« 忘れたころにやってくる。 | Main | 読了 2011年《和書》1冊目。 »

1週間

この一週間は長かった。
テレビを見ている時間が、やけに長かった。

被災地の方も、やっと現実を直視し、これからのことを考えられるように、考えなければならないと考えられる状況になってきたのではないでしょうか。

原電については・・・一個人の考えとしては、今の日本にはなくてはならないものだと思ってます。
今後原電の新規稼動などがかなり難しい状況にある中、この日本の電気依存の現状を原電なしに維持していくのはかなり難しいかとも。かといって、危険なので、では別のエネルギーで補いましょう、なんて急に発電を別のエネルギーに求めるには、時間がなさ過ぎる。
「節電」が今の流行り言葉ですが、一時のものになってしまわないように、考え方を変えなければならないかと思います。無駄に電気を使っているのではないかと。

とにもかくにも、電気に頼りすぎる生活はやはりちょっと・・・。
エネルギー源を一つにするのはやっぱりリスクがあると思います。

これから、被災地とそうでない地域の温度差がどんどん広がっていくんでしょうね。

物理的な距離があって支援できないのは仕方がないです。
罪悪感を感じなくてもいいと思います。
民放では番組も通常に戻りつつあるなか、今はまだお笑いなんて見る気になれない。
自分が普通に生活できて、現地のことを忘れてしまうのは残酷すぎると思うのです。

あああ、、考えがまとまらない。

« 忘れたころにやってくる。 | Main | 読了 2011年《和書》1冊目。 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 忘れたころにやってくる。 | Main | 読了 2011年《和書》1冊目。 »