« November 2010 | Main | January 2011 »

マイナス7℃の世界へ

ほぼ恒例の、1泊2日年末温泉旅行。

今回は長野県の乗鞍高原温泉へ。

中央道を使って松本へ。お昼時だったので、おそばを食べに行きました。
あまりルートから外れない、ということで、松本IC近くの「野麦路」へ。
空腹のあまり、卵丼(小)とかけそば(小)のセットを頼んだのですが・・・

F1001344

丼もそばも、どう見ても普段うちで食べている丼サイズ。
通常サイズ×2だったので、食べ過ぎた・・・。
ところで、メニューに「とうじそば」ってのがありました。雑誌を見てもあちこちのメニューについている。
道々出会う蕎麦屋にも「とうじそば」と書いてある。気になる。
なんでしょう?(→「とうじそば」)

へ~~。次回はぜひ!!

さて、松本から乗鞍高原温泉へ向かうのだけど・・・途中のトンネルが狭い!
突然ぴたり、と車列が動かなくなった。なんで??
と思っていたら、しばらく経って対向車線に大型トラック現る。
大型トラックも強引に進んでくるのだけど、センターライン越えてます!うちの車もトンネルの壁にすりそうだ。
普通車とのすれ違いでさえこんな状態。
もちろん観光バスもバンバン行きかうので、バスとバス、バスとトラックがすれ違えず、渋滞なんて当たり前。
うーん、これは・・・信号つけて、片側交互通行にしないと、いずれ大きい事故がおきまっせ、長野県サン。

雪道をゴトゴト走り、今回の宿「みたけ荘」に到着。
実はここ、7~8年前にも一度来たことがある。客室や食事は、まあ、それなりなのだけど、ここのお湯が夫婦ともに大のお気に入り。
隣の白骨温泉のような白濁&硫黄臭のある温泉らしい温泉なのだけど、白骨温泉よりもこっちのほうが気持ちいい。
ちなみにうちが温泉に宿泊する時、たいてい「日本秘湯を守る会」会員の宿に泊まる。
客室はともかく、お湯がいいところが多いから。

さて、着いた時の景色。
Img_27851

う~~、寒いぜっ♪雪もたくさん積もってるし♪

宿の目の前はゲレンデ。
Img_27991

当然、この時期は宿泊客のほとんどがスキー・ボードをする人ばかり。
こんな絶好の場所に来て、温泉につかるだけの人って、珍しい?
スノーシューで滝を見に行ったり、雪上車乗車体験できるツアーが観光センターであるらしい。次回はそんな楽しみ方をするのもいいかもね。

露天も湯温が下がってしまってるので、どーしても入りたい!という方以外はお勧めしません
と宿の人が言うのだけれど、いやいや、ここの露天が最高。。どーしても入ります!
というわけで入った。確かに人肌+2度ぐらいなので、じーっとひたすら入っていたのだけど、これが出た後、ほっかほっかほっかほっか温まってくる。
もちろん雪見風呂。最高!!

夜は年末恒例、我が家の今年1年の振り返り・反省会&来年の目標をそれぞれ立てた。
マインドマップ形式で、絵もなかなか上手に描けたぞ。

そして今朝。
予想に反して、夜中は雪が降らなかったらしい。
でも立派なツララが。
Img_27971

落ちてきて刺さったら、やばいやろな。

そしてうちの車にも
Img_28011

ちょいツララ。
朝からゲレンデに出かけるボーダー&スキーヤーの皆様を横目に、私たちはとっとと下山。
いつも無計画で今回も無計画。乗鞍から松本に戻るか、それとも高山のほうへ出るか、全く決めていなかった。
同じ道を通るのもなんだし、うちの旅行の基本、「地図上に円を描く」方式で、では高山へ抜けよう。ついでに白川郷、寄っとく?

