« June 2010 | Main | August 2010 »

とりあえず読みきった

『Confessions of a Shopaholic』をなんとか読み終わった。

なかなかまとまって読む時間が取れず、ちょぼちょぼちょぼちょぼと約2ヶ月がかりで終了。

とりあえず最後までいった。

日によって、単語の意味なんか考えなくてもどんどん頭に入って読み進められる時と、読んでも読んでも前に進んでいかない時があり、なんなんでしょう、これは。

そして時々半眠りになりつつ進んでいくため、ふと気がつくと思わぬ展開になっていたり。

また後日、再読することにしよう。

さて、次の本は『Slumdog Millionaire』。

映画とは設定が多少違うけど、これまた読みやすい予感。がんばります。

天照大御神と忍者

会社の保養所へ行ってきました。

従業員として受けられるメリットを、ようやく受けた気が・・・。

賢島にあるので、もちろん料理は海の幸。今まで数々の温泉旅館に泊まってきたけど、

凝った創作料理を提供する旅館が多く、元々の素材の味がどこかに行ってしまって感じられない。

そんなところが多い中、大変シンプルで直球勝負な料理が多かった。でもこれがまたうまいんだな。満足満足。

さて、賢島周辺(伊勢志摩鳥羽あたり)の観光は、今までに何度も来ているため、行くところがない。さあ、困った。まっすぐ家に帰る、というのもちょっと悔しいので、頑張って探したところ、あったあった。

天の岩戸

F1001225 

とても小さな岩穴なのだけど、名水100選にも選ばれた水が流れ出ている。そして岩穴の奥から風も吹いてくるため、かなり涼しい。水もすごく冷たいし、癒される。

そしてここから歩いて10分ほどのところに風穴もあった。

F1001226_2

こちらは風が吹いてくるだけなのだが、これまた涼しい。

行くまでが山道を登ったり降りたりとしてようやくたどり着く気持ちなので、注連縄を張りたくなる気持ちがとても分かる。

ちなみに風穴までの道は

F1001227

こんな感じ。

意外なスポットだった。癒されたい方、お勧め。

さてあとは??と思って思いついたのが、伊賀の忍者。

何年か前に甲賀の忍者村に行ったことがあったので、やはりここは伊賀にも行かなければ!

というわけで、伊勢からは遠いものの、伊賀流忍者博物館へ。

屋敷の説明を楽しく聞き、忍者ショーを見て感心し、手裏剣を投げてすっかり気分は忍者。かなり楽しみました。

日本の文化ですから、やはり一般常識として忍法は知っておかないと。

甲賀のほうは・・・廃れてました。が、さすが伊賀は市役所に忍者がいるぐらい力を入れてるだけあって、宣伝効果は高く、観光客が多い。あまりに流行っていたのでそれにびっくりでした。

あ、くのいち電車も見ました。ありゃすごい。

行くところに困ったら、ぜひどうぞ。

病気になりに、病院へ行く?

本日は怒りの更新。

父の通院運転手を始めて早10年。

なんだーかんだー言いつつも両親ともにぼちぼちの引きこもり隠居暮らし。

そんな二人のビッグイベントが1ヶ月に1~3回の父の通院。

通院に備えて計画的に日々体調を整えなければならないぐらい、通院は重労働。しかもこんな暑いとさらに身体にこたえる。

診てもらうのは父1人なのだけど、毎回、母付き添い、私運転手、の計3名で出かける。両親の場合はそれぐらい大変なことなのだ。

今日はそんなビッグイベントの1日。

11時半予約で出かけたのだけど、病院を出たのは15時半・・・。

毎回、予約時間から1時間以上待たされるのは覚悟の上。今日も終わるの13時半ぐらいかな~と思って行ったのだけど、15時半!?ひどいっ。ひどすぎるっ。外来で4時間待たされたのは初めて。しかも予約ありで。

来週、先生が休診のため、来週分の患者さんが振り分けられたのが原因らしい。しかもこうなることは前回の予約の時点で予測できていたのに、なぜこうなる!?

そりゃ、病院側には病院側の理由があるのだろうけど、通常の1.5~2倍の患者が来るのは前もって分かっているのだから、どうして予約時間の調整ができないんだ?病院のシステムの問題?

それもあるのかもしれないが、経験からこの人数を予約に入れれば、どのぐらいズレが出てくるのかだいたい予想できるでしょ。

「11時半の予約ですが、かなりの混雑なので14時過ぎに来て下さい」

となぜ言えなかったんだー!

