« December 2010 | Main | February 2011 »

読了 2011年1冊目。

1月中に読みきりました。

「How Starbucks Saved My Life」

洋書を読んで、ジーンと心に響いたのはスラムドッグミリオネア以来?
何よりも、簡単な英語で書かれているから、スムーズに入ってくるのだろうけど。
でも、これだけ簡単な英語で、これだけの気持ちを表現できるっていいなあ。
難しいことをより難しい言葉で説明するのは簡単だけど、簡単なことをより簡単な言葉で
説明するのは難しい。

感覚的には
「モモ」を読んで、おお~って思うような感じ。
「クラバート」読んで、おおっとドキドキするような感じ。
日本の児童書でも侮ることなかれ。いいものはいい。
簡単な言葉でも、気持ちを上手に表現しているものは名作。

とにかく、そのぐらいの読みやすさとわかりやすさだった。
そして、読み終わった後の心温まる感じもいい。前向きな気持ちになった。

超一流企業をリストラされ、離婚され、(自分がまいた種もあるが)踏んだりけったりの
人生になりかけた60歳過ぎのおじさんが、NYのスタバで働く話。
トイレを一生懸命掃除し、若い仲間との仕事にやりがいを見いだす。

なんだか前向きになれる話。お薦めします。

そしてこれを読みながらスタバでラテを飲んでくつろぐ。これ最高。
ここで働いている皆さんも、こんなドラマが繰り広げられてるのかな~なんて、ちょっと
想像してニヤリとしつつ。
ってか、この本読んでると、スタバのコーヒーが飲みたくなるんだな。


おうちでたい焼き

相変わらずの○○メーカー好きなのですが、また新たなものが増えてしまいました。

Vitantonioのバラエティサンドベーカーです。

ワッフルプレート、ホットサンドプレート、ポワソンプレート(ミニたい焼き)がセットで、さらに追加でドーナツプレートをつけてしまいました。はっはっはっはっ・・・はぁ。

でも、結構使ってます。
休日の朝はワッフル焼いちゃったりして。ちょっと優雅な気分。
そしてこの前はポワソンにチャレンジ。中身はあんこやカスタードクリーム。
ツナ入れてもいいかも。
頭から尻尾まで、中身ぎっしりのミニたい焼きが上手にできました。

F1001358

余は満足じゃ・・・。

次は、ドーナツでも焼くか。

今シーズンのハマリ物

あまり一つのものに興味が持続しないワタシ。
そんな私がこの冬、はまってるものが2つも(!)ある。
両方とも食べ物なんだけど。

一つ目はこちら。

F1001366

はい、むき甘栗です。無加糖・無添加。
ちょっと離れたスーパーには、さらに「有機栽培」ものも。
ま、これで十分。
甘すぎず、ちょっと小腹が空いた時にちょうどいい。
ちょっと水分が少な過ぎて、食べるたびに、のどに引っかかってしゃっくりが出るのだけど。ま、それもいいってことよ。
2日に1袋ペース。
食べすぎ?はまりすぎ?

そして二つ目がこちら。

F1001364

ドライ生姜。

F1001365

砂糖漬けにしたショウガを乾燥したもの。
甘いのかと思いきや、甘さがより辛味を引き立てている!辛いっ!!!
本当にスライス生姜を食べている感覚です。

でも・・・やめられないんだな、これが。
紅茶に突っ込んだりもしてる。

しかし、こんなにワタシがはまっているのに、最近入荷しない。入荷してもあっという間に売れてしまう。
なぜ???

というわけで2日前、たまたま出会ったので2つお買い上げ。

あ~~ひりひりするぅ♪

引っかかる・・・

牛丼屋の入口に張り紙。

「トイレ使用禁止中」

・・・なんでしょ、この違和感。
「トイレ、使用禁止中」
「トイレ使用、禁止中」
んんん??

「中」がついているのが変に感じる?
それとも、今から入店するお客様に対して失礼な感じがする?

