« March 2011 | Main | May 2011 »

今年の長旅

明日からGWですね。

毎年、これを楽しみに日々がんばっていますが、今年は最長移動です。
片道24時間。
耐えられるのか??

でも、一度は見ておきたい場所なので、とても楽しみです。

では、行ってきます。

慣れるって怖い

毎日毎日、当たり前のように原発の記事を目にしていると、それが日常のことになってくる。
○○ベクレルだとかシーベルトだとかという数値を見せられても、最近では

ふ~ん

な感じで、特に驚くこともない。
水位が上がった、下がったと言ってても

そうなんだ~

って感じ。
距離があるし、スーパーで時々「品薄でご迷惑おかけします」と書いてあるのを見るだけで、実生活での影響が出ているわけでもない。
なんか・・・感覚が麻痺してきているのか、テレビで報道されていることや被災地の方の声を聞いても、半月ほど前に比べると1枚2枚、何かが目の前にぶら下がっているような、なんとも距離を感じるようになってきた。

あかんあかん、と、たまに思います。

元の地名

最近つくづく思う。

市町村合併やらなんやらで元の地名がどんどん消えていくが、やっぱり昔つけられていた地名ってのは大事だな、と。
それなりに理由があって、そうつけられていたのだから。

特に家を買ったりする時は、現在の地名だけでなくて昔の地名を調べることもしなくちゃね。

久々に結婚式

久々に結婚式に出席しました。
この年になると、近い年の友人は挙式をしても身内だけ、とか、海外で済ませるってのが多くなる→結婚式に出席しなくなる。

今日の主役は私よりも10歳近く年下なので、結婚式ラッシュの年代。
新郎が私たち夫婦と友人なので、二人で出席してきました。

お天気もよく、ガーデンウェディングでもありました。
Pict0087

新婦側は音楽関係なもので、ピアノ・バイオリン・歌の余興で、通常あるおちゃらけ余興はゼロ。
真面目な結婚式でしたが、新郎新婦の人柄がにじみ出ている温かいものでした。

家に帰り、部屋に飾ってある自分たちの結婚式写真を見ましたが、
あのころは若かった・・・
ってのが正直な感想。ま、そんなもんだ。

ボクシング観戦

1週間前ですが、ボクシングの試合を観戦してきました。
お世話になっている人が出たので。

20110410

接近戦で打ち合う打ち合う・・・どちらも倒れず。
8Rまで行き、最終的には判定で勝利!!おめでとう。

たまにはいいもんです。

役立つ

スマートフォン生活。
購入時にはかなりどたばたがありましたが、その後は順調に使っております。
いまだに落としそうで怖いんだけど。

そういえば、セキュリティ対策、何にもしてなかったよね
ということに気づき、ようやくロックをかけたところですが。
今までに比べるとかなりの個人情報を持ち運んでいる。メールもPCに来たやつも見れちゃうし。
ちょっとそこまでのものを使っている認識不足だった。反省。

いろいろアプリを入れているのだけど、役立つものから、んんん・・・これは、削除。
というものまである。
ラジオが聞けるアプリは便利だ。
あ、ちなみにワンセグなくても、全く問題ないな、今のところ。

そんなアプリたちの中で、やっぱり地震大国日本には必須だと思ったのが、緊急地震速報系のもの。
さっきも震度6強という強い揺れが東北地方で観測されたけど、その速報もNHKのよりも反応が速いのね。
細かい震源地に多少狂いはあるものの、でも強い揺れが来る!というのが手元で分かるってのは助かります。
何もできないかもしれないけど、突然揺れ始めるよりかはいい。

そしてさっきの地震、やっぱり気持ちのわる~い揺れ方だった。
自分のめまいなのか、家が揺れてるのか判別できない感じ。

いまだに気持ち悪い・・・。

読了 2011年3冊目。

今年はなかなか順調に読み進んでおります。
基本はバス読。
風呂のBathではなくてバスのbusのほうね。
最初は読んでいるうちに気分が悪くなっていたんだけど、それにもすっかり慣れました。

で今年3冊目は
「My Sister's Keeper」

病気の姉のために臓器提供する目的で生まれてきた妹が、臓器提供を拒否し裁判を起こすという話。
映画化されたものなんだけど、映画とは結末が全く逆。

すごく切ない結末で、ただただ呆然。。。
それってどうなの!?せっかく裁判したのに!!

と悲しいお話でした。


フレッシュな人々

今朝の通勤はなかなか激しかった。
常に混んでいる路線なのだけど、本日はいつもの3割り増でぎゅうぎゅう。
その理由はたぶん二つ。
新社会人くん&さんと新入学生+保護者。
私の足になっているバスなんだけど、沿線に市役所+県庁と、この地区では頭がいいと有名な、私立の中高一貫男子校がある。どうやら今日はその中学の入学式もあったらしい。

スーツに仕付け糸がついたまま初出勤の若者達と、だぼだぼの学生服に着られている新中一生と気合十分なお母様方。
どの人も通勤ラッシュの満員バスに慣れていない。
右へ左へと揺られるたびに、ヨロヨロヨロ・・・ヨロヨロヨロ・・・となっている。
そんな状況にバスが傾いて倒れちゃうんじゃないかとちょっと心配になったり。
そういう私は始発から座って、しっかり椅子をキープ。始発の特権。

そんなこんなで今日から4月。
桜の花もちらほらと咲き始め、いつの間にか春。
桜を見て春を感じる私。日本人だなあ。
気分新たに何かを始めようという気持ちに、ちょっとなる。
が、日々忙しいので、そんな時間もなく、あっという間に過ぎていくのでしょうな。


« March 2011 | Main | May 2011 »