« July 2011 | Main | September 2011 »

読了 2011年《和書》8・9・10・11・12・13・14・15・16・17冊目。

8月も今日が最後。
振り返れば、暑いのかそうでなかったのか・・・。
最近がそこまで暑くなかったから「暑くなかった」と感じやすいのか?

ま、それは置いときまして、8月の読書記録。
7月に続き、えらい勢いで読んでしまいました。
7月に有川浩の図書館シリーズを一気読みしてたので、勢いで他の有川作品も読んでしまえ!と。

有川浩『塩の町』『空の中』『海の底』『クジラの彼』『レインツリーの国』『シアター!』『シアター!2』『阪急電車』
万城目学『プリンセス・トヨトミ』
夏川草介『神様のカルテ』

10冊か。どれも軽く読めるものなのですが、相変わらず読むスピードは速いようです。

映画化されたものがこのうち3冊。どれも映画は見てないんですが。

『神様のカルテ』、今公開中。これはバスの中で泣きながら読んでました。本を読みながら泣いたのは久々。ああ~、こんな細君、私には無理だ!!とだれもが思うに違いない。

『阪急電車』、あ~、映画になりそう、イメージわきます。淡々と、でも爽やかな読後感。

『プリンセス・トヨトミ』、今まで読んだ万城目作品『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』に比べると、ちょっと冗長。説明が長い印象。滋賀が舞台でまだ文庫化されていない『偉大なる、しゅららぼん』に期待?

その他の有川作品ですが、自衛隊三部作といわれている『塩の町』『空の中』『海の底』。
どれも意外な設定で、最初からぐいっと引き込まれました。
その中でも『空の中』がお気に入り。この影響で高知県へ行くのが楽しみになったってのもある。
『シアター!』『シアター!2』ともに、珍しく自衛隊とは離れたストーリーなのだけど、なかなか面白いではないか。

有川作品はこれでひとまず休憩。ちょっと飽きてきた、というのも正直なところ。
洋書が積ん読状態なので、そちらにも手をつけなければならないが、もうしばらく、和系で行こう。

モードチェンジ

今年は夏→秋への変化がゆっくりだと思う。
と言っても、実際の季節ではなくて、お店の服の話。
去年までだったら、7月のセール終了と共に秋冬シーズンへ転換。
お盆明けにはどのお店のショーウィンドウも、明るくてビビッド系の色やひらひらすけすけ素材から、一気に黒・茶・ボルドーへ、そして毛糸系&ブーツへ。
年々先取りし、どんどん秋冬の始まるのが早くなる傾向だったけれど、でも、今年はまだまだひらひらすけすけしている。
まだまだ節電の夏ですから。こんな30度超えを普通にしている時に、毛糸なんてまとっていられるか!!

・・・これが普通なはずなんだけどな。

働きモノ

日々、我が家をきれいにしてくれる、ルンバ君。
家を出る前にスイッチオン。ピロリロ~ン♪と共に動き始めるのを確認して、出勤。
そして、家に戻る頃には、ちゃんとチャージ完了、おなかも満タン状態で落ち着いている。
ゴミもない。
よしよし、ちゃんと働いたな。
という日がほとんどなのだけど、たまに、カーペットがめくれていたり、アイロン台がひっくり返っていたりと、ちょっと暴れん坊の掃除をした形跡のある日もある。

帰宅時には、こまちが脱走していないか確認すると同時に、ルンバがちゃんとドックに戻っているのか確認するのも日課。

さて、今日。帰宅。
なんだか部屋がネギくさい気がするが・・・。

こまち、寝てる。よしっ。
ルンバ、いない。おっ!?

