濃い3連休、総括!

海の日近辺の3連休、終了です。

まず土曜日。

4月から行っている英語&中国語のお勉強に自転車で行き、ついでに名駅まで自転車を走らせた。寄り道しながら帰宅。全部で15キロほど走ったか。しかも相変わらず、行きはヨイヨイ、帰りは怖い!の坂道なので帰宅後、ヘロヘロ。

でも、ヘロヘロとばかり言ってらんない。着替えやタオルケットなど積み込み、夜中12時半に車で出発。この3連休は東京へ。義弟が2泊3日の外泊許可が出たので、埼玉の家へ顔を見に行くことにしたのだ。

今回は珍しく夫先発。私は車内で仮眠。東名を走り、夜中2時ごろに静岡の牧の原SAで運転交代。運転すればするほど、目が冴えていく。途中、霧がかなり濃くてドキドキしつつ、空が明るくなり始めた4時過ぎに海老名SAに到着。ここで二人で30分ほど仮眠後、出発。首都高を走り、朝6時過ぎに埼玉県にほぼ到着。ここで2時間ほど仮眠。それから義弟の家近くの温泉でさっぱり、まったり。

ちなみにここの温泉、お湯がコーヒー色。最初、何かの薬草湯かと思ったのだけど、どうやらこれが源泉の色。温泉は数多く回っているけど、この色の温泉は初めてでございます。

11時半頃、義弟宅に到着。カンボジア土産を渡し、わざわざ取り寄せてくれた「天下一品」のこってりラーメンを懐かしく味わい、京都を思い出しながらいただきました。

ずいぶん大きくなった甥と戯れ、話をし、昼2時頃に義弟宅出発。

さすがに東京日帰りはきついので、群馬県の下仁田温泉に宿を取りました。

この下仁田温泉、また来たいと思わせる宿でした。すぐ隣を川が流れているのだけど、その音がとても心地よかったです。

そして今日、チェックアウト後、長野の安曇野でちょっとだけ散歩をし、そばを食べ、また温泉に入ってきました。

温泉入りすぎ?確かに温泉は気持ちいいけど、体力を使う~。

そして見事に事故渋滞にはまり、今度こそ本当に疲れて帰宅したところです。

今回は

東名→首都高→外環→関越道→上信越道→長野道→中央道

と2日ちょっとで850キロの行程でした。

ETCのおかげで高速代は安くなったけど、相変わらずガソリン代はかかるわけでして。

そして渋滞にもちゃんと巻き込まれました。高速道路の自然渋滞は「仕方がない」と思えるけど、事故渋滞はちょっといただけない。

りんご で パン

久々に手ごねパン作り。

すっかり作る手際が悪くなっております。

打ち粉とか、必要なものとか、何がいるんだったっけ?

焼き上げ時もまん丸に成形したから、パンパンに膨らんでしまった。

しまった、ひらぺったくしなアカンかった。やっぱりテキトーはダメです。

F1000645 でも、それなりにそれなりのものができあがりました。

デジタルからアナログへ

誕生日に夫からトイカメラをプレゼントしてもらいました♪

Photo

HOLGA120CFN

上においてあるのは魚眼レンズです。

1年近く「ほしいほしい」と言い続けていたので、プレゼントしてくれました。どうもありがとう。

正方形の写真が12枚しか撮れませんが、1枚1枚を大事にパチリパチリと撮っています。

初めて自分でカメラを買ったのはいつのことだったか・・・。学生の時・・?

35ミリフィルムを使って写真を撮っていて、飛行機に乗るときはX線でやられてしまわないようにと、X線用のフィルムバッグに入れてました。でもやっぱりかさばるのでAPSフィルム使用のコンパクトカメラを購入。同じ本数でも、フィルムの大きさが違うためずいぶん荷物が減り嬉しかったな。

今から10年近く前、少しずつ世の中に出始めたデジカメを買ってみました。撮ってすぐにその場で写り具合を確認できるあの手軽さ。なんて便利なものができたんだろう、と思ったものだ。まだ周りには持っている人がほとんどいなかったし、そして銀塩の画質には程遠く、その場で見るならデジカメ、写真として残すならフィルムで、とコンパクトカメラをメインで使っていました。