同じように11時半予約の患者さんたちが何人も、怒り心頭、トサカに来ている状態。

「いったいいつ診てもらえるんだ」

「もう3時間半も待ってるんだぞ」

頭がぐらぐらと煮えたぎって、顔真っ赤にして文句を言う。

父も顔ひきつる。

まぁまぁ、Calm down, calm down. ここは心臓の悪い人たちが来る科なのですから。

そんなに怒ると、心臓に悪いよ。

治してもらおうとは思ってないけど、これ以上悪くならないように、現状維持で暮らせるようにと思って通院しているのだけど。。。これでは逆効果じゃないか。

ようやく診察してもらった父と母を先に行かせ、私が次回予約をもらう。

看護師「では、次回は9時半に来てください」

私「無理です」

看護師「・・・えっ?」

私「こちらにも都合があります。11時半の予約にしてください」

看護師「分かりました。では11時半に入れなおします」

私「で、この日は何時に来ればいいんですか?今日みたいな時間になるんですか?」

看護師「患者さんの体調によっても変わりますので、なんとも言えないんですが・・・」

私「それはわかってます。現時点で予約人数が通常よりも明らかに多いかどうか、です。多ければ今日のような状態になるってことですよね?もしそうならそのつもりで準備しなければならないんです」

文字にすると、かなりキツイ言い方をしたようですが、このぐらいは言ったでしょうよ、今日の私。ここに両親がいなくてよかった。きっと血圧急上昇。

なんかな~、病院に通っている人たちはどーせ暇なんだから、時間はこちらの都合に合わせて通告します的な印象をいつも受けるんだよね。

丁寧に診てくれる先生には感謝してます。

が、全く意味がないように思えるこの「予約時間」。変に「予約時間」を指定するから余計に腹が立つ。

この日のこの時間に「来なさい」と病院から言われた。だからその時間に来たのに、来いと言ったほうが時間を守らないとはどういうことだ!!多少前後するのは仕方がないが、いくらなんでも限界がある!

単純に「予約日」のみで、来る時間は患者に任せる。早く来れる人は来るだろうし、無理な人はゆっくり来る。自分の意志でこの時間に来てしまったんだから、混んでいたのは運が悪い、待つのは仕方ない、って思えるんじゃないの?

そんなに文句があるんなら、もっと空いてる病院に行ったら?

と言われそう。はい、病院を変える元気があればそうしてるだろうけど、いまさら無理です。

あああ~~、なんだか病院に行くたびにどっと疲れるし、腹が立つ。きっと次の診察も1時間遅れになるんだろうさ。

背景の市松模様

最近テレビでよく目にする市松模様。

ニュースの会見なんか見てると、話してる人の背後のボードはかなりの確率で市松模様状態。

最初のうちは単なる協賛してる企業広告で、それはそれでよかった。
最近は、メッセージ性の高い文章が多い。発信したいことがあるのはわかるし、一つの画面で繰り返し繰り返し同じ言葉が並ぶから、なんども目に入り宣伝にもなる。
だからみんな使いたがるのもわかる。
が、猫も杓子も右倣え!では、飽きる。

またかよー
ってなかんじ。

スポーツニュースで、巨人→阪神と続けて各球団のボードが映った時には、目がチラチラしてしまった。

早く別のアピール方法が出てくれることを願います。

朝から楽しみ

毎朝NHKニュース「おはよう日本」を見ているのですが、その中での私のお気に入り。

まちかど情報室

毎度毎度、面白グッズが3品登場する。

NHKなので会社名や製品名は言わないのだけど、ある意味テレビ通販のような感じ。

数日前の「5本指ランニングシューズ」にはびっくりした。

一度ご覧あれ。

眠い朝でも、このコーナーを見れば楽しくなります。

1994年のビデオ

実家にテレビが来た。

4年前購入したうちのてれびと同じサイズ。

でも、薄さは3分の1、お値段も3分の1。

やっぱり技術の進歩って素晴らしい。

新テレビが搬入されたことに伴って、テレビ周りの整理整頓がちょっとだけ行われ、むかしむかしのビデオなど処分品もあったそうだ。

そして、その中に私のビデオテープもあり、処分していいか分からなかったということで残しておいてくれた。それを回収してきたのだけど、その中身と言うのが、学生時代所属していたサークルの発表会。

毎年秋にある学園祭でステージ(といっても小さなものですが)にて、とあるものを発表していた、その記録。

見れないかも、と思いつつ、早速見てみた。

・・・ちゃんと見れた。

19歳の私と20歳の夫が映っていたのだけど、、、肌のつやと服装から時代を感じる。

ちなみに上下巻のセットで1993年~1995年まで全6巻。

現在各分野でご活躍中の皆さまの原点がココにある!