そう言いつつ、入って丼を食べたんですが・・・。

そして会計時、おつりを受け取る時に
「お札、確かめてください」

うーん、うーん、あってるんだけど、間違ってるな~。

改めて、防犯

数日前に洗車してきた。

年末の大雪走行した我が愛車。
通常は紺色でピカピカしているのだけど、雪の中を走り、白くきれいに雪化粧。
そして雪が溶けたら、泥パック状態・・・。

雪って本当に汚いのね!!!
見ているとあんなにきれいなのに。

そんなわけで新年を泥まみれで迎え、そんな状態で私の実家へ行き、兄には
「なんちゅー汚い車だ」
と言われ、姉には
「触るのもはばかられる」
と言われてしまった我が愛車ですが、やっと洗車し、元のぴかぴか車に戻った。
よかったよかった。

ということなんですが、その洗車中に小耳に挟んだ話。
GSの休憩所で待っていると、スタッフがお客さんのところに電話を掛けている声が聞こえてきた。
修理の見積もりの電話をしているらしく、何がいくらかかるけれどどうしましょう、交換しますか?という話をしている。
聞くとはなしに聞いていたのだけど、
「鍵穴、どうします?鍵はそのまま使えるんですけどね、結構傷が入ってますしね」
と言い始め、
「カーナビは純正のにしますか?それとももう少し安いポータブルってのもありますが」
そして
「ETCもなくなっちゃってますからねえ」
と来た。

車上荒らしか。

オーディオ部分もごっそり持っていかれてしまったようで、結構な金額を提示されていた。

気をつけなきゃ。
購入した当初はセキュリティにも気を配っていたのだけど、最近はちょっと気が緩んでいるし。
自分は大丈夫、なんて根拠のない自信は持っちゃいけないわ。

もう1年が経ってしまった・・!

おかしいなあ・・・。

つい最近、
「1年ぶりに誕生日を迎えました」
なんて書いた気がするのだけど、1年前でした。
1年・・・365日??えっ、もうそんなに経ったの?
そんな感じです。
正直、自分の誕生日、忘れてました。はい。
プレゼントをもらったり、メールをもらったりして
あ、そうだったそうだった
と思い出した次第。しかも、何歳なのかよくわからない。
幸い今年は「年女」ということで、なんとか年齢がわかっております。

さて、今年は妻の誕生日に夫は飲み会だそうです。
仕方がないので、近くのスーパーで元値1個480円(なのですが、賞味期限間近で336円に値下げされていた)の「侍のプリン」を自分の分だけ買って食べました。
この侍プリン、でかい。腹いっぱい。
カラメルの焦げ具合が香ばしくてなお良しです。
大きいので、垂直食いは無理ですね。水平食いでお願いします。

・・・プリン談義ではなく、誕生日の話。
ご心配なく。ちゃんとプレゼントをもらいました。
今年は24本骨の傘。和風です。
そして、かんざし。
もっと着物を着なさい!ということなんでしょうか。
精進します。

そんなわけで、今の1年もあちこちよそ見をしながら、いろんなことに興味を持ちつつ、
独自路線で歩んでいきます。


いろんなタイガー

年末から話題のタイガーマスク。
この数日で激増。

最初に始めた人も、ここまで広がってしまうとは想像してなかっただろうよ。

あるニュースによれば
「本名」でもなく、「匿名」でもなく、「偽名」というのが贈る側の気持ちをくすぐるらしい。
「本名」だと偽善だと言われる。「匿名」だと埋もれてしまうからだとか・・・。

いったいどんな人が贈っているのか。
お金が有り余っているお年寄りか??
と勝手に想像を膨らませるのだけど、残念ながら、私には、
「これを使って」「役立てて」
と人に贈り物をするだけの度量も懐の温かさも、、ない。
ああ残念。

それにしても、今まではこっそりと玄関先に届けられていたランドセルなどの贈り物。
次第に「タイガーマスク」が姿を現し始めた。
たまたま見つかってしまった、という目撃情報もあれば、
「今日行きます」
と予告してから現れるタイガーも。
う~ん、どうなんだ?明らかに
「ありがとう」
と言ってもらいたいのが丸見えなのだけど。