でもそのうち、ファインダーで見た景色と、実際に写して出来上がった写真の微妙な位置のずれが気になるように。

そこでフィルムの一眼レフを購入。

レンズを交換する、被写体をアップで撮る、自分の思った通りの写真が出来上がるという面白さにかなりたくさんの写真を撮りました。でも現像に出す手間と費用と、実際にプリントされないと本当にちゃんと写っているのか分からないというもどかしさも同時に増えていき・・・。その頃にはデジカメの性能もかなり上がり、一時期はどこまで画素数が増やせるかを競っていたメーカーも、いつの間にか軽さ・薄さ・液晶の大きさで競うような時代に突入していました。そして携帯にもカメラ搭載が当たり前。私の持っている古いデジカメはどこかに行ってしまったし、あったとしても使い物にならないし。

やっぱりデジカメほしいな。でも、コンパクトデジカメはいらない。だって携帯で取れれば問題ないもん。でもやっぱりデジカメほしい。なら、次はデジタルの一眼レフだ!

既にフィルムとデジタルの画質の差は素人目には全く分からない領域へ。

ということでデジイチを買いました。

連写が基本なので、1回のシャッターで4、5枚撮れてしまう。だから自然と枚数もフィルム時の4~5倍に。数分で100枚撮るなんてごく普通。数打ちゃどれか1枚はいい写真が撮れるでしょ状態。そしてプリンターで印刷してもお店で印刷してもらったものと遜色ないぐらいの写真ができるようになったので、ますますデジイチにはまり込む。。。。去年のGWに九寨溝に行った時、トータルで800枚は撮っていたかな。撮りすぎた。でもそれだけ撮ってもメディアは2、3枚で済んでしまった。あまりにもデジイチが便利なので購入以来フィルム一眼はずっと棚の中。あぁ~、もったいない。

そんな時に出会った。。。

1年ぐらい前、雑貨屋で不思議なカメラを見つけた。レンズが4つついていたり、大きかったり。見た目はプラスチック。「トイカメラ」と書いてあり、その通りおもちゃのよう。サンプルを見るとぼや~とした不思議な写真ができあがっていた。

・・・なんだろう、これは

とすごく不思議で、でもそのなんともいえないゆるい感じに惹かれた。でも既にカメラいっぱい持ってるし。。。フィルムの一眼レフ使ってないし、いらないよなぁ。あ、でもこの魚眼レンズで写真撮れると面白いなぁ。ん~~でも、やっぱりいらないかなぁ。んんん、でも、ほしい。買っちゃおうかな~、イヤ、我慢我慢。

とものすごく、私なりに我慢していたら、今回の誕生日に夫がサプライズでプレゼントしてくれたというわけだ。

というわけで早速使い始めたのだけど、コレが面白い!

まずフィルムが今まで使ったことのないタイプだから、入れるのも取り出すのもぎこちない。ファインダーのぞいてもピントが合っているかわからないから、自分でなんとなくこんなもんかな、と合わせるしかない。そして一本のフィルムで12枚しか撮れない!これは私にとって写真1枚1枚を大事に撮るということを思い出させてくれた。撮影した後に自分でフィルムを巻き上げなきゃいけないのだけど、それを忘れて1コマに2回分撮ってしまったり・・・。大事に大事に12枚撮り終わり、現像に持っていったら業者に出すから仕上がりに3日かかると。1時間もあれば現像が出来上がるこのスピード時代に3日は待ち遠しい。

3日後受け取りに行って、初めて写真と対面する時のわくわくドキドキした気持ちを久々に味わった。なんかこういうの、いいな。

Photo_2

Photo_4

Photo_5

こんな写真達になりました。思っていたよりはちゃんと撮れていたな。

「ボケた」写真

ではなく

「雰囲気のある」写真

という意味がちょっと分かったような気がします。デジタルからアナログへ時代の逆へ向かっているけど、いろいろ試したからこそフィルムの良さが分かったのかな。フィルム一眼もまた使ってみようという気になってきました。

