2011年 夏旅

お盆休みをずらして取ってもらったので、早めの夏休みです。
GWにはちょっと遠くへ行ってしまったので、この休みは国内で。

でも、前日までどこへ、なにで、行くかも決まっていない状態。
当然宿も押さえておらず、さてさて、どうする?

ここ数年、何度か候補に挙がりつつ、なかなか行けていなかったいくつかの中から決めたのが

四国。

もちろん、四国へ行ったことあるし、通過したこともある。
なので、その中でも、ちょっと遠いところにある四万十川を目指すことに。

四万十川、といえば、最後の清流。
そんな清流に行くのだから、やっぱり川と戯れないといけないでしょう。
泊まりはキャンプ場でいいか。

そんなアバウトな計画で、3泊3日の旅に出発。
3泊3日です。
日付変わった後に出発して、交代で運転しながら車中1泊なので。

先行は私。西宮で休憩後、倉敷まで運転。その後瀬戸大橋からは夫。

ルートは、始め瀬戸大橋から高知へ南下、四万十川を上流へ、そして松山道後温泉に抜ける、という円を描くつもりでいたのだけど、やっぱり車中一泊の後には、ひとっ風呂浴びたい、ということで道後温泉へ。

20110731_095731

坊ちゃんたち。
20110801_185016

近くの神社。すごい階段。
20110731_105935

登った先の本殿では、結婚式。
20110731_110520

四万十川へ向かう途中に、ふらりと立ち寄った内子座。
20110731_124839

すごい味わい深い。興味深い。面白い。
20110731_123021

内子の町では、缶で作った風車がたくさん軒先で揺れてました。
20110731_125235

そして2日目、四万十川。
Img_36471

キャンプとカヌーを楽しみました。

四万十川と言えば、沈下橋も有名。
Img_36541

この前の台風で流されてしまった長生沈下橋。
Img_36791

そして飛び込む人たち。後ろ向き!!
Img_36841

最後、3日目。

再び道後温泉から東へ、と言えば讃岐うどん!!
製麺所のはしごです。

まずは、釜たま発祥の店?「山越うどん」
20110802_123745

もちろん、釜たま(小)
20110802_122556

移動途中で見つけたひまわり畑。半端ない大きさの畑がふつうに、ある。観光用でもない。
20110802_133234

続いて、山の中へ。「やまうちうどん」。
20110802_131322

かけうどん(ひやひや) (小)です。
20110802_130654

讃岐うどん、最高!!
満腹になったところで、淡路島経由で帰宅。

走行距離、計1350キロ。
まあ、こんなところか。無理な運転をしたわけでもなく、自然に癒された旅でした。

もう少し詳しい写真はFacebookでお楽しみくださいませ。



期待外れ・・・

日々、愛用しているものの中に、ウィルキンソンのタンサンがある。

日本人がイメージする炭酸というと、サイダーのような甘いものが一般的なんだろうけど、ウィルキンソンのこれは二酸化炭素+水。

甘くない。飲み慣れてないと、かなりまずいと思う。

が、我が家では常備品。

ぐびぐびと飲んでいるのだ。

そんなウィルキンソンから辛口のジンジャーエールが出た。

昨日コンビニで見つけて早速買ってみた。そして飲んでみた。

わたしの期待では、ジンジャーがピリッと利いてて、

「くぅ~っ、辛口!!おいしい!!」

と感想を言う予定だったのだけど、おや・・・?

甘い!!!なんじゃこりゃ?可口可楽とか百事可楽の甘さ。

正直、がっくり。

原材料は??と見ると、

食物繊維(難消化性デキストリン)、酸味料、香料、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK、スクラロース、ステビア)

だそうで、甘さの元はステビアたち。はて、ジンジャーはいずこ??