そんなこんなで出発。
昨日と変わらず道路も雪雪していて、しかも下り坂、しかも車体が重いだけにスピードが出ないように2速や1速で慎重運転。国道まで出たところで、安房峠→高山方面へ向かう。

そして走るうちにだんだん道路も
F1001346

こんなんから、

F1001347

こんな状態へ。
安房峠を越え平湯から高山へ下る道のほうが松本からの道よりも雪が激しいっ。
外気温もマイナス7℃!!道路もアイスバーン。たまにつるっと滑ったりして、大緊張!

「こういう時のためにわざわざスタッドレスにしているんだよね~。やっぱこうじゃなきゃ!」
と言いつつも、
(やっぱり松本へ降りたほうが良かったか・・・)
と後悔半分。二人してぐったりモードで高山市街へ到着。

気を取り直し、やめときゃいいのに、雪降る中、白川郷へ。

ま、一度雪の白川郷、見たいし。

到着。
やっぱり雪ですわ。
Img_28071

でも、幸いなことに、雪は積もっているけど、ちらちらしている程度。

Img_28061

ちょっとゆるい雰囲気の雪だるまも。

Img_28101

なかなか雰囲気あって、よろしい。

Img_28131

観光バスツアーで来ている人が多くて、中国の人も多い。
何もこんなド年末に観光しなくても、、、と自分のことを棚にあげて思ってしまった。
同じですね。

そしてここでもツララ発見。
Img_28031

下を通った時に落ちてきたらどうしよう
とやはり思ってしまう。

合掌造りの村、全景の見える展望台へ行きましょうか
と思ったところで、吹雪に。
F1001348

何も見えなくなってしまったので、撤収。
雪積もる高速を帰ってきました。

行き当たりばったりの年末旅行だったし、雪道で大変だったけど、でも無計画なわりにはいい旅だった。
ふー、さすがに疲れた。

来年末はどこの温泉にするかな。

世話が焼ける

最近のこまち。
寒い冬はこまち専用床暖房の上でぬくぬくとしてます。

でもなんだか最近、タオルをかぶらずに眠りに入るのがブームらしい。

F1001340

かなり眠いらしい。

F1001341

そのまま寝に入ったので、見るに見かねて、

F1001342

タオルを何枚もかぶせてやる。

そして翌朝、

F1001343

動いた形跡なし。
タオルをめくると爆睡中でした・・・。

眠気には勝てないらしい。

注意書き

コンビニ駐車場で見つけた注意書き。

F1001336

ガムはちゃんと紙に包んで捨てましょう。
そうなんだよね~。靴の裏にガムがくっついた時の不快感ったら!!!

張り紙をした人、よっぽど頭にきてたんだろうな。

擬人

金時にんじんを引っこ抜いてみました。

F1001337_2

長さ30センチぐらい。
いい色になっています。

で、気になったこの形。

F1001338

・・・何か持ってる??

へろへろで大掃除

年末恒例行事といえば、大掃除。

最後の一週間で、一日一窓ずつカーテンを洗濯し、ルンバがやってくれる掃除以外に
細かいところや高いところの掃除をしたり、
お風呂やトイレの換気扇を掃除したり、とちょっとずつ大掃除モード。

明日からちょいとお出かけするので今日中に掃除を終わらせねば!ということで、
本日より休暇の夫は全窓拭き、私はキッチンの換気扇に風呂掃除を敢行。

毎年寒い中掃除をすると思うのだけど、暖かい時期に掃除しておけばよかった、とやはり今年も思った。

さてうちの台所、特徴といえば、スパイスが大量にあること。
スーパーのように並んでいる。
夫がカレーを作るときに使ったり、私が炒め物やパンに入れたりするのでどんどん増えていく。

スパイスラックを拭きながらふと思った。
いくつあるんだ?
なんとなく数えてみた。
50弱。
一般家庭の3倍ぐらいある??

