« 修理中 | Main | 薩摩 »

歩車分離式とスクランブル式

愛知の対歩行者の交通事故の多さ対策から、数ヶ月前より増えた歩車分離式の交差点。

いまいちスクランブル式との違いがわからない。
車が完全に赤で、全横断歩道が一度に青になる時間があるのはどちらも同じ。
縦横斜め好きな方へ横断できるのがスクランブル式。
車の進行方向が青の時に、同じ方向への横断歩道も青になる交差点もあるのが歩車分離式。
こんな認識でいいのか?
家のそばにはスクランブル式がある。その交差点で慣れてしまったので、車が走ってる時は歩行者は来ないと、どうも思いこんでしまってる。
だから「歩車分離式」のところで曲がろうとして、歩行者が渡ってくるのを見ると
「なんで!?」
ってびっくりするのだ。

アブナイアブナイ。安全運転を心がけねば!

« 修理中 | Main | 薩摩 »

Comments

wikipediaによると、姐さんのおっしゃってるのは、
右折車両分離方式 の歩車分離信号交差点のようですな。

いずれにせよ、交差点を曲がるときにもっと減速してくれれば
悲惨な事故は起こらないのに、と思ってます。
愛知の人って、交差点を猛スピードで曲がるのが多い気がします。
道路が大きいからでしょうかね。

rutaさま

な〜るほど。
うちの車は特に死角が大きいので、曲がる時は特に気をつけてますが、
ブンブン走ってしまうことも多いので、アカンですね。
それにしても名古屋の運転の荒さは目に余りますわ。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 修理中 | Main | 薩摩 »