からない。

あまりにもなまりが強すぎるのだ。30以上あるという言語のうちの何語なまりなのかさえ判別不能・・・。

列車の中で隣り合ったインド人家族。お父さんがいろいろ話しかけてくれたんだけどかなり分かりにくかった。興奮してくるとさらに巻き舌になったり発音が強すぎてほぼ95パーセント、理解不能。

オートリキシャの運転手。私達の行きたいところは理解してくれるのだけど、何か言ってる、でも何言ってるのか分からない。降りた時には、乗る時に交渉した金額の倍を吹っかけられた。いやいや、これは単に英語の問題じゃないぞ!!!こら、おやじっ!!

レストランでもそう。こちらの意志は伝わるのだけど、料理の説明がどうも分からない。

何度も聞いて、その発音や文脈から、頭の中で近い単語を探して探して、

「あ、もしかしてこういう意味?」

と聞き直す。たいてい正解。

発音なんて日本人の話す英語のほうがよっぽどAmerican English や English English に近いしきれい。文法もてきとーなことが多かった。

それでも

「英語しゃべれる」

ってインド人は言うんだから、

日本人ほぼ全員

「英語しゃべれます」

って言えると思った次第。

気持ちを伝えたい、言いたいことがある、わかってほしいという気持ちがどれだけ強いか、度胸があるか、だし、イギリス人やアメリカ人が話すような英語をしゃべらなきゃいけないわけでもないんだな。

Japanese Englishで発音が悪くて恥ずかし~なんて思わず、どしどしいくべし。日本人なんだから日本語なまりの英語で何が悪い!

発音はとてもきれいだけど、中身のない英語では意味ないし。。。

という結論に至りました。インドに行って前向きになったことの1つです。

どちらにしても、英語はやっぱり勉強しておかなきゃな。

ちなみに、デリーで立ち寄った本屋さんで

「Indlish」

というタイトルの本を見つけました。中身はインド英語の本。

へー、シンガポールなまりの英語を「Singlish」と言うのは聞いたことあるけど、「Indlish」なんて言葉あるのか。

« インドに行ってきました。 | Main | 労力に感謝 »

Comments

それものすごい分かる。
私も何回か海外の医学会に参加したんだけども インド人はハイソな学者にいたるまで英語の発音がめちゃくちゃ。全く聞き取れない。これがアラブ方面の人も同じ。フィリピン人の英語もひどい(タイもね)けど、インドからアラビアにかけてが一番崩れている。仕方ないからスライドの英語読んでました。当然ながら質疑応答も英語圏の人ですら’pardon??'と何度も聞き返していましたが、インド人の恐るべきはまったくその発音の悪さに動じていないこと。これがほんとの英語と言わんばかり。日本人の英語もひどいけど、たしかにインド人の堂々たる様をみていると 恥じることなし と思う私でした。
しかし 東大の教授と言えども英語の発音がひどすぎると国際学会ではなんだか間抜けにみえるのはやはり損だな・・と思う次第です。私も練習しよう。

きみちゃん

基本がOKになったら、次は発音!って思うんだけど、基本が上達しないから
あせって少しでも見た目でカバーって思っちゃうんだよ、私。
だから、どちらも中途半端なまんま。
せめて海外旅行でトラブル時に意志を伝えられるぐらいにはなりたいわ。

向上心があるうちは、脳みそのしわは大丈夫かしら。。。心配な今日この頃。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« インドに行ってきました。 | Main | 労力に感謝 »