探しに行くと、別の部屋の入口で力尽きていた。
バッテリー切れか?と思ったのだけど、そうでもないらしい。そしてネギ臭。
裏返してみると、うーむ、ブラシの部分にネギが巻きついて巻きついて、絡まっている。

なるほど、これで止まったわけね。

なんて感心している場合じゃない!!
どうやら台所にあったネギを巻き込んで、巻き込んだまんま、掃除を続けたということらしい。う~~、だからネギくさいのか。

見たところ、ネギの被害も部屋の被害もルンバの被害もそんなにひどくない。
不幸中の幸い?
絡まったネギを取り除くと、ルンバはのこのことドックへ戻っていきました。
お仕事、ご苦労であった。

目が回った場所

7、8年ぶりに回転寿司へ入りました。

回転寿司いっても、流れてくるのは取らず、基本注文する私ですが・・・。
久々に流れてくる寿司を目で追っていたら・・・世界がぐるぐるぐるぐる!

目が回る~。机を持っていなければ、体が傾いて揺れてしまうぐらい。
うー、あまり気持ちのいいものではない。

「乗り物には弱くないのにね」

という夫。
確かにそう。長距離ドライブも電車もバスも苦にならない。
なぜ??

と思ったのだけど、そういえば、手前のレーンは左方向へ、そして視界の奥では右方向へ寿司が流れていた。
めまいも右回りだった。原因はどうやらこれらしい。
一定方向へ動く分にはいいのだけど、回転が加わるとだめということか。

味?
回転寿司の味ね。

今後は自ら進んで立ち入ることはないでしょう。

2011年 夏旅

お盆休みをずらして取ってもらったので、早めの夏休みです。
GWにはちょっと遠くへ行ってしまったので、この休みは国内で。

でも、前日までどこへ、なにで、行くかも決まっていない状態。
当然宿も押さえておらず、さてさて、どうする?

ここ数年、何度か候補に挙がりつつ、なかなか行けていなかったいくつかの中から決めたのが

四国。

もちろん、四国へ行ったことあるし、通過したこともある。
なので、その中でも、ちょっと遠いところにある四万十川を目指すことに。

四万十川、といえば、最後の清流。
そんな清流に行くのだから、やっぱり川と戯れないといけないでしょう。
泊まりはキャンプ場でいいか。

そんなアバウトな計画で、3泊3日の旅に出発。
3泊3日です。
日付変わった後に出発して、交代で運転しながら車中1泊なので。

先行は私。西宮で休憩後、倉敷まで運転。その後瀬戸大橋からは夫。

ルートは、始め瀬戸大橋から高知へ南下、四万十川を上流へ、そして松山道後温泉に抜ける、という円を描くつもりでいたのだけど、やっぱり車中一泊の後には、ひとっ風呂浴びたい、ということで道後温泉へ。

20110731_095731

坊ちゃんたち。
20110801_185016

近くの神社。すごい階段。
20110731_105935

登った先の本殿では、結婚式。
20110731_110520

四万十川へ向かう途中に、ふらりと立ち寄った内子座。
20110731_124839

すごい味わい深い。興味深い。面白い。
20110731_123021

内子の町では、缶で作った風車がたくさん軒先で揺れてました。
20110731_125235

そして2日目、四万十川。
Img_36471

キャンプとカヌーを楽しみました。

四万十川と言えば、沈下橋も有名。
Img_36541

この前の台風で流されてしまった長生沈下橋。
Img_36791

そして飛び込む人たち。後ろ向き!!
Img_36841

最後、3日目。

再び道後温泉から東へ、と言えば讃岐うどん!!
製麺所のはしごです。

まずは、釜たま発祥の店?「山越うどん」
20110802_123745

もちろん、釜たま(小)
20110802_122556

移動途中で見つけたひまわり畑。半端ない大きさの畑がふつうに、ある。観光用でもない。
20110802_133234

続いて、山の中へ。「やまうちうどん」。
20110802_131322

かけうどん(ひやひや) (小)です。
20110802_130654

讃岐うどん、最高!!
満腹になったところで、淡路島経由で帰宅。

走行距離、計1350キロ。
まあ、こんなところか。無理な運転をしたわけでもなく、自然に癒された旅でした。

もう少し詳しい写真はFacebookでお楽しみくださいませ。



« July 2011 | Main | September 2011 »