バリアフリーな店in瀬戸市(愛知県)

先日、病院へ親を連れて行きました。さすがに年をとってくるといくつも科を受診しなければならず、病院通いも1日がかり。いつもは午前の科と午後の科をできるだけ近い時間帯に予約しているのですが、今回は間に時間がかなり入ってしまいました。そこで、いつもは病院内で済ます昼食を外でとることに。
かなり前のブログでも書いたと思うんだけど、うちの父親は車いす使用者。
なかなか気軽に食事に行けないんですね。

そんなに体力があるわけでもないから、少し離れたところへは車で移動しなければならない。

車いすが乗り降りできる駐車場が必要

車いす用駐車場があいていることが条件。

駐車場からの移動がスムーズかどうか。

移動した先の飲食店は車いすが入れるか。

椅子席があるか。

車いすの足がテーブルの間にちゃんと納まるか。

おいしいか。

というように、まあ、なかなかハードルが高い。最近ではずいぶんバリアフリーの言葉が浸透したおかげで、前よりは多少楽になったかな、とも思いますが、やはりハード面はなかなか大変。だから基本的には出かける前には念入りに調査を重ね、店に電話を入れ行けるかどうか前もってリサーチすることが多いんですね。(こう書くと実は自分たちの出たいけれども出ると大変かも・・・という気持ちのバリアが一番高いのかもね。。。)
でも、たまには冒険してみよう、という春だからか、そういう気持ちが親にも私にもちょっとわいてきて、ダメモトで行ってみました。
行き先は瀬戸市銀座通り商店街。
今、愛・地球博が開催されている「瀬戸会場」のある瀬戸市です。(尾張瀬戸駅からもシャトルバスでてますよ)
名鉄瀬戸線「尾張瀬戸駅」から徒歩5分ぐらいのところにある商店街なんですけど、ココは何が特徴かというと、名古屋学院大学の学生たちが寂れてしまった商店街起こしをやったところなんですね。そんな話を両親は聞いたことがあったとかで「一度覗いてみようか」と言うことになったんです。
「尾張瀬戸駅」から川沿いに東へ、陶器屋さんを見ながらぶらぶらあるくと歩道の途切れるところあり、そこを左へ入っていくと銀座通り商店街があります。本当に小さな100メートルぐらいの長さの商店街。人気もあまりなく最初はう~んと思いながら歩き始めたんですけど、左右にちょこちょことお店があり、覗くと商店街に人気がないのが意外なほどお客さんが入っているんですね。学生さんが中心となって運営しているお店もあったりでなかなか面白い。
で、めぼしをつけて入ったお店が

うおかね

です。うなぎやさん。
オススメは石焼うなぎまぶし丼。ひつまぶし+石焼ピビンバです。コチュジャン入れて召し上がれ。
おいしかったです。

でも何よりも嬉しく感じたのが、入店した時にお店の奥さんが「机の向き変えますね」とすぐに言ってくれたこと。
どういうことかと言うと、長方形の机が並べてあったんだけども、長方形の短い辺のほうが体側に来ると車いすの足が入らず、体と机がかなり遠くなってしまうのです。で、長い辺を体側に向けてくれると車いすもぴったり入って体と机の距離がなくなり食べやすくなるんですね。奥さんは
「先日車いすの方たちがみえて、いろいろと不都合な点を教えてくれたからなんですよ~」
と言ってたんですが、そういうことを実際に体験されたため、今回とてもスムーズに対応してもらえたんです。嬉しかったなあ。ぜひこの「うおかね」へ足を運んでくださいね。奥さんもおしゃべり好きで、楽しいです!!

優先席

名古屋の市バスに乗ったんです。車内はそんなに混んでいるわけでもなく、かといってガラガラというわけでもなく。
で、私はサラリーマンの男性の横に座り、ぼんやりしていました。

しばらくたってから女性が乗ってきました。
24,5歳ぐらいでしょうか。座る場所がないか車内を見渡したんですが、優先席以外、空いていませんでした。
なので彼女はそのまま立っていました。

すると彼女の前に座っていた70歳ぐらいの女性が優先席に移動し、彼女に自分の椅子を薦めました。

彼女は御礼を言って、その譲られた席に座りました。

あっっ!!って思いましたね。


優先席ってやっぱり座りにくいんですよね。
周りの視線がイタイ・・・。
いくら体調が悪くても座るとちょっと怪訝そうに見られてしまう・・・。
そして、見た目はある程度年配に見える、もう優先席に座っても誰も何も言わないよ、という方もやっぱり普通の席に座っていたりするんですよね。たぶんご本人は自分は優先席に座る必要がないと思っているんでしょうが。
これも見た目、「優先席」の音の響きのせいでしょうか。ある意味バリアですね。
(そういう人もいれば、人を押しのけ押しのけやってきて、どかっと座る元気な人もいますが)