やっぱり、炭酸水だな。

おうちでたい焼き

相変わらずの○○メーカー好きなのですが、また新たなものが増えてしまいました。

Vitantonioのバラエティサンドベーカーです。

ワッフルプレート、ホットサンドプレート、ポワソンプレート(ミニたい焼き)がセットで、さらに追加でドーナツプレートをつけてしまいました。はっはっはっはっ・・・はぁ。

でも、結構使ってます。
休日の朝はワッフル焼いちゃったりして。ちょっと優雅な気分。
そしてこの前はポワソンにチャレンジ。中身はあんこやカスタードクリーム。
ツナ入れてもいいかも。
頭から尻尾まで、中身ぎっしりのミニたい焼きが上手にできました。

F1001358

余は満足じゃ・・・。

次は、ドーナツでも焼くか。

今シーズンのハマリ物

あまり一つのものに興味が持続しないワタシ。
そんな私がこの冬、はまってるものが2つも(!)ある。
両方とも食べ物なんだけど。

一つ目はこちら。

F1001366

はい、むき甘栗です。無加糖・無添加。
ちょっと離れたスーパーには、さらに「有機栽培」ものも。
ま、これで十分。
甘すぎず、ちょっと小腹が空いた時にちょうどいい。
ちょっと水分が少な過ぎて、食べるたびに、のどに引っかかってしゃっくりが出るのだけど。ま、それもいいってことよ。
2日に1袋ペース。
食べすぎ?はまりすぎ?

そして二つ目がこちら。

F1001364

ドライ生姜。

F1001365

砂糖漬けにしたショウガを乾燥したもの。
甘いのかと思いきや、甘さがより辛味を引き立てている!辛いっ!!!
本当にスライス生姜を食べている感覚です。

でも・・・やめられないんだな、これが。
紅茶に突っ込んだりもしてる。

しかし、こんなにワタシがはまっているのに、最近入荷しない。入荷してもあっという間に売れてしまう。
なぜ???

というわけで2日前、たまたま出会ったので2つお買い上げ。

あ~~ひりひりするぅ♪

手作りクッキー

F1001200

会社の料理教室で習ってきたクッキーを作ってくれました。夫が。

はい、夫が。

チョコチップクッキーですが、おから使用。

外はかりっと、中はしっとり。

おいしい~~♪

人に作ってもらう料理は、やっぱりおいしい!

で、おからが少し残ったのですが、それを使ってクッキーを作ってもいいよ、という許可がおりました。。。はい。

たまには、いきあたりばったりの旅

この3連休。それなりに忙しかった。

しかも日頃ほぼ野菜のみ食べる生活なのに、この3連休はやけに肉類豊富。

その締め日となる本日は、熊鍋を食べに行ってきました。

熊鍋・・・どんな味?っていつも聞かれるんだけど、説明がうまくできない。

あえて言うなら

「クマの味」。ん?説明になってない?

なんて言うのか・・・ケモノの味だな。噛み応えがある。臭みは・・・う~ん、、、貧血に効くような気がする臭み。

ああ、もうっ、説明できないので、一度ご自分でお召し上がりください。駄目な人は駄目だと思うが。

熊鍋満腹コースです。

F1001106

熊鍋に3連のお皿の一番左は鹿メンチと鹿コロッケ。他に鹿味噌グリルもついてます。

熊に比べると、鹿はやさしい味。なのか?臭みを感じさせない調理法になってるのだと思う。

さて、去年のこの時期にもこのお店へジビエ食べにきたのですが、ちょっと驚いたことが。

駐車場のクマ(今日)

F1001108

駐車場のクマ(去年)

F1000491

・・・1年間、この姿勢だったらしい。

昼食にクマを食べ、帰路につく。我が家の基本は、目的を達成したら家に帰る、なので。

で、のんびり帰る途中に見つけたもの。

F1001110

F1001111

満開の桜。それから、

F1001113

猿!?虎!?

なんの動物か分からないけど何か掲げてます。

F1001114

飲酒×

はい、その通りです。

帰り道に「かじかの湯」に立ち寄り。

ひとっぷろ浴びるだけのつもりで行ったのだけど、体験施設があり、ふらふら~と引き込まれ、以前から興味のあった電動ろくろで陶芸をしてしまいました。

抹茶茶碗とぐい飲み×2個。出来上がりが楽しみだ~!!

ちなみに夫はトンボ玉作り。

F1001116

お店のお姉さんに手伝ってもらい作ってました。

ガイドブック見て

「今日はココとココに行こう」

という休日もいいけど、行き当たりばったり、道々出会うのも何かの縁、こんな無計画の休日もたまにはいいもんだ。

手打ちうどん

一週間も前の話ですが・・・

友と手打ちうどんを作ってみました。

中力粉と塩と水を混ぜ混ぜ混ぜ・・・寝かして、ふんで、寝かして。。。

伸ばして畳んで切って、できました!!

F1001097

なかなかうまいこと切れたんじゃない!?

早速茹でて食してみた。

F1001098

・・・ちぃと太すぎる・・・・。えーっ、箸2膳分ぐらいの太さ。

太くてすすれず。モグモグモグモグ、と食べ続けたのでした。

でも!薄い部分の味は間違いなく、うどん。修行すれば毎回手打ちうどんですぞ、これは。

干し芋

あまり話題に出ていませんが、この冬もちゃんと干物作りに励んでおります。

ぼちぼち載せなあかんね。

で、この冬一番の傑作は「干し芋」。

サツマイモを蒸して、スライスにして、3日間干す。

以上。

F1001074  

 

 

 

 

これは干してる最中。

そして出来上がって焼いてみた。

F1001075  

 

 

 

 

普通の干し芋になった。。。へ~~、できるんだ。これで干し芋を買う必要がなくなりました。

ちなみに今年は干し芋にはまっていて、伊勢名物「きんこ」がうまいのなんの!!

通常の干し芋の2.5倍ぐらいのお値段ですが、ぜひご賞味いただきたい!!

各国料理

本日の日本語の教室は料理デー。

だいたい半年に一度ぐらい行っているのだけど、いろいろな国の料理が味わえるのがとても楽しみ。これが楽しみでボランティアを続けているようなもの!?

さて、今回のメニュー。

F1000818  

 

 

 

 

「ベトナムの揚げ春巻き」

ベトナムの方が作りました。エビやキクラゲ、シイタケなどなどたくさん入っており、ピリ辛ヌクマムにつけて食べます。

 

F1000817  

 

 

 

 

「ワカモレ」

エルサルバドル出身のカナダの方が作ったメキシコの料理。

アボカドがたっぷり、そしてトマト・タマゴ・ネギが入ってます。タバスコがこれまた効いてる~!!

 

F1000820  

 

 

 

 

「チキン・アドボ」

フィリピンの方が作りました。日本人にはとても親しみの持てる味。

手羽(先・中・元)とジャガイモを酢と醤油で煮込んで柔らかくしてあります。

 

F1000816  

 

 

 

 

「シャンラーメン」

ミャンマーの方に作ってもらいました。ミャンマーのシャン地方の麺(春雨で代用)です。

大量のニンニクにターメリックやチリパウダーで味付け。アーモンドやゴマをトッピング。スープは鶏を45分煮込んで作りました。

ベトナムのフォーに似ているけど、味は別物。うまいっ。

 

F1000815

 

F1000819_2  

Photo  

 

 

 

そしてボランティアは「いなりずし」「澄まし汁」「巻きずし」

ちょっとご飯が固かったな・・・でもがんばりました。

 

盛り付けるとこんな感じ。

F1000821  

 

いなりずし、巻きずし、揚げ春巻き、ワカモレ、そしてクスクス。

 

 

そうです、クスクス単品の写真がなかった・・・!!しまった。

セネガルの方がクスクスを作ってくれました。

世界最小のパスタといわれるクスクス。人によって微妙に入れるものや作り方が違うらしく、あーだこーだと言いながらやってました。今まで何度か作ってくれるんだけど、毎回おいしいです♪

というわけで、多国籍料理でした。たまにはこんな番外編をやりながら活動しております。

りんご で パン

久々に手ごねパン作り。

すっかり作る手際が悪くなっております。

打ち粉とか、必要なものとか、何がいるんだったっけ?

焼き上げ時もまん丸に成形したから、パンパンに膨らんでしまった。

しまった、ひらぺったくしなアカンかった。やっぱりテキトーはダメです。

F1000645 でも、それなりにそれなりのものができあがりました。

より以前の記事一覧