うんのつき

さて、尾張富士の帰りにアウトドアショップに立ち寄ったのですが、なぜか車内がだんだん・・・・臭臭臭??

私:「なんか・・・臭わない?」

夫:「うーん、肥やしの臭いかな」

と言ってる間にどんどん臭くなる車内。

夫:「もしかして、、、何か踏んできた!?」

私:「え?私!??」

クンクンクンクンクンクン・・・・。

上着からズボンからあちこち、それこそ靴底まで臭いをかいだのですが、特に変わったことはなく。

夫:「・・・ってことは、オレ!?」

慌ててコンビ二に車を停め、あちこちの臭いをかぎ始める夫。

夫:「くっさ~~~!!!」

臭いの元は夫の新しい靴の裏。どうやらウンを踏んでしまったらしい。しかも、この強烈さは猫だな。そういえば、あの大宮浅間神社、猫がいっぱいいたな。

このままではどうにも車を動かすことができず、とりあえずはコンビニでウェットティッシュと水と歯ブラシを購入。

そして片足ではどうすることもできない夫を運転席に座らせ、私はウンのついた新しい!トレッキングシューズの裏を歯ブラシでこすって、水をかけて、ティッシュで拭いて、くんくんと臭いをかいで・・・

ということを駐車場で延々と繰り返し、そして分かった。

私:「これ、山登る前に踏んだね」

だってトレッキングシューズの深くて細かい溝の奥の奥から臭いがするんだもん。こりゃ、サラな時に踏んだわ。

と冷静な私。落ち込む夫。

いったい自分の誕生日に何をやっているんだか。。。と思いつつもゴシゴシと歯ブラシでこすりある程度の汚れは落としてあげたのですが・・・猫糞の臭いは本当に強烈ですな。

汚れは落ちたというものの、靴底からほわ~んと何か漂う車内。

誕生日の私に猫の糞落しをさせたという後ろめたさから?帰りにコメダでシロノワールとケーキとをおごってもらいました。あーあ、せっかく山登りしたのに、チャラどころかプラスのカロリーやな。

家に帰ってから早速、猫の糞の消臭について調べていたのですが・・・世の中には踏んでいる人いっぱいいるんですね。

「猫のふん 靴」

で検索すると出てくる出てくる。猫ふん踏んだかわいそうな人たち。

それを読んで

「同士よ~」

とつぶやいている夫。

「この人たちと、義兄弟の杯を交わした気分だ」

ハイハイ、三国志の読みすぎです。

結局有効な消臭方法は見つからなかったので、ベランダにて汚れを落とし、消臭スプレーを掛けまくって陰干し中。

「何を食べたらあんなに臭くなるんだ!?」

確かに。相変わらずトサカに来ているようです。

いいじゃん、年の初めに運がついたって思えば。

「でもその運もきれいに落としたから、ウンの付きが運の尽きだな」

・・・お後がよろしいようで。

調子に乗ると

今朝もパンの焼き上がりと共に起床。いい香りだ♪

焼きたてのパンは切りにくい。ふわふわしててナイフを入れるとすぐに潰れてしまう。パン屋さんでも焼きたては切ってくれないんだよね。

でも朝ごはん用のパンなので切るしかない。

ちなみに今日の朝食当番は夫。早速パン用ナイフで切り始めた。

私が切るとたいてい斜めにナイフが進んでいくので、始めと終わりの厚さが2倍ぐらい違ってしまう。

しかし・・・お、意外にゆがむことなくまっすぐ切るでないか。厚さも揃ってる。

感心して見ている私に夫が一言

「心がまっすぐなら、パンもまっすぐ切れるはずだ!!」

・・・朝から何を・・・まだ寝ぼけてるのか?

しかし、直後

「アカン、動揺した!」

どうやら手元が狂ったらしい。とんでもなく斜めに切れたスライスが出来上がっていた。

わけわかんないこと言ってないで、さっさと切ってくれい。