ガスレンジを磨き上げていてふと思った。
このガラストップの下って結構汚れてるんじゃない?
汚れたままでは衛生上よくない。外れないのか?
夫に聞いてみた。
このガラストップって載せてあるだけ?外れないの?
夫「そりゃ、無理じゃないのか?」
ねじを緩めてみた。
ぱかっ。
簡単に外れた。外れるじゃないか!おいっ。
ガラストップの下には吹きこぼれて固まったものとか、細かいくずがけっこうあった。
掃除機で吸い取ってきれいになった。
よかったよかった。

換気扇。フィルターをつけているから意外に油汚れが少ない。
ぬるま湯で浸けおき洗い。ベランダで乾かす。

風呂掃除。
重曹などなど使って洗うのだけど、今までお風呂のエプロン部を外して洗ったことがなかった。
エプロン・・・ユニットバスの洗い場からお風呂に入る時に、またぐあの部分。
外れるんですよね~、実は。
ずーっとずーっと外していないことがちょっと心配だった私。
結構汚れたまっているよね、きっと。
たぶん、カビ、すごいよね・・・。
ガラストップを外した勢いで、夫が外しにかかる。
そして、緊張の一瞬。
・・・意外にもカビが少ない。それよりもやっぱり髪の毛やらの汚れがすごいわ。
そしてぴかぴかに。これは毎年やらねば!皆さんも外して掃除したほうがいいですよ。

コーヒーを飲もうと、ぴかぴかになったガスレンジでお湯を沸かす。
いつもの習慣で換気扇をオン!
動かず。そりゃ、中身は外してベランダにおいてあるから、動くはずがない。
仕方がないから、そのままでお湯を沸かし続けたら、湯気が部屋に部屋に部屋に流れていく~。
換気扇はやっぱり大事だ。

そしてここまでで終わらない大掃除。
散らかり放題のタンス部屋。片付けて、着ない服も捨てて、やっと今になって終了。
今日は12時間ぐらい掃除しっぱなしだった気がする。
さすがに疲れた。

そりゃ、見えないはずだ。

クリスマス、と言ってもそこまで思い出があるわけではなく。
でも子どもの時は、25日に目覚めると、枕元にプレゼントが置いてあり、かなり嬉しかった。
サンタがいなくなったあとも、「親」からのクリスマスプレゼントがあったのは嬉しかったな。

そんなクリスマスも、すっかりご無沙汰。

結婚前に京都駅の巨大クリスマスツリーを見たり、ルミナリエを見に行ったりしたし、
名古屋に戻ってからはタワーズライツをなんとなく見たりしてそれなりに楽しんでいたけれど、
世間が言うほど「クリスマス」「クリスマス」を楽しんでいない気がする。
ってか、世間が「クリスマスの過ごし方は?」なーんて騒いでいると、ますます冷めてしまう。
あまのじゃくな性格?はい、そうかもね。

ホールケーキ1台食べられるような年齢でもないので、1カットずつ食べるぐらい?
いいのだ、我が家は八百万の神様が好きな家なので、その程度の楽しみ方で。

社宅に住んでいたころ、あまりのぼろさを少しでも隠す・・・
いやいや、少しでも誤魔化す・・・・
いやいや、あんなひどい・・もとい、年季の入った社宅に入っている侘しさ・・・
いやいや、年季の入った社宅に住んでいるという私ってすごいって気持ちをさらに盛り上げるために、
巨大クリスマスツリーを買いに行った。
一人で。
深夜帰宅した夫は目が点・・・。
そりゃそうだ。天井に届きそうなツリーが狭い部屋にドンっと置いてあって、キラキラと光ってるんだから。

そして時は過ぎ・・・すっかり我が家の観葉植物と化したクリスマスツリーは、本日養子にもらわれていきました。
2人の小さな娘さんのいる夫の同僚の家へ。
でかさに目が点になるだろうけど、でも一番喜ぶ年代のおうちで使ってもらうのが一番。
いいことをした。
と勝手に思っている。

さて、

サンタが一人で一晩に全世界の子どもにプレゼントを届けるためには、時速何キロ必要か?