油攻めにあってきました

2007年GWもあと2日です。ただいま。

今年は中国へ行ってきました。

6泊7日、今回のメインは九寨溝・黄龍・桂林。

個人旅行ばかりの我が家ですが、今回九寨溝へはツアーで行くかということになり、初のツアー体験となりました。

ツアーのいいところ悪いところ、中国のいいところ悪いところ、なんだかんだありましたが・・・

九寨溝、こんなところでした。

Img_2932

Img_3227

とんでもなく水の美しいところ。これが中国??って思えるほどでした。

それから黄龍。

Img_3605

段々畑のように池が連なっている。自然って不思議だ。

また後日、詳しく書きます。

そして、しばらくは中華料理は遠慮願いたい我が家です。四川省滞在が長かったせいか、油ギトギト料理がとても多かったのです。

やっぱ和食が一番だ。

冬キャンプ

我が家の2007年キャンプ、既に始まっています。

先日岐阜県の「保古の湖キャンプグラウンド」へ夫婦二人、行ってまいりました。さすがのこの時期、テントを張るような元気も体力も気力もないのでキャビン泊。といっても6畳1間の小屋だけど。

我が家が冬にキャンプをする理由。

それは燻製をつくらねばならないから。燻製はやっぱり良く乾く冬にするのがいいし、温度管理も夏よりはしやすい、と思う。

というわけでキャンプへGO!!

こんなキャンプ場です。Img_18491

夏に来たら気持ちよさそうなのだけど、到着したら霰が降ってきて、夫のテンション下がりまくり。ありゃりゃ。そして、当然ながら我が家二人のみの貸切。・・だわな、そりゃ。

あまりにも寒いので速攻で火起こし、焼酎を飲んで温まる。

今夜のメニューはスペアリブの燻製とダッチオーブンで作るキャベツとベーコンのスープ。

燻製は夫担当。

始めはこんな状態。Img_18471

一生懸命温度計と時計とを睨みつつ完成。

Img_18691

うまいっっ!

いつもは魚介だから今回初めて肉の燻製をやった。うまくできるか心配だったけど、そんなに量は食べれないけど、おいしい!

夜は背中と腰にカイロを貼り寝袋にて就寝。意外にこれが寝れた。

朝は外は雪が積もっていた。

Img_18741 Img_18751_1

急用のため山を早く降りなければならなかったのが残念。

帰り道はキラキラと路面も凍り、なかなかの景色でした。

Img_18841

我が家が料理を作りますので、暖かくなったらどなたかキャンプにおつき合いください♪

巨木巡り

我が家の共通の趣味は旅と温泉と日本語だと思う。

が、他にも何か、一緒に楽しめることを・・・・ということで今年から新しく加わったのが

巨木巡り。

文字通り巨木を巡るのです。・・・渋い、な。。。

ま、ま、そう言わないで。手始めは近所の巨木です。

Img_14252

高さ15メートルぐらいあるアベマキという木。パワーを感じました。

詳しくは旅行記に記録してあるので、よろしければご覧ください。

これから何本巡れるでしょうか?乞うご期待!?

初作品

今年のクリスマスプレゼントは卓上手織機です。

「咲きおり」というもの。

なぜか私は小さい頃から「織り物」が好き。小学校の時は編み物クラブが人気な中、なぜか織り物クラブに入り、クリスマスプレゼントにはオモチャの機織り機をリクエストし、高校の家庭科のダンボール手織りでは嬉々として取り組み・・・・という経歴?がある。

最近また「織りたいなぁ」と思っていたときに出会ってしまった卓上手織機。衝動買いをしたい欲求を頑張って抑え、夫に

「織り物がしたい」

「機織り機がほしい」

と耳打ちを数回。というわけで、クリスマスプレゼントとして手に入れました。早速試し織り。あっという間に完成。

Nec_0406

・・・・。えーっとこれはなんでしょうか。

ちょっとした花瓶敷きか。

説明書どおりにとりあえず作ってみたのですが、ゆるかったりきつかったり。これから思いっきり上達できそうなスタートですわ。

深く考えず、無心になって取り組めるところが私の性格にあっているのかも。

精進します。

豊かに過ごす

久々に夫婦揃っての休日、ということもあり東山動物園へ自転車で行ってきた。

緑が多いからとても気持ちが良い。紅葉が始まりかけている並木道を走り、家族連れが広場でバドミントンする姿を見つつサイクリング。季節的にもちょうどいい。自転車でゆっくり走っていると車では見えない景色も見えてくる。家の近くに遊歩道があるということも新たに発見。冬になって自転車が厳しくなったら散歩をしよう。

坂道を下り続けること15分で到着。

東山動物園に来るのは小学生の時以来?

