« 京都小旅行 | Main | 定番 »

久々に見たDVDですが

久々にDVDをレンタルして見た映画。

『私の中のあなた My sister's keeper』

1年ぐらい前に公開された映画?

なぜこれを見ることになったのかと言うと、夫の英会話がきっかけ。

ディベートのテーマが「クローン人間」だったのだそうだ。

クローン人間について賛成か反対か・・・。

そして、自分の意見に関わらずチーム分けされて、クローン反対を言うことになったのだそうだ。

なぜ反対なのか・・・。感情的に言うことはできても、なかなか資料やデータやらの裏づけの上に論を展開するのは難しい、らしい。←完全に他人事。

“ロジカルに”展開するのは私のもっとも苦手とするところだし。

日本語で言うのさえ難しいのだから、英語ならなおさら。

それはさておき、クローンとは少しずれるが、そういえば、こんな映画があったよな、ということで出てきたのが『私の中のあなた』だったわけだ。

簡単に言ってしまえば、白血病に冒された姉を救うために遺伝子診断技術を使って生まれてきた妹が、それまで親の言いなりに、骨髄であったり体の様々なものを姉に提供してきたのだが、一転拒否。提供を強制する親を訴える、と言う話。

私の頭の中で、「遺伝子診断技術」をクローンと結び付けてしまったわけで、専門家には全く違う問題だ!と怒られそうですが。それもまた置いておいて・・・。

そんなわけでこの映画が思い浮かんだのだけど、その後、ディベートがどう展開されたのかは・・・。苦労されたようです。

さて、この映画について調べていると、

「こんな話、ありえない!」

と最初思っていたのだけど、海外では特に欧州のほうでは既に認められている国もある模様。えっ、そうなの!?

「savior sibling 救済者兄弟」 と言うのだそうです。

未来の話ではなくて、現実に行われている話なんだと思うとかなりショック。。

思わず自分に置き換えてみる。

もし子どもがいて、その子どもが治る見込みのない病気になってしまった。でも救済者兄弟がいれば救われるかも。

なんて状況になったら???

ウ~~~~~~~~~~~~~~~ン。

悩む。

と思う。

倫理的にアカン!と思うのだけど、でもでもでも・・・。

そんなわけで、久々に見たDVD、かなり考えさせられるテーマだった。

そして、、、夫は見るのにまだちょっと早すぎた。大号泣だった。そりゃそうだよな。

ただでさえ、うるるっとくるのに、内容が内容だけに。重なりますわ。

原作とはラストの展開が異なるようなので、チャレンジ、してみるか!?

« 京都小旅行 | Main | 定番 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 京都小旅行 | Main | 定番 »