そのうち
「贈ってやってるんだぞ」
とか
「見返りよこせ!」
なんてことにならないか、ちょっと心配だ。
始めた人の「善意」が踏みにじられないことを願っております。
さて、いつまで続くのか。

フィギュアスケート観戦

昨日、初めてフィギュアスケートのショーを見に行ってきました。
ジャパンスーパーチャレンジ2011
です。

出演者の豪華なこと!
シニアの国際大会で既に活躍している選手だと、
男子:高橋大輔選手・織田信成選手
女子:浅田真央選手・安藤美姫選手・鈴木明子選手・村上佳菜子選手

贅沢だ。

そしてこれから活躍が期待される、将来のフィギュアスケートを盛り上げるであろう選手達。
男子:羽生結弦選手、町田樹選手、木原龍一選手、宇野昌磨選手
女子:庄司理沙選手、加藤利緒菜選手

まだ小学生、中学生なのに、質問に一生懸命答えようとしていて、かわいらしい。
ジャンプ、ステップともにますます伸びていくんだろうな。

町田選手や木原選手は名前は聞いたことあっても演技を見たことがなかった。
でも、昨日のエキシビションで、感動。しかもビジュアル的にお姉さんは気に入った。
これから応援しよう。

今回はショーなので、選手達も競技会のような緊張感がなく、見る私たちも
「楽しむぞ」
という気持ちでリラックスしているのがいい。
どの選手のプログラムも素晴らしく、印象に残るものばかりだった。
しかも、普通にトリプルアクセルだとか、トリプル×トリプルのジャンプを見せてくれる。
うううむ。すごい。

鈴木明子選手のベリーダンス。始まった瞬間に会場が静まり返り、雰囲気ががらりと変わる。なんて曲の表現のうまい人なんだろう。曲に合わせて演技してるんじゃなくて、曲と踊ってる感じ。
高橋大輔選手。今シーズンのショートプログラム「マンボ」。エキシビバージョンだろうが、まさかここで見れるとは思っていなかった。
「足が全然動かなかった」
と言っていたけど、それでもさすがステップ王者。やっぱり生で見るのは違う。
そして、浅田真央選手。滑り始めた瞬間から、
「すごい」
のただ一言。何か違う。何が違うのかはわからないけど、すべてにおいて突き抜けていると思った。

というわけで初フィギュアスケート観戦、というのか鑑賞というのか。
世界のトップレベルの人たちの演技ってすごい。やっぱり何事も本物を見なければいけないわ。目を肥やさないと、って思った。
しかも、日本にはこんなに素晴らしい選手がたくさんいるのだから!!

そして、スケーターのほかにもゲストに荒川静香さん、本田武史さん、元シンクロ選手の小谷実可子さん、バレエダンサー熊川哲也さん、司会はTOKIOの国分太一、解説席には八木沼純子さん、とヨダレモノ。

熊川哲也さん、なんて声が渋いんでしょう♪

そんなこんなで、とても良い夜でした。
お値段はちょっと高いのですが、機会があれば、ぜひ見に行くことをお勧めします。

そして、、、やっぱりスケート場は寒い。カイロ必須、ひざ掛け必須、コートに手袋は当たり前。
夫もすっかり冷え性になっていました。
そういえば、会場内で売っていたカレーパンが絶品だった。うまかった。

心温まる

久々復活の?CMシリーズ。

東京ガスのお弁当編。

ほろりと来ます。

見てみたいもの

私→前葉体

夫→プラナリア

何者かは調べてみてくださいませ。
プラナリアは・・・ちょっと不気味です。

春日井三山

毎年続けようと思いつつ、なかなか続かない低山ハイク。
年始が肝心、ということで、今年は春日井三山へ。
道樹山・大谷山・弥勒山のプチ縦走です。

きれいな青空で空気も冷たく。念のため何枚も重ね着。
細野キャンプ場に車を停め、登り始めたのですが・・・尾根コースへ行ったら、600段の階段が延々と・・・。先を見ると上のほうへ向かって階段がず~っと続く・・・。

