« おうちでたい焼き | Main | 相撲→国鳥→ガンバとかわうその冒険 »

読了 2011年1冊目。

1月中に読みきりました。

「How Starbucks Saved My Life」

洋書を読んで、ジーンと心に響いたのはスラムドッグミリオネア以来?
何よりも、簡単な英語で書かれているから、スムーズに入ってくるのだろうけど。
でも、これだけ簡単な英語で、これだけの気持ちを表現できるっていいなあ。
難しいことをより難しい言葉で説明するのは簡単だけど、簡単なことをより簡単な言葉で
説明するのは難しい。

感覚的には
「モモ」を読んで、おお~って思うような感じ。
「クラバート」読んで、おおっとドキドキするような感じ。
日本の児童書でも侮ることなかれ。いいものはいい。
簡単な言葉でも、気持ちを上手に表現しているものは名作。

とにかく、そのぐらいの読みやすさとわかりやすさだった。
そして、読み終わった後の心温まる感じもいい。前向きな気持ちになった。

超一流企業をリストラされ、離婚され、(自分がまいた種もあるが)踏んだりけったりの
人生になりかけた60歳過ぎのおじさんが、NYのスタバで働く話。
トイレを一生懸命掃除し、若い仲間との仕事にやりがいを見いだす。

なんだか前向きになれる話。お薦めします。

そしてこれを読みながらスタバでラテを飲んでくつろぐ。これ最高。
ここで働いている皆さんも、こんなドラマが繰り広げられてるのかな~なんて、ちょっと
想像してニヤリとしつつ。
ってか、この本読んでると、スタバのコーヒーが飲みたくなるんだな。


« おうちでたい焼き | Main | 相撲→国鳥→ガンバとかわうその冒険 »

Comments

私もカフェで読書すきですね~。手帳を書いたり。
でも私はコーヒーがそこまで好きじゃないし、その雰囲気が好きなのかな。
いつも時間に追われバタバタ生活してるけど、そのときだけはちょっとセレブな気に、OLの気なる!?
どっちにしろなぜか憧れるんですよね~。女を感じるみたいな。

実は私も読んでる本がありまして・・・・。
家ではなかなか進まないのでカフェ行こうかな~。

あややんさま

その後、読書は進みましたか?
なかなか家で「本を読む」時間が取れなくて、というか、「本を読む」時間を取るのが
もったいなくて、スキマ時間にいそしんでます。

お気に入りの場所での読書は、本当に心地よいですよね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« おうちでたい焼き | Main | 相撲→国鳥→ガンバとかわうその冒険 »