京都の岡崎にある動物園へは何度か行ったことがあったけど、それでも動物園自体ずいぶん久しぶり。東山動物園は子どもの時の記憶しかなかったから、初めても同然。正直期待せずに行ったのだけど、動物たちは見ていて飽きない。そして家族連れも多く、かなり流行ってた。もっと寂れてるのじゃないかと思っていたから、ちょっと嬉しかった。

さて、東山動物園といえばやっぱりコアラ!

コアラが東山動物園の目玉として来た時、親に連れて来てもらった。コアラを見る人でいっぱいで、立ち止まることもできず歩きながらじっと寝ているコアラを見た。小学校3、4年生の時かな。そして数年前新婚旅行でオーストラリアに行った時、コアラを抱っこ。見た目よりも毛が硬く、爪が怖い、匂いが結構あるっていう印象しかなかったのだけど、今日改めてみたらとってもかわいかった。だからかぶりついて見てしまった。そして相変わらずコアラは優遇されていた。コアラの前にはガードマン。フラッシュ撮影をする人には容赦なく注意。もちろん、マナーはちゃんと守りましょ。コアラのためにも。

それにしても、コアラ、やっぱりアイドルなのね。今でこそあちこちの動物園にいるけれど、かわいいなと思った。

そのほか印象深かったのがペンギン、サル山、リス檻、コンドルか。

やっぱりサル山、好きだな。ニホンザルは見ていて面白い。

群れの中にボスがいて、取り巻きがいて、一匹狼的なものがいて・・・と、人間社会の縮図のよう。そしてサル山を見ながら、自分のような立場のサルを見つけようとしてしまったり・・・。

サル山のサルたちがのんびり毛づくろいをしたり遊んだりしている真正面に、人間の子どもたちの遊具があり、そこで子どもたちがサルと同じように遊んでいる姿がとても面白かった。やってることサルも人間も同じじゃん!!

本日は端から端まで歩き倒して、くたくたです。

動物の生態も面白いけど、人間の家族連れの生態もなかなか興味深い。疲れ果ててベンチで寝転ぶ親子、元気に走り回る子ども、お母さんに叱られて大泣きしている子ども・・・。動物園を出るころには周りにいる人たちがみんな「人間」という動物に見えてきた。笑える。

そして・・・帰り道はやっぱり下った分上らなければならず・・・・かなりハードな上り坂。足パンパン&がくがく。覚悟していたけれど、かなりしんどかった・・・。でも、気持ちよく充実した一日を久しぶりに過ごせたので良しとしよう。

バーベキュー

本日ボランティアで参加しているにほんごの会のみなさんとバーベキューしました。

天気が心配されましたが何とか開催。
ボランティアの友人や学習者たちでたくさん話をして楽しかった。
人と交流することって本当に素晴らしいことですね。

らっきょうの甘酢漬け

漬物はそんなに好きではない。
嫌い、というよりも特になくても困らないモノ。
あれば食べるけど、そこまでむしゃむしゃ食べるかと言うとそうでもない。
何が?と言われると困るけど、あの塩気かなぁ。
だから我が家の食卓に漬物が並ぶことはほとんどない。

でも、あまり好きになれないそんな漬物たちの中でも、おいしいと思うものもある。
千枚漬とらっきょうとキムチ。

で、本日暇だったので、らっきょうを漬けてみました。
最近スーパーに行くとよく並んでる。今が旬。2、3年前から自分でやりたいなあ、と思っていたので、ついに本日土付きらっきょうを買ってみました。
せっせと皮むいて根っこと茎を落とし、甘酢を作って瓶の中に入れておいてあります。

ちゃんとできるかなぁ。

おいしかった、と言う報告がなければ、失敗したと思ってください。。。

より以前の記事一覧