なーんて記事がありました。

様々な条件を設定し、出てきた答えが
時速280万キロ
とか
秒速12700メートル
だそうです。

全く想像できません。どんな速さ?

そりゃ、一瞬でやって来て、次の瞬間には12キロ先にいるんだから、どれだけ起きて待ち構えていても見えないはずですわ。

1晩で1年分働くんだと思えば、妥当?どうなんだ??

使い勝手はどーなんだ??

ウェブブラウザを今まで使っていたInternet ExplorerからFirefoxに変えてみた。
基本の配置は似ているようで、微妙に違う。

IEよりもいいよ、と聞いたので変えてみたのだけど、何がいいのだろうか?
今のところ、良さがまだ分からないので、もう少し使い続けてみよう。

天気予報のナゾ

毎朝ニュースで天気予報をチェック。
う~、今日は寒くなるぞ♪

と思ってたら気になった。
お天気お姉さんが
「今日は真冬並みの寒さになるでしょう」

・・・・?
今は12月。真冬じゃないのか?

10日ぐらい前に夜9時のニュース内の天気予報で、冬将軍が伸脚をして準備運動をしていた。
実はNHKのお天気に出てくるキャラクター「冬将軍」が私は好きなのだ。
Photo
いつも味のある姿勢をしている。だから出てくるとちょっと嬉しい。
そしてその冬将軍が伸脚かよ~。いよいよ寒くなるんだな、
と思った10日前。
その冬将軍が準備運動を終え、活動開始らしい。

ところで、なぜ、将軍?

う~ん、ナゾだらけだ。

と思っていたら、なんと仕事から帰ってきてテレビをつけたちょうどその時、「ことばおじさん」のコーナーでこの疑問が解決してしまった。

まず、「真冬並みの寒さ」。
これは大寒のころ(1月20日から立春まで)を「真冬」と言い、そのころの気温と比べての表現。
12月だから真冬ってわけじゃないんだ~。ほぉ~ん。
やっぱり二十四節気は大事なのね。

そして、「冬将軍」。
ナポレオンがロシアを攻めた時に、ロシアの冬の寒さによって撤退したことをイギリスの新聞が「general frostに敗れる」と表現したからだそうです。
general frost=冬将軍
へえぇぇぇ。
二つ賢くなった。

湯たんぽ

我が家の暖房器具はガスファンヒーターが基本です。
立ち上がりが素早いってのが嬉しいですね。

でも、残念ながらガスコンセントがリビングにしかないため、北側の部屋はエアコンで対応。
いろいろ作業している時間が長いので、寒さ対策は大事。
しかし、やっぱりエアコンだと部屋が暖まらないし、体の芯も冷えたまま。
そこで今年からついに(勝手に)導入したのが湯たんぽ。
なんだかんだ言って、やっぱり、アナログに戻ってくるってことかしら?
早速今日使ってるのですが、ぬくい~~♪
太ももの上に載せて、少し前傾姿勢にすると、お腹がポカポカとしてくる。
こりゃあ、いい。

今までもペットボトルにお湯入れて、なんてやっていたけど、ペットボトルが溶けて変形するんだな。
そのうち破れて、お湯がジャーっなんてことになりそうでドキドキしていた。

あとは低温やけどに注意!!

読了

相変わらず、ちょぼちょぼとペーパーバックを読んでおります。
本日、また1冊読了です。
「Eat, Pray, Love」
映画化されているのですが、この本については映画を見ていない。
だから、より、自分の英語力が試されるわけですが・・・。
「Pray」の部分、つまり、インドで瞑想している所は、さっぱり「????」。
まずは語彙力だな。

今回は3ヶ月かかってしまいました。
単純計算で、1日5ページペース。バスの中で読んでも、ちょうど5ページぐらいで夢の中・・・。
しかも読むのが遅い。
頭の中で発音しながら文字を追ってしまう。これは英語に限らず、日本語でも、中国語でも。
やめたほうがスピードアップするって分かっていても、気がつくと頭の中で声を出しているんだよね。
どうしたら直るのかしら?

