« 読了 2011年《和書》1冊目。 | Main | フレッシュな人々 »

スマートフォン購入

昨年からずっと考えていたスマートフォンをついに購入。
夫と同じ機種、同じ色・・・。
間違えてしまう。

まず、
本当に今、必要か?
と言うと、

NO!

なんだけど、でも海外で使いたいってのもある。
それまで使ってたのも海外で利用できるが、使えるエリアが限られている。

でも、
本当に必要かどうかわからないし、スマートフォン自体なにものなんだかわからないけど、なんだか便利そう。そして時代の流れからもそろそろ導入時期か?

ある程度機種が出始めれば、不具合も一通り解消されているだろうし。

よしっ。

ということで購入決定。

さて、悩んだのが、どの機種にするか、ということ。
キャリアはドコモで決まっている。

理由??

別キャリアにするのは面倒だから。

で、どんな機能が必要か、ってところでやっぱり悩んだ。
一番の悩みどころは、ワンセグが必要かどうか。

今まで使用の携帯にもワンセグついてた。でも、使ったのってこの4年近くの間で10回もない。
なら必要なし。
と思っていたのだけど、やっぱりこういう地震があると、外出先で情報が見たいのじゃないか?
でも・・・・今回、外出先で地震があった。でも、ワンセグ使わなかったよな~。

悩む、悩む、悩む。

ま、外出先で災害に出会った時は、そばにいる人を捕まえて見せてもらおう。→というわけで必要なし。

ワンセグ以外は??
おサイフケータイ?→電子マネーは使ってるけど、ケイタイでは使ってない。必要なし。
赤外線?ん~、あれば便利だけど、絶対ついていなければならないほど登場頻度は高くない。そんなに新しい人と出会うわけでもないし。→必要なし。
カメラの画素数は??
1000万画素もいらないでしょ。プロカメラマンじゃないんだし。画素数が高ければいいってもんでもない。
500万画素あれば十分じゃないかい?→ってことでカメラの画素数にはこだわらず。

あとは動作性。
ストレスなく動いてくれるかどうかがやっぱりポイント高い。
あとはアプリをダウンロードするわけだから、本体容量が多いほうがいいでしょ。
バッテリーの持ち時間とか・・・。

などなど、店頭のお姉さんの話を聞いたり実際に触ってみた結果、決定。

GALAXY S

です。
発売は半年近く前だけど、でも、納得して購入。

・・・にしても、家電量販店「K」の販売員は対応がボロボロ&ダメダメだった・・・。
夫いわく、
「身だしなみが乱れている人は、仕事にも表れる」
のだそうです。
営業マンの靴で、気配りできるかどうかを見るのと同じだそうで。
確かにそうだと思うわ。
ってのも、その販売員、スタジャンの襟元がファンデーションで汚れまくっていたので、夫はそれを見た瞬間に
(この人、大丈夫か?)
と思ったのだそうだ。

購入に手間取り、先が思いやられるスマートフォンデビューですが、今日からは順調です。
まだまだ使い方が分かりませんが、がんばります。

« 読了 2011年《和書》1冊目。 | Main | フレッシュな人々 »

Comments

デビューおめでとうございます!老若男女夢中になってしまいまうと聞いております。
使いこなせるのが早ければ早いほど脳が若いそうですよ。

おおお、買われたのですか☆

オイラもスマートフォン使用者ですが、オイラ的には
一番の難点は指での画面操作です。

押してはいけないところを押してみたり、
押さなくてもいいところを押してみたり、
オイラが男で指が大きいからかもしれませんが、
いまだにストレスを感じております(汗)

そしてこの冬困ったのが、指の乾燥。
指が乾燥してしまうと、画面が反応してくれません(汗)

しばらくは「戦い」が続くと思いますが、
楽しいスマホライフを♪

ひろりんさま

もう使いこなしております。私の脳みそ、まだまだ捨てたもんじゃない!

と自慢したいところですが、まだまだ、よちよちと触っております。
でも、とりあえず傷つかないように保護シールとカバーをつけました。
すっかりギャラクシーとわからないようになってしまいました・・・。
色は関係ないってことですね。

rutaさま

ストレスなく、さくさくと動いてくれるのでこの機種選んで正解だったな、と。
私も入力時に押し間違いはあるんですが、思ったよりも正確に反応してくれてます。
指が大きいと不利?うーん、そうかもしれないですね。

指先が乾燥し過ぎて反応しないとはすごい。静電流が流れないんですね。
ハンドクリームつけて保湿してくださいませ。
でも、つけすぎるとディスプレイがべとべとになっちゃうので、悩むところですね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 読了 2011年《和書》1冊目。 | Main | フレッシュな人々 »