う・・・気分が萎える。

心臓バクバク、呼吸困難になりつつ何度も休憩し、ぜーはーぜーはー言いながらも前進。

出発の時は寒くて重装備だったのに、あっという間に汗がダラダラ流れ始める。

服を脱ぎ、手袋を外し、マフラーも取り・・・、、ひいひいと言いつつ木漏れ日の道樹山山頂へ。35分ぐらいで到着。
夫はけろっとしているのに、私一人、ウマのように湯気をもうもうと頭から立ててました。
新陳代謝、良すぎるわ。

最初さえ乗り切ってしまえば、あとはのんびりプチ縦走モード。

風もなく、のんびりあるいてきました。

大谷山から右手側に入鹿池がちょこっと見えます。

F1001352

弥勒山からの眺め。

F1001353

きれいに澄んで遠くの山々がよく見える。

残念ながら正面の御嶽山は上のほうが雲の中に隠れてしまってました。

そして、この弥勒山頂上ではヤマガラに餌付けされているため、人を恐れずえさをねだりに近寄ってくる。

弁当食べてたら、物欲しそうに見つめられた。

今日の弁当は赤飯おにぎり。中に入っていた小豆を一粒、指に挟んで差し出したら、遠慮なく手に乗ってきた。

うーむ、かわいい♪

本当に野生かい、君たち。

そして、鳥インフル、大丈夫かい?咳してないよね??

F1001354

残念ながら逆光写真しか撮れず。

この春日井三山のコースはとても気持ちがいい。

いろんな道が現れて、飽きないわ。

F1001355

こんなシダに覆われた細い道もあって、ちょっと楽しい。

おじさんおばさんハイカーが多い。それに時々、トレイルランしてる人も。体力あるなあ。

歩いていたら、木の上からぽろぽろぽろぽろと何か降ってくる。

なんだ?

と思って見上げると、リス。

リスが松ぼっくりをぽりぽりぽりぽりとかじっている。

かじり終わったら木から木へと飛び移って立ち去ってしまった。

癒される。。。

しかし、ところどころに

「クマ注意!」

の看板が。今の季節はいいだろうけど、熊よけ鈴をつけたほうが念のため、よろしいのかもね。

最初ののぼりは厳しいけれど、とても気持ちのいいコースだったので、また行きたいと思います。

年頭あいさつ

2011年、平成23年、ウサギ年ですね。

コアな愛読者のみなさま、
ならびに
遠方より我が家の生存確認をしていただいてるみなさま、
今年もよろしくお願いします。
好奇心のアンテナ広げて、今年もワタシ色でぶつぶつ言い続けます。

さて、今年はワタクシ、年女、でございます。
そして、本厄、でございます。
さらに、八方塞がり、でございます。

…いいことなし。
年始早々ブルーになりそうになる…。
この一年、健康に無事に過ごさねば!

家の近くの上野天満宮へ初詣に行き、御守りを購入、早速携帯にぶらさげてます。

F1001351

『ウソ守り』
です。天満宮と鳥のウソはつながりがあるそうで。

(漢字で書くと「鷽」となるのですが、「学」の旧字に字が似ていることと、梅の木の害虫を食べることから、天神様の使いといわれているらしい。)

厄除け身代わりになってもらいましょう。

そして恒例のおみくじ。今年は中吉。よかった。

ちなみに夫は今年も大吉。
夫は結構な確率で大吉を引く。
引きが強いのか?

F1001349

ここのおみくじ、こんなかわいいお人形さんに入っています。

・・あれ?前と人形が変わった気がする・・・。前はお姫様だった?

と思ったら、すぐ隣に

F1001350

うーん、こんなんだった気もするが、色が違うような。きっとデザインを変えたんでしょう。

こんな年の始まり。

今年もよろしくお願いします。

« December 2010 | Main | February 2011 »