近い将来、皆さまが偉い人になった時に備えて保存しておくか?

と思ったが、既に夫がDVDに落とし込んでいたので、これは処分決定。

それにしても懐かしい~~。

16年前の話なのに、音楽を聞いただけで誰のステージか分かってしまう夫はさらにすごい。

今年のNFに行ってみようかしら。

帯状疱疹中

はぁぁぁ。

7~8年前から、毎年5月から11月ぐらいまで、手指に「汗疱」ができる。

これが鬱陶しい。皮膚が堅くなったり皮がむけたり、ひりひりと痛んだり、かゆくなったり・・・。見た目も悪く、テンション下がりまくる。しかも、なかなか治らないし、治ってもすぐ次ができる。

一昨日、皮膚科に薬をもらいに行ってきました。

病院にいくとついつい他のいろんなところの症状もついでに話してしまうんだけど、今回もこの「汗疱」以外にもいろんな皮膚を見せてきた。

その1つ。皮膚科に行く前夜、右肩にポロポロポロっとぶつぶつができた。

うわっ、虫刺されか?ダニか?布団買い換えたばかりなのに???

皮膚科に行ったついでに、それも見てもらった。

私「先生、これって虫刺されですよね?」

と肩を見せたら、先生、

先生「ん?これ・・・・。もしかして。。。右側、他にもない?腕とか肘とか」

私「ああ、ありますよ。ここも刺されてます」

と右腕と右肘。右肘は昨日、右腕は今朝ぶつぶつがいくつもできていたんだよ、これが。

先生「これねぇ、帯状疱疹だよ。ぶつぶつのところ、痛くない?」

私「帯状疱疹!?痛み?いや、痛みは特にないです」

先生「じゃあ、右腕全体に違和感ない?」

私「うーん、言われると違和感がある気になってしまうけど、ないような気もする」

先生「でも、この出方はそうだね。昨夜気づいたんだよね?早めに治療し始めることができて良かったよ。疲れていると出るんだけど、何か心当たりある?」

私「いやぁ、最近ストレスフリーな生活をしているつもりなんですけど・・・」

先生「ま、ともかく安静にしてなさい。日常生活も必要最低限にしておきなさい」

というわけで、塗り薬と内服薬を処方してもらって、早速飲んでます。

帯状疱疹、なんて診断を下され、「汗疱」+でさらにテンション下がる。

そして昨夜あたりから触るとぴりぴりとした痛みが走るように。

そんな体調を押して、本日義弟の墓開きに埼玉まで日帰りしてきちゃいました。

水疱瘡にかかられても困るので、甥っ子とのふれあいタイムは、なし。

明日は体力回復、大人しくしておきます・・・。

新冷蔵庫

そういえば、ボーナスで冷蔵庫を購入したのでした。

ほぼ1年ぐらい前から

「野菜室に入れておいた野菜が凍る」

という現象が起こり始め、野菜室の底を底上げしたりいろいろ工夫してたんですが、やっぱり凍る。レタスなんかは入れた翌日にカチカチに凍ってしまい、溶けるとでろでろになってしまう、なんとも悲しい状況。

そして大根が数時間で凍ってしまったのを見て、買い替えを決断したわけ。

さて新しい冷蔵庫、何を購入ポイントとするか・・・。

なんといっても入らなければ話にならないので、まずは横幅と奥行きの大きさ。

これをクリアした冷蔵庫が対象になるわけで、そうなると大体の容量が決まってくる。10年前購入の冷蔵庫と大きさはほぼ変わらなくて、しかも奥行きなんて短くなっているのに、容量が大きくなっている。技術の進歩はすごい。

あとは

・観音開きタイプか片開きタイプか

・引き出しはどこまで開くのか

・一番上の棚の見やすさはどうか

・野菜室と冷凍庫の位置関係

買いに行く前日に、実家の母と家電量販店に行き、ベテラン主婦の視点からいろいろアドバイスをもらい、だいたい購入する機種を決めていたのだけど、夫と行くとこれまた悩む。

ほんとうにこれでいいのか。今後10年間使い続けるのだから、妥協はするな!