次の本を読むとき、課題は
「頭の中で声に出して読まない」「スピードアップ」
にします。


季節モノ

やっぱり12月はこのぐらい寒くないとなあ。
季節は「冬」なので、やっぱり出勤時に

「う~、さむっ」

とか、布団の中で、

「あと5分・・・あと2分・・・」

と朝、思うぐらいの冷え込みがいいです。

そしてこの時期増えてくるのがイルミネーション。
これもやっぱりぴりっと寒い時期に見るからこそ、あの光も輝いて見えるわけで。
なんとなくぬるい気温では、あの光が中途半端に暑く見えてしまうのは私だけか?

それはさておき、うちの近所はイルミネーション率が高いと思う。
あちこちでキラキラ、ピカピカ。
バブリーだ。
最近はLEDの光が増え、発色が良くなっているんだけど、光りすぎてちょっと寒々としている。個人的には昔ながらの温かい色の電球色が一番好き。
そして、色々な色のLEDが売られていることで、飾り付けしている家もヒートアップ?いろんな色で飾りたくなるんだろうな。その気持ちも分かるのだけど。
でも、一軒に、白・青・緑・黄・赤・・・いったい何色使ってるの?
しかもどれもこれもチカチカ点滅しているので、見ているとぐるぐると眩暈がしてくる。
ここは遊園地か?
う~ん、見る側から言えば、統一感がほしい。

さらに、サンタ。
いったい何匹いるの?ってぐらい、サンタが群がっている家もあるので、ちょっと笑ってしまう。
先客サンタがいるから、当日サンタは来ないかもよ。

思うところは色々あるけれど、ご近所で季節を感じることができるのは楽しい。

ちなみに、私の今まで見たイルミネーションのベスト3。
1.神戸ルミナリエ←イルミとしても素晴らしいけど、スタート時の「復興」の思いを感じるので。
2.京都北山教会←電球色一色で照らされて、すごく雰囲気よし。イブのミサもよし。

ベスト3と言いつつも。。。
3.・・・思い浮かばない。どこがいいんでしょうか?

あと20日もすれば、新年ですね~。

制服は必要か不必要か

が、次回のディベートのテーマらしい。
公立の学校では、中・高校に制服のあるところが多いのだけれど、さて賛成?反対?

ちなみに私の進学した大学も、1つ上の学年までは制服があったのだ。
大学で制服ってのも違和感があるのだけど。

さて、
中学校では制服があるのに、小学校ではないのはなぜ?
義務教育ではない高校で制服が一般的なのはどうして?

着る側と着せる側ではどんな意見があるんでしょうねえ。
興味深い。


ちょっと惹かれる

少し前にトヨタのお店からはがきが来た。
どうやら新しい車が発売されるらしい。

昨日、担当さんから電話があった。
「この前はがき送りましたが、週末にデビューフェアやるんで。・・・そろそろいかがですか??」

今の車は5年目。今年の春、車検を通したばかり。
図体はでかいけど、意外に小回り利くし、何よりも乗り心地が良い。
ゆったりとした気分で運転できるのもいい。
悪いところは特に見当たらず、次に買い換えるのも同じ車の色違いでもいいか、ぐらい思ってしまってる。

「あと1回は車検通すつもりだよ~ん」
担当さんにそうは伝えたものの、はがきを見た時点で、
「この車、かっこいいよね~」
とちょっと気になっている我々夫婦。

どこにそんなお金があるんだ!?
と思いつつ、
今下取り出せば、結構いい値がつくよね・・・と思ったり。

悩ましい。
で、新発売の車は、と言うと、FJクルーザー
今の車とタイプは変わらない。大きさもほぼ同じ。
もう少し様子見てから・・・。

いや、やっぱり無理無理!

