ボクシング観戦

1週間前ですが、ボクシングの試合を観戦してきました。
お世話になっている人が出たので。

20110410

接近戦で打ち合う打ち合う・・・どちらも倒れず。
8Rまで行き、最終的には判定で勝利!!おめでとう。

たまにはいいもんです。

根性!!

本日は夫婦で「いわくら五条川マラソン」10キロの部に参加してきました。

そんなに体調は良くない中、しかも小雨、8℃・・・。

10キロ完走できるかなぁ、その前に、足きりに合わないかしら、というレベルのランナーなのですが。

絶対にみんなペース速いから、自分のペースが乱れてしまう→バテバテ→リタイア!?

なんてことだけにはなりたくないので、人がどんどん抜いていこうがマイペースマイペース、と念じ続け、しかし、やはりオーバーペース気味で2キロの時点で既に夫と離れ離れに。

いつものジョギングなら、2人で10キロしゃべり続けて楽にゴール、なのに、今日は黙々と1人、前を向いて走る。なかなかつらいもんです。

だんだん下を向いてしまうようになるので、五条川の川を眺めながら走ったり、周りのランナーの服装をチェックしながら走るようにしました。

最終的には夫と5分チョイ差で脚きりにあうこともなく、無事完走。やったーやったー。

10キロの部は18歳以上80歳オーバーまで男女合わせて1700人ぐらいの申し込みがあったらしい。

女性40歳未満10キロの部は申し込み193名、そして何人走ったかは知らないけど、一応ジャスト真ん中でゴールしたようです。

10キロの部のランナーの中には頭から脚までゴールドのつなぎ着用+背中に日の丸の旗背負う=スピードスケート男子!!の格好の人たちや、ウェディングドレスの男性やら、獅子舞の人やら所々に仮装した人がいて楽しめました。

スピードスケートの格好の人はほぼ同じぐらいのペースだったので、常に私の視界に入り、ちょっと楽しかった。ほぼ一緒にゴールした年配の男性には

「おねーちゃん、長距離走ってる人やろ??フォームきれいやで~」

なんて褒められましたが、、、いえ、10キロがいっぱいいっぱいですがな。

もうちょっと楽しく走れると思ったんだけど、オーバーペースになってしまったことやら、平坦コースだったので、きつかった~~!!(夫は楽しかったようです)

しんどかったけどまた走りたい!こういう大会を目標にジョギングするのもいいもんですよ。

かぶりついてオリンピック!

ずいぶん久々の更新ですが、ちゃんと普通に生活しております。

さて、今回のバンクーバーオリンピック、しっかり見てますよ。

しかし、なかなか五輪話に乗ってくれる人が少なく・・・

「あんまり冬の競技って魅力ないよね~」

なんて言われたりして、1人で盛り上がってるような状況。残念。

私の注目競技はフィギュア、モーグル、カーリング、ジャンプ、ショートトラックなどなど、ほぼ全て。

しかし残念ながら、リュージュ・スケルトン・ボブスレーは見てると目が回るので・・・。

そんなこんなで本日、フィギュアの男子フリーが行われ、めでたく男子は銅メダルを取ったわけで。涙腺がないといわれている私が、フィギュアばかりはいつもうるうるとしながら見てしまうのです。今回の高橋、織田、小塚3選手ともにそれぞれドラマがあり・・。1人うるうるしながら、思わずテレビを見ながら実況中継並みに、仕事中の夫に感動メールを送る始末。

でも、やっぱりね、フィギュアについては「滑れることが楽しくて仕方がない」気持ちが演技にも表情にも表れるな~って思った。

高橋選手にしても、女子の鈴木選手にしても、身体の不調で全く滑れない経験をしたからこそ、滑れる喜びを表現できるんだろうな。それもこれも二人ともカムバックしたからこそいえる話であって・・・。

次の女子、浅田・安藤・鈴木3選手にも期待。だけど、メダルを取らなきゃと表情の暗い2人よりも、伸びやかに楽しそうに演技する鈴木選手にぜひ頑張ってほしい。

・・・って、私、何者??

サッカー観戦

夫の組合関係で手に入れたサッカーのチケット。行ってきました、瑞穂運動場。

グランパスvsジュビロ磐田の試合。

でも残念ながらサッカーには全く興味がないため、ボールを蹴ることぐらいしかルールが分からない。フォーメーションもどんなんなのかさっぱりわかんないし、MFだとかFWだとかって何??遠目に見ていて選手たちが右行ったり左行ったりめまぐるしいな、というのは分かったけど。

今回の選手で名前を知っていたのがジュビロ磐田の川口選手とグランパスの楢崎選手のみ。二人ともゴールキーパーか。

でもルールを知らないなりになんとなく試合を楽しみ、回りの人間観察をして楽しく応援しました。

サッカーファンって、野球ファンよりも濃い~気がした。野球以外のスポーツ観戦もたまにはいいかも。