なーんて思ってしまう。

結局最初から決めていたものに落ち着いたのだが、今までと野菜室・冷凍庫の位置が逆転しているからついつい間違える。

野菜室をあけたつもりが冷凍庫・・・。

この前はショウガが冷凍庫でしっかり凍っていた。何も考えず、今までの習慣で放り込んだんだろうな。ショウガでよかった、というべき?

さて使い勝手ですが、まだよくわかりません。

しかし長年馴染んだ取っ手の位置が違うので、開けようとして

すかっ

と空ぶることがまだまだあります。

プロ

採血をしてもらいました。

血管が細いのか、血管の上に脂肪が乗ってるからなのか、それとも両方のせいなのか、とにかく、私の腕は血管が見えにくい。

採血をぶすりぶすりとやり直すなんて、ざらにある。

そして

「今日はちゃんと血が出てくるかな、どうかな」

なんて思って針をじぃ~~っと見てしまうのだ。

今回もそんなこんなで針を刺す前から凝視。で、看護師さんは二の腕をゴムで縛ってからどこに血管があるか探す。

たいていは親指側にうっすらと見えるんで、みなさん、それを目指して針を刺す。

でもなぜか今回の看護師さんは血管のケの字も見えないど真ん中に、ぶすり。

え?そこでいいの?血管見えないよ???

と思ったのもつかの間、じゅわ~っと血が出てきた。

すごいっ。血管見えないのに、ちゃんと刺さってる!感動!!

思わず名札をチラ見。

「看護師長」の肩書き。へ~、師長さんなんだ。

針が刺さり、血がじゅわじゅわ出てる状態で

「血管見えないのに、すごいですねぇ」

と思わず話しかけてしまった。

すると師長さん、

「この指で食べてるから」

と左手の人差し指を立てて見せた。

「この指先で触ればどこにあるのか分かるのよ。この指怪我したら私、仕事できなくなっちゃうわ」

「いつもこのうっすら見えてるところで採られるでしょ?」

(「ハイ」)

「痛いし、よく内出血しない?」

(「あ、するする」)

「この真ん中のほうが痛くないのよ」

(「確かに!今日は全然痛くないです」)

かっこええ!!職人、って感じ。

針が刺さったまま話が弾み、いつもよりも多めに血を採られてしまいました。

おもてなし

昨日はスペシャルゲストが我が家に来た。

気合を入れまくって料理しまくる、夫と妻。

で、次々に繰り出される料理ですが、忘れてしまうのでメモメモ。

・ちくキュー(ちくわにキュウリをつっこんだもの)

・枝豆

・長芋のバター醤油炒め

・ごま豆腐

・かぼちゃの煮物+アボカド+梅のコンポート盛り合わせ

・サラダ代わりの冷製パスタ

・アクアパッツァ

・タンドリーチキン

・ほうれん草とベーコンのキッシュ

・タイグリーンカレー

・抹茶アイス

・コーヒーゼリー

と、和洋亜折衷もいいとこの料理。

通常、我が家でのおもてなしは鍋料理なんですが、さすがに夏だしね。

で、抹茶アイスとコーヒーゼリーには時間切れでたどり着けず。

ちょっと頑張りすぎた。

新路線?

コメダにて。

隣に大学1回生と思われる女子5人。

5人も集まれば当然うるさい。聞きたくなくても聞こえてくる話の内容。

ちなみにこちらは「Confession of a Shopaholic」読書中。

うるさい中で集中し始めた私の耳に聞こえてきたのが

「ところでさぁ、名鉄って何鉄?」

・・・へ??

名鉄は・・・名鉄でしょ。名古屋鉄道、でしょ。

“地下鉄名鉄線”と言うのを期待したのか??

ってか、キミはどこから来た人だ?

収穫~ナス・ズッキーニ~

米ナスの初収穫。

一番最初の実は小さいうちに収穫を。

と書いてあったのに、けっこう大きくなっちゃいました。

F1001221

そして、さらにズッキーニ。

ちょっと放っておいたら巨大化。

F1001193

売ってるヤツのタテヨコともに2倍ずつ大きい・・・。」

トマトとアボカドの冷製パスタ~

夫の手作りシリーズばかりですが、今夜の夕食。

F1001222

帆立も入っております。冷たいパスタが美味しい季節になってきました。

« June 2010 | Main | August 2010 »