« 年頭あいさつ | Main | 見てみたいもの »

春日井三山

毎年続けようと思いつつ、なかなか続かない低山ハイク。
年始が肝心、ということで、今年は春日井三山へ。
道樹山・大谷山・弥勒山のプチ縦走です。

きれいな青空で空気も冷たく。念のため何枚も重ね着。
細野キャンプ場に車を停め、登り始めたのですが・・・尾根コースへ行ったら、600段の階段が延々と・・・。先を見ると上のほうへ向かって階段がず~っと続く・・・。

う・・・気分が萎える。

心臓バクバク、呼吸困難になりつつ何度も休憩し、ぜーはーぜーはー言いながらも前進。

出発の時は寒くて重装備だったのに、あっという間に汗がダラダラ流れ始める。

服を脱ぎ、手袋を外し、マフラーも取り・・・、、ひいひいと言いつつ木漏れ日の道樹山山頂へ。35分ぐらいで到着。
夫はけろっとしているのに、私一人、ウマのように湯気をもうもうと頭から立ててました。
新陳代謝、良すぎるわ。

最初さえ乗り切ってしまえば、あとはのんびりプチ縦走モード。

風もなく、のんびりあるいてきました。

大谷山から右手側に入鹿池がちょこっと見えます。

F1001352

弥勒山からの眺め。

F1001353

きれいに澄んで遠くの山々がよく見える。

残念ながら正面の御嶽山は上のほうが雲の中に隠れてしまってました。

そして、この弥勒山頂上ではヤマガラに餌付けされているため、人を恐れずえさをねだりに近寄ってくる。

弁当食べてたら、物欲しそうに見つめられた。

今日の弁当は赤飯おにぎり。中に入っていた小豆を一粒、指に挟んで差し出したら、遠慮なく手に乗ってきた。

うーむ、かわいい♪

本当に野生かい、君たち。

そして、鳥インフル、大丈夫かい?咳してないよね??

F1001354

残念ながら逆光写真しか撮れず。

この春日井三山のコースはとても気持ちがいい。

いろんな道が現れて、飽きないわ。

F1001355

こんなシダに覆われた細い道もあって、ちょっと楽しい。

おじさんおばさんハイカーが多い。それに時々、トレイルランしてる人も。体力あるなあ。

歩いていたら、木の上からぽろぽろぽろぽろと何か降ってくる。

なんだ?

と思って見上げると、リス。

リスが松ぼっくりをぽりぽりぽりぽりとかじっている。

かじり終わったら木から木へと飛び移って立ち去ってしまった。

癒される。。。

しかし、ところどころに

「クマ注意!」

の看板が。今の季節はいいだろうけど、熊よけ鈴をつけたほうが念のため、よろしいのかもね。

最初ののぼりは厳しいけれど、とても気持ちのいいコースだったので、また行きたいと思います。

« 年頭あいさつ | Main | 見てみたいもの »

Comments

本年もよろしくお願い申し上げます。

おお、オイラの地元ではないですか~。
お疲れ様でございます。

昔、定光寺駅から道樹山・弥勒山に行った覚えがあります。

rutaさま

今年もコメントも含め、よろしくお願いします。

そうですね、rutaさんの地元ですよね。
地図を見たら、定光寺から道樹山まで、いくつか山越えをしなければならなくて、
ちょっと大変そうでした。
地元ハイカーや、トレイルランをしている人も多くて、身近な山だなあと思いました。
コースも様々あって、これからもお世話になりそうです。

家族連れも何組かいました。息子さんが大きくなったら、一緒に登れそうですよ。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 年頭あいさつ | Main | 見てみたいもの »