車よりも先に買わなければならないものがあるではないか。

定番

イオンに行ったら、本屋、モンベル、スタバ、カルディそしてペットショップ。
スタバに行ったら、ショート・カフェミスト、そして読書。
コメダに行ったら、モーニングカップ、そして人間観察。
バスに乗ったら、読書、そして居眠り。
車を運転したら、ミント、そして独り言。
本屋へ行ったら、語学コーナー、そしてトイレ。

これ、私の定番コース。
そしてこの定番コースから抜け出して新しいコースを開拓するのは面倒くさい。

Anyway、
久々にコメダへ行ったのだけど、これまた久々にシロノワールを食べてしまった。
なんなんだろう、このおいしさは。
デニッシュの温かさとソフトクリームの冷たさがいいのだろうか。
そして夫は、スクランブルエッグトースト。
コメダで軽食を取る時は、必ずこのスクランブルエッグトーストを注文している。
コメダの良し悪しを図るバロメーターになっているらしい。店舗それぞれ少しずつ違う。
ちなみに本日行ったコメダは「まあまあ」の評価。ナイフがついてこなかったところがマイナスポイントらしい。

一番いいところは、港区役所の東にあるコメダなんだそうだ。
そして一番悪いところは、きっと、パルコ向かい側のコメダ、に違いない。

久々に見たDVDですが

久々にDVDをレンタルして見た映画。

『私の中のあなた My sister's keeper』

1年ぐらい前に公開された映画?

なぜこれを見ることになったのかと言うと、夫の英会話がきっかけ。

ディベートのテーマが「クローン人間」だったのだそうだ。

クローン人間について賛成か反対か・・・。

そして、自分の意見に関わらずチーム分けされて、クローン反対を言うことになったのだそうだ。

なぜ反対なのか・・・。感情的に言うことはできても、なかなか資料やデータやらの裏づけの上に論を展開するのは難しい、らしい。←完全に他人事。

“ロジカルに”展開するのは私のもっとも苦手とするところだし。

日本語で言うのさえ難しいのだから、英語ならなおさら。

それはさておき、クローンとは少しずれるが、そういえば、こんな映画があったよな、ということで出てきたのが『私の中のあなた』だったわけだ。

簡単に言ってしまえば、白血病に冒された姉を救うために遺伝子診断技術を使って生まれてきた妹が、それまで親の言いなりに、骨髄であったり体の様々なものを姉に提供してきたのだが、一転拒否。提供を強制する親を訴える、と言う話。

私の頭の中で、「遺伝子診断技術」をクローンと結び付けてしまったわけで、専門家には全く違う問題だ!と怒られそうですが。それもまた置いておいて・・・。

そんなわけでこの映画が思い浮かんだのだけど、その後、ディベートがどう展開されたのかは・・・。苦労されたようです。

さて、この映画について調べていると、

「こんな話、ありえない!」

と最初思っていたのだけど、海外では特に欧州のほうでは既に認められている国もある模様。えっ、そうなの!?

「savior sibling 救済者兄弟」 と言うのだそうです。

未来の話ではなくて、現実に行われている話なんだと思うとかなりショック。。

思わず自分に置き換えてみる。

もし子どもがいて、その子どもが治る見込みのない病気になってしまった。でも救済者兄弟がいれば救われるかも。

なんて状況になったら???

ウ~~~~~~~~~~~~~~~ン。

悩む。

と思う。

倫理的にアカン!と思うのだけど、でもでもでも・・・。

そんなわけで、久々に見たDVD、かなり考えさせられるテーマだった。

そして、、、夫は見るのにまだちょっと早すぎた。大号泣だった。そりゃそうだよな。

ただでさえ、うるるっとくるのに、内容が内容だけに。重なりますわ。

原作とはラストの展開が異なるようなので、チャレンジ、してみるか!?

« November 2010 | Main | January 2011 »