でも、遠慮することで、他の人が席に座れないことがあるんだってことに初めて気がつきました。

今回、優先席に移動したその女性の気配り、というのか、気遣い、というのか、粋な行動というのか、それが嬉しくて自分もそういう心遣いができるようになりたいと思ったのでした。


そんな優先席がなくても、譲り合いができるようになる世の中が一番理想なんでしょうけど・・・。

バリアフリーな店in熱田区(名古屋市)

親を中部労災病院へ連れて行きました。
いつも、だいたい12時半ごろ終わるので昼ごはんを食べてから帰ります。
いつも食べる店は決まっているのですが、今日は気分を変えて今まで入ったことのない店にチャレンジしてみました。

今日行ったお店は


「甲羅本店」


熱田神宮の比較的そばにあるカニ料理です。
国道1号線を白鳥橋を渡ってすぐ、旗屋町方面へ曲がったところにあります。

2,3年前に一度入ろうと思ったら、階段で断念したことがありました。その時の印象が強かったので、あの店は入れないと思い込んでいたのですが、何気にふと見てみるとスロープができていたので、行くことにしました。

まずお店の前の駐車場なんですが、いつもいっぱいなんです。
しかも、入れにくい。当然車いす用駐車場なんてありません。

スロープの角度は、まあ、OK。店内へも問題なく入れました。
テーブルも膝がつかえることもありませんでした。(かに鍋用のガスチューブがテーブルの下にあるので、引っ掛けないようにする注意は必要かも)
車いす用のトイレはありませんでした。
個室もありましたが、ここもテーブル席でした。(評価アップ!)


料理ですがカニ料理。
カニの揚げ物、ステーキ、豆腐、汁物、雑炊など。
揚げ物の油の切れが悪く、ちょっとくどかったかな。
あと、サービスで食後にドリンクがついたのですが、テーブルの片づけが中途半端な状態でドリンクが運ばれてきました。片付けるなら全員の分を片付けて欲しかったし、片付けないのであればそのままにしておいて欲しかった・・・。

でも、まぁ、「使える店」ということでいいでしょう。


バリアフリーな店in関市(岐阜県)

今日、関市(岐阜県)へ行ってきました。


関市は私の両親の生まれ故郷。私も幼い頃は盆と正月によく行ったものです。
今は祖母も亡くなり、1年に一度行くか行かないかというぐらい足が遠のいてしまいました。

今回、ある事件がきっかけで両親と一緒に行くことになりました。


毎回慣れない土地では、食事所に悩みます。今回も例に漏れず悩みました。
何件か母のNGが出た後にたどり着いたのが

     
    
「吉ずし」


岐阜県関市天徳町で県立関高校の斜め前ぐらいにあります。
入り口に5センチぐらいの段差がありましたが、まあこれは介助者がいるのでOK。
入り口は自動ドアでした。
(ここで高ポイントだったのは女将さんが入り口に見に来てくれたこと)
中はカウンター席と座敷席。もちろん座敷席は利用できないので、カウンターへ。
店内は広々としていて車いすでも十分動けました。
カウンターは車いすで利用するにはちょっと高いかな、と思いましたが、利用できない高さではないので
これもOK。
そして何よりもすしがおいしかった!
大将がいろいろ握ってくれたのですが、ネタの大きさご飯の量、トータルの大きさがちょうど良かったのです。


父は病気になる前まではそれなりの役職についていたため、名古屋のおいしい店は大概知っています。
その父が、
「俺はここまでおいしい鮨屋を名古屋では知らない」
と言ったのです。それほどまでにおいしかった。
確かに山に囲まれた関ですしを期待していなかっただけに、感動も大きかったのでしょうけど、
でも、本当においしかったです。


量を求めるよりも質を追求する人向けです。

お近くに住んでいらっしゃる方、ぜひ一度行ってみてください。

バリアフリーな店

私の父は車いす生活者です。
両親を連れて外食したり旅行したりしたいのですが、なかなか身軽に動けません。
その理由のひとつに食事があります。ご飯を食べる店を探すのがけっこう大変なんです。
というのも、


・入り口に階段がないこと(10センチほどの段差であればなんとかOK)
・入り口のドアがそれなりの幅があること(引き戸であればなお可)
・テーブル席があること
・テーブル席のイスが可動式であること(固定されていないこと)


がクリアされないと入れないからです。
毎回父を連れて出かけるたびに、食事をどこでしようか悩みます。
地元であれば、あの店とあの店とあの店なら入れるからそこに行こう、ということになるのですが、
慣れない土地だとそうもいきません。
あらかじめ下調べすればいいのでしょうが、そこまで余裕がないのと情報がないのが現実。
そこで私が運転、父は助手席、母は後部席に座り、めぼしい店を見つけると、とりあえず母が偵察
しに行きます。OKであれば父を車から車いすへ移動となります。


もっと情報がないかしら・・・といつも思